料亭予定地

Gレコ再鑑賞中

2019/12/26
映画レビュー



年末大忙しの時期に入っているので、何事も滞っている。
だけど、シフト変更のおかげでかなり体は軽い。

早めに大掃除しても、あっと言う間に汚れてしまうのが悲しい。


レコンギスタ映画(再観賞中)
軽くネタバレです。


劇場版『Gのレコンギスタ Ⅰ』「行け!コア・ファイター」 (セル版)



相変わらずクリム・ニックの話しかしていません。

前回の感想では言い忘れてたが、映画版ではクリムのアイーダへの片想いがかなり省略されていた。

TV版では、「アイーダ様、アイーダ様~!(拍手)」と割と頑張ってみているクリム。
でもアイーダがなびかないことが分かると、いつの間にかすすす~っとスルーして、いつの間にかミックを引き連れてドヤ顔をしている。
そんなクリムが好きだったなあ。

そして一度ミックの方に行ってしまうと、もうアイーダの方は気にしなくなる。

このいつまでもぐずぐず引っ張らない所、かっこいいなあ、男っぽいなあ、と思ってた。

現実世界でもあれこれ試してみたり押したり引いたりしてみたり離れたり忘れたりするものだよね。
すべての駆け引きを超えちゃってガッツリ夢中になることもあるけど、そういうのだけが恋愛じゃないわな。
決めたら一途!
と思いきや…。

「ミックをいじめてくれた黒い奴な(真面目な顔)…あれを潰すにはミックは足手まといなんだよ(悪い顔)」

ミックをかばって気づかう風を見せて…唐突な悪い顔!
めちゃくちゃかっこいい。
ナヨい外見なのに声がまた男っぽくてすごくいい。

ルインとバララ、マニィ、クリム&ミック、ここにベルリ乱入。この三角関係と三つ巴、四つ巴の戦闘シーンが大好きだった。
戦闘の中でのこの複雑さを描ききるのは富野監督をおいてあるまい!

次の映画はおそらく、デレンセン教官ターンだと思われる。

またその次になるのかもしれないが、どんどん先に進んで、これから映画の方でヤンデレうさぎ娘のバララがいったいどんな風になるのかものすごく気になる。

バララは富野監督の得意中の得意キャラだろう。
それがTV版ではわりと薄い扱いだったので「ん?」と思った。
いや、それはそれでいいんだけどね!

マニィの方が怖かった。
ルインとやっとの再会を果たした所はすごーく感動したのに…。
一緒に仲良く行動を共にしていた友達を、彼氏のためにあっというまにぶっ殺そうとするあたり狂気を感じた。
この子はルインと同じで底知れぬ闇を感じさせた。
いいカップルだと思います。

つらつら考えているのは、まあ要は次もレコンギスタの映画を楽しみにしているということです。
その前にTV版をもう一度見直そう!


ガンダム Gのレコンギスタ(TV版)



>>Twitter(@mwagtail30
>>note
https://note.com/amamiyou
>>細々やってるHP
http://cappella.mitsu-hide.com/
>>なろうのマイページ
https://mypage.syosetu.com/932660/

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ


スポンサーサイト



Ama Mew(天海悠)
Admin: Ama Mew(天海悠)
へっぽこ自家発電物書き。アニメ漫画書籍全般雑食です。クセ強め。
富野信者。イクニ。古典。児童書。
自分のことは盛大に棚に上げてレビューを書いたりします。

HP(料亭跡地)note(書籍レビュー中心)
Twitter @mwagtail30
映画レビュー