料亭予定地

薔薇王の葬列 月刊プリンセス(2019年11月号) ネタバレ感想

2019/10/19
漫画レビュー




朝から抜け出して、パン屋さんでこれ書いた。

もうね、家にいると無理!!!
なにもできない。



さてそろそろ書かなきゃ書かなきゃと思っていた薔薇王の葬列。
月刊プリンセス2019年11月号のネタバレ感想です。

「月刊プリンセス 2019年 11 月号」(Amazon書籍版)




そして薔薇王の葬列紹介は必ずバッキンガム巻にする私。

「薔薇王の葬列」(Ebook電子版)
作者:菅野文 / 出版社:秋田書店 / レーベル:月刊プリンセス

エドワード王が倒れ、混乱する王宮。“未来”を考えなくてはならない事態に皆は……!? そして、執拗に狙われるリチャードの身体の秘密は、ついに暴かれてしまうのか!? 裏切りと契りの果てに覚醒したリチャードの進撃が始まろうとしていた…。



ずっとエキサイトブログで読んでいて下さったどこからともなく集合したぜったいにバッキンガム推しの方々、ごめんなさい。
これの草稿も、まちがって古いのを最新版に上書きすると同時に失っていたんである。

そして迷ってたけどFC2に移動しました。

これね、エキサイトは本当にたいしたアクセス解析ついてないんだけど、プリンセス発売日にバーッとアクセスが上がるんよ。
バッキンガム過去記事のところだけ。

それであっ!と気が付いて本屋に走るというね。
しかし、毎日アクセスをチェックしているわけでもないので気が付くのが遅く、売り切れていたりすることもしばしば。
最近、プリンセスの売り切れ多い気がするけど気のせいなのかな。
いいやきっと気のせいじゃない!薔薇王の葬列効果だあれは。
3軒回ってなかったこともあった。

解析画面を通してだけに、奇妙な連帯感が生まれてきて…。
このひからびた生活のなか、買いに行けよ!!と背中を押されるという。
ありがとう
本当にありがとう。見ていてくださる方。



雑誌ネタバレ感想のため広告をはさみます。
今回、プリンセスは後宮物語もおもしろかった。







そして今回。

正直これを書かずしていったいどうするのかというぐらいの萌え回なのに。
こんなにも時間が経ってしまって、むしろ今から何をしていいか分からなくなってしまった

読み終わった時にはしばらく倒れて起き上がれなかった。

フォースの力で位置を維持していると思われる、大事な大事な眼鏡を握りつぶすほどの嫉妬を見せてくれた!
それだけで満たされていたのに!!!
めがね壊しフラグがここまでになるのかと言う驚きと喜び。

これは何か?
恋は盲目の暗喩か?
暗喩なのか?

これまで
・新刊コミックスでセックスレス宣言が訂正されていた。
・かつバッキンガムは恋愛感情はないよ的な加筆がされていた
…なので、んん~??バッキンガム君に恋愛感情がないことに気が付いて闇が深まるパターンなのかなこれは?それとも??と思ったのだが…。
わかった。
わかったよ。

これはより今回の萌え回効果を高めるための助走だったのか。

アンには本当に申し訳ないのだけど、できなかったリチャードにごめんねよくやったと言いたい。

そして誰かと深い関係になろうとするところに必ずトラウマとして現れる純情中年。
これぞ超美麗版おっさんずらぶ。

しかしキスとかするより前にまず、打ち明けた方がいいのではないだろうか。
あの流れで押し倒してから実はこうなんでしたっていうのはちょっとアンにはきつくないか。
リチャさんは自分があまりにも押し倒されることが多かったのでいきなり押し倒すのが正しいやり方だと勘違いしているのだろうか。
なせばなる的な。


ところで何気にアンが赤薔薇エドワードとは愛がなかった義務だったと断言しているところは実は若干へこんだ。
それほどまでに私は赤薔薇エドワードが結構好きであるので、アンには気持ちが残っていて欲しかった。

そしてバッキンガム君のめがねが伊達ではなく、本当に視力が悪かったというのは若干うけた。






さて。
夜の街を雨の中(めがねもないのに)さまようバッキンガム。
びっくりしたよ。

自覚してなかったんかい!!
今までのいちゃいちゃ、ドヤ顔、いちゃいちゃ、独占欲、いちゃいちゃ、激怒の連続コンボ攻撃は一体何だったのか。

それで自覚してないことに逆にびっくりだわ。

愛してなくてもできる男だから?
怒髪天をつくほど怒った時点ですこしは気付けよ!!

あれで気付いてないとか。
リチャード以上のにぶちん天然記念物やわ!

リチャードターン。
はーーーえろい。
美麗もさることながら、とにかくえろい。
何がってバッキンガムの服の臭いを嗅ぐリチャードがえろい。
絵面がえろい。




ぎゃああああああああ
壁ドンーーー!!!

(すいません)

思うに、このドヤ顔鬼畜攻め、今まで壁ドンなんていっぱいしてきた気がするけど…。
(何しろショタの頃から床ドンしてるからね)

このお互いの気持ちを確認、とりあえずお互いに「自分の気持ちは自覚」したところでの壁ドンはめっちゃしあわせ。

時を止めたい。


上げては喜ぶ→いやいやあきらめ→上げては喜ぶ
ちょっとずつちょっとずつ上がってきて今最高潮だよ。


とりあえず邪魔した兵士は死刑。


あまり先のことを考えたくないけど(いつもだ)
次に死亡フラグが立っているのは間違いなくアンなので、この告白がいったいどう転ぶのか。
ふっ…不道徳だわ!悪魔よ!
的な流れでないことを祈ります。

最終的にはいつも祈って終わる。
それしかない。


>>細々やってるHP
http://cappella.mitsu-hide.com/
>>なろうのマイページ
https://mypage.syosetu.com/932660/
>>note
https://note.mu/amamiyou
>>Twitter(@mwagtail30

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ


スポンサーサイト



Ama Mew(天海悠)
Admin: Ama Mew(天海悠)
へっぽこ自家発電物書き。アニメ漫画書籍全般雑食です。クセ強め。
富野信者。イクニ。古典。児童書。
自分のことは盛大に棚に上げてレビューを書いたりします。

HP(料亭跡地)note(書籍レビュー中心)
Twitter @mwagtail30
漫画レビュー