料亭予定地

オリジナル小説「汀より」 昭和臭漂う処女作 過去の思い出1

2022/05/29
長編小説




オリジナル小説「汀より」 昭和臭漂う処女作 過去の思い出1


ずっと過去ブログなどを掘り返してみたら、2016年に書いていた。
自分で言うのも何だけど、すーーーーっごい昭和臭が漂っているのだが、読み返してみたら、嫌いじゃない。きらいじゃないよ。その昭和臭さが。

少しずつ、自分の書いたものも整理しないとな、と思いつつ、思い出も語っていってみたい。

 
真弓子はN総合商社に勤める三十二歳独身女性。ある日突然、つぶれかかった関連会社、黒沼税理士事務所へ出向を命じられる。真弓子はN総合商社から独立して個人事務所を営むコンサルタント御船次郎にアドバイスを受けながら、再建の道を模索する。



 ≫ オリジナル小説系記事


*ここからネタバレを含みます。




とりあえず、最初にお話する以下の記事は、2016.03.16エキサイトブログの再録です。
書いた当時にUPしたものです。



書いたのは1ヶ月くらい。ほとんど時間がかかってない。
とにかく書きたい欲望がすごかった。

10年ぐらいもやもやしていたものを、全てぶつけた。
もやもやの原因は、ドラゴン桜。

10年ほど前に、それでもけっこう出てから時間がたっていたドラゴン桜を読んでみて、なかなか面白かった。
同時並行でスペリオールも買っていて、同じ作者のマネーの拳という作品も読んでいた。

このマネーの拳に、井川という敵キャラが出てくる。
この作者、ライバルの役どころに、よくバリッバリのキャリアウーマンを出してくる。
最初読んだ時はちょっと鼻白んだほど、典型的、男が嫌いそうな、こういう女っているし、最悪だよね~とでもいうような嫌味な女性だった。

はずだった。

この井川氏が、どんどん、どんどん、崩れていく。
キャラ崩壊していく。
最初はただただ、肉食系の、自分勝手で、不始末も部下に押し付けて逃げ出しちゃう
そんなキャラだったはずなのに。

①すごく仕事ができる人になってしまい
②主人公の会社で働くことになり(は?)
③主人公の会社をその女王様キャラ(イメージ画ではボンデージ着用、ムチ装備)で、甘い体制をたたき直し
④頑張ってるけど男社会で報われなかった可愛い素顔をのぞかせ

最後には、(ネタバレです。ごめんなさい)
新たな道を進む主人公が、会社のあとをすべてをまかせることになってしまった!!!



ベジータもびっくりの衝撃展開だった。

この井川の変貌ぶりは、最初の頃、あー男ってやっぱりキャリアウーマン嫌いなんだなと
ちょっとがっかりしていた私も崩壊させた。
どうなってんの???

感想サイトもいくつか読んだが、やはり皆この井川氏の豹変ぶりにはついていけないようで、無理もないことだと思う。


そして、話を戻してドラゴン桜なのですが、この続編のようなものに、エンゼルバンクというのがありまして。

マネーの拳の次に読み始めたのがこれで、主人公はドラゴン桜にも出ていた、井野ちゃんという女性教師が主人公。

ドラゴン桜を読んでいた時から、若干ひっかかるものはあった。
というのは、この井野ちゃん、ドラゴン桜の主人公桜木健二と、一夜のあやまち、体の関係があるということ。
萌える展開だなとは思っていたが、勉強が中心のマンガなので、そこは私もスルーしていた。





マネーの拳の女版べジータ(その言い方やめろ)、井川氏のキャラ崩壊。

そんなショックを引きずったまま読み始めたエンゼルバンク。
えっ?井野ちゃんが主人公なの?嘘でしょ?
作者どんだけ気の強い系のキャリアウーマン好きやねん。

もはやこれは性癖だろ。

最初の萌えるエピソードを覚えていたから、この二人がエンゼルバンクでどうなるかが気になった。
しかし、気に入らないのは、桜木健二の態度だ。

貸しがあるから仕事を紹介する。
その貸しってやっぱりアレですよね。
そういう返し方は、むかつくな。
チャラにしてなかったことにするみたいな言い方だ。

結局何もないまま、エンゼルバンクは無難に終わる。
そこは仕方がない。
そういう作風じゃないし。

しかし、あの一夜はなんとなく、この作品の全体を通じて引きずっている。
何度か言及されるし、二人の雰囲気が実にあやしい。

エンゼルバンクの感想など読んでいたら、数は少ないけどちらほらと
「作者は早く井野ちゃんと桜木のラブストーリーを書け」
などという発言もあり、よくわかっていらっしゃるじゃないかと。

さらにまずかったのは、途中の井野ちゃんのわずかな一コマ。
ベッドの中で、下着姿で、髪を下ろしてて、顔を赤らめてる井野ちゃん!
可愛すぎ…!!!!

めっちゃエロ可愛い。
可愛すぎる。
本当に可愛かった。

シーン的には、何かを思い出して眠れないみたいな一コマだったと思う。
(ベランダに下着姿で座ってタバコ吸ってた)

私は桜木健二が許せない。

だって彼は、こんなエロ可愛い顔を知っているのに、放置しているのだよ?
こんなに頑張ってる可愛い子をやり捨てですか?
許せない。
絶対許せない。

東大なんて糞食らえじゃおりゃあ!
井野ちゃんを、井野ちゃんをなんとかせんかーい!!!

奇しくも、最近見たジョジョで、私の愛する大大大♡好き♡キャラの由花子さんが
自己紹介して告白したその直後に、困ってしまって優柔不断なことを言う康一くん(無理もないが)に
「愛してるの!?愛してないの!?ハッキリしてよっ!こんなに言ってるのにっ!!」
とブチ切れて机をブッ叩くというシーンがあるが

まさにそれ!
それなんだよ私の言いたいことは!!



由花子さんなんて全然メンヘラじゃないわ。
あんなのごく普通の恋する女子ですよ。

(そこじゃない)


続きます。

≫ オリジナル小説「汀より」 昭和臭漂う処女作 過去の思い出2






 ≫ オリジナル小説系記事



 ≫ 料亭予定地 このブログのご紹介と記事マップ

書籍の本だな【広告】
フォークナー短編集かわいい女・犬を連れた奥さん小人の冒険シリーズ 全5冊セット



 Twitter(≫ @mwagtail30
 ≫ HP「オニグルミの森」
 ≫ note
 ≫ 児童書おすすめブログ
 ≫ なろうのマイページ


スポンサーサイト



Ama Mew(天海悠)
Admin: Ama Mew(天海悠)
へっぽこ自家発電物書き。アニメ漫画書籍全般雑食です。クセ強め。
富野信者。イクニ。古典。児童書。
自分のことは盛大に棚に上げてレビューを書いたりします。

HP(料亭跡地)note(書籍レビュー中心)
Twitter @mwagtail30
長編小説