料亭予定地

オリジナル小説「汀より」 昭和臭漂う処女作 過去の思い出2

2022/05/29
長編小説




オリジナル小説「汀より」 昭和臭漂う処女作 過去の思い出2


転職・土曜出勤・ダンナ主婦化などの大騒ぎの影響で、すべての環境が一変してしまった。

≫顛末はこちら

もう6月になろうとしている。
半年、本当に何も、何一つ創作活動も児童書ブログもできなかった。

今、やっと少し一息ついた所で、過去の作品を読み返してみるという暴挙に出て見たわけです。

 
真弓子はN総合商社に勤める三十二歳独身女性。ある日突然、つぶれかかった関連会社、黒沼税理士事務所へ出向を命じられる。真弓子はN総合商社から独立して個人事務所を営むコンサルタント御船次郎にアドバイスを受けながら、再建の道を模索する。


そしてもう、記事なんていつどんなタイミングでUPできるかなんて全くわからないので、タイミングのよいときにUPしておく。

でなければ、時間はただ過ぎていくだけ!!
洗濯はさすがにやったけど、料理も掃除も放置!

 ≫ オリジナル小説系記事


*ここからネタバレを含みます。




以下の記事は、2016.03.16エキサイトブログの再録2です。

前回の記事 
≫ オリジナル小説「汀より」 昭和臭漂う処女作 過去の思い出1

このモヤモヤが昂じて、一度は桜木と井野ちゃんの二次小説を書こうとしたぐらいだ。
しかし、ど~う~しても桜木健二が私は気に入らない。
何か虫が好かないんだよね。

あれからこの作者の作品を見るたびになんとなく気付いてしまう。

家庭的で大人しく、自己主張を控える女の影がちらつく。
マネーの拳の冒頭で出てきた元彼女。インベスターの主人公のお母さん。エンゼルバンクの南さん。
これはあかんやつ。

これがもとで、今はドラゴン桜も読めなくなってしまった。
桜木の顔を見るとムカつくから。

井野ちゃんは許しても、私は許さん。
桜木健二を絶対許さん!!

もう、桜木健二はどうでもいい。海老沢さんでも誰でもいいから、あのエロ可愛い井野ちゃんを世界一幸せにしてくれないと、この私の腹の虫がおさまらない。
(二次創作ではオリキャラ・過去の男も創造してみたがイマイチだった)

だいたい、井野ちゃんのラストシーンのつぶやき、彼女の心が満たされる理由を語るシーン。
それは、ドラゴン桜での最終話での桜木の心でもあったはずだ。
彼の心は、満開の桜を見て、自分の努力の結果が実った樹を見て満たされたはずだ。

彼と彼女は表裏一体。
そして、井野ちゃんを派手に尖らせたようなキャラだったマネーの拳のベジータ、井川の豹変が明らかに示すように、こういう女性は、作者の心に抱いている女性のはずなのだ。(絶対的決めつけ・勝手に断定)
なのに、恋愛を描くのに照れがあるんだか何なんだが知らないが
やり捨て、放置プレイ、家庭的な女の影。
絶対許さん。



10年(今となってはもう16年ぐらい経つことになる)、モヤモヤして思い出すたびにムカつくことを繰り返した挙句、これから海外旅行に行こうという忙しい時期に、突然、思いついた。

井川や井野ちゃん

彼女たちのような働いて気を張って男勝りに頑張っていて一人で生活している、そしてエロ可愛い女性を、幸せにしてくれそうな男性、「夢の男」を創作することにした。
だいたい、「医龍」の時も同じだったんだよねー!!

看護士の可愛い系彼女と最後別れて、加藤ちゃんを見上げながら
「このままじゃ捕まってしまうから…」

何が捕まるだ!
それでも貴様は金○ついてんのかYO!(暴言)
男なら捕まえろや、あほ!

何かあの、かっこつけておいて、最終的に本気の恋愛に対して腰砕けの男というのは本当に萎える。

というわけで、書き始めた
「悪い風のかっこいい男」
というのを目指して……。

しかし、井野ちゃんが井野ちゃんのままでもやはり駄目で私の頭の中での女主人公は、もう少し女らしいキャラになっていった。

名前には細工を入れた。
大好きな平家物語の扇の的のエピソードだ。
那須与一の弓合戦。
この場合は、男が船で、女が弓で、心を射るように、男の心を射止めて欲しいという願いをこめた。

テーマが男と女であるので、めっちゃ入ってる描写の会社がどーのこーの
株式がどーのこーの、債権処理がどーのこーのは全くデタラメ。
話を作るための紙で作ってる舞台装置にすぎない。
この辺り冗長にすぎる所が、しょせんはアマだなあと思いながらも、書いてるのがけっこう楽しかった。

というわけで、タワーのような文字がバーッと並ぶ、
まあウェブでならば間違いなく読みにくい異常な長編小説が出来上がったわけだ。


この自己満足な記事を最後まで読んでくれた人は本当にありがとうございました。

ーー再録ここまでーー



この記事を再録するにあたって読み返しながら、色々と思い出がよみがえってきたので、それらも少し書いてみようかと思う。

 ≫ オリジナル小説系記事
≫ 前回の記事 オリジナル小説「汀より」 昭和臭漂う処女作 過去の思い出1



 ≫ 料亭予定地 このブログのご紹介と記事マップ

書籍の本だな【広告】
グリーン・ノウの子どもたち半分のぼった黄色い太陽デカメロン



 Twitter(≫ @mwagtail30
 ≫ HP「オニグルミの森」
 ≫ note
 ≫ 児童書おすすめブログ
 ≫ なろうのマイページ

スポンサーサイト



Ama Mew(天海悠)
Admin: Ama Mew(天海悠)
へっぽこ自家発電物書き。アニメ漫画書籍全般雑食です。クセ強め。
富野信者。イクニ。古典。児童書。
自分のことは盛大に棚に上げてレビューを書いたりします。

HP(料亭跡地)note(書籍レビュー中心)
Twitter @mwagtail30
長編小説