料亭予定地

【鎌倉殿の13人】#4 八重さんのネタバレを目撃してしまった【大河ドラマ】

2022/01/30
ドラマレビュー




【鎌倉殿の13人】#4 八重さんのネタバレを目撃してしまった【大河ドラマ】


文句は色々ありつつもやはり気になるので、鎌倉殿のニュースなどもチェックしていたのだが、その中で八重さんの壮大なネタバレを発見してしまった。
まだ前半しか発売されていないが、ガイドブック情報とのことなので間違いないと思われるのだが、

結論から言うと、八重さんは死なない。
しかも、相当に長いスパンで出てくる。

きっとここを読んでる人は、ネタバレです!ネタバレです!と書いてるのを知っての上で開いていると思われるので、一応書いておくけどほんとうにネタバレです。

平家隆盛の世、北条義時は伊豆の弱小豪族の次男坊に過ぎなかった。だが流罪人・源頼朝と姉・政子の結婚をきっかけに、運命の歯車は回り始める。(C)NHK


 ≫【草燃える】総集編の感想記事


*ここからネタバレを含みます。




そのヤフコメのネタバレによればだ。

・八重さんは生きてる。
・いずれ、鎌倉殿となった頼朝の侍女となる。
・やけぼっくに火がついて妊娠してしまう。
・義時と結婚する。
・義時の嫡男、泰時を生む(頼朝の子)

ということなのだが、

これ以上下手な「草燃える」の焼きまわしを私は知らない。

どうしちゃったのよ、三谷さん!
迷走してる?

 ≫ 【草燃える】総集編 感想

松坂慶子がやった、大庭景親の娘、あかねさんのど改悪キャラじゃん!
プライドってもんはないのかよ!


政子はさ、やはり源平合戦の中の源氏軍の中でも、とくに特別な存在なわけよ。
精神的支柱といってもいい。

源と北条の橋渡しでもあり、権謀術数のさなかにいた鎌倉殿に一番近かった人間でもあり、わが子を全部捧げても鎌倉時代の秩序を守ったという、いわば中世の母みたいな存在なわけ。

その政子を、あそこまで後妻マウントを取るようなみっともないキャラに仕立て上げておいてだな。
さらに、そのあとに、何度も言うけどあそこまでしておいて、さらにネトラレをするという、どんだけ政子をばかにしたら気が済むん?



三谷さん、「草燃える」が好きで源平やりたかったらしいが、ちょっとあまりにもひどすぎるよ。

しかもだ。
みっともない政子と、うわなりうちされる江口のりこと、ガッキーという、その中心にいるのが大泉洋という気持ち悪さ!

文句ついでに書いちゃうけど、前回のやたらとコミカルな後白河法皇の生霊の夢がなんじゃら?と思ったら、「ステキな金縛り」のパロディだったらしいけどさ~

そんなもん知らんし!
見てない人にはどうでもいいから!

うちわネタなんて単なる自己満足にすぎない。
甘えないで、それだけで完結する物語を書くべきだ。





……と、さんざん悪口を言った後で今週の鎌倉殿は残念ながらわりと面白かった。

八重さんがいい。

とにかくいい。
すごい痛い女だが、だが、そこがいい。

頼朝のキャラ造形は、迷走してる。
こんな人についていこうと誰も思わんわ……。
軽すぎて重厚さがまったくない。

コミカルも演じないといけないから、もともとのキャラのコミカルさと脚本を合わせると、

もともとのキャラのコミカル+脚本のコミカル>>>>>シリアスな演技

になってしまって、バランスが悪いのよ。



次々に歴史人物が登場するけど、何が何だかわからないし。

挙兵の流れは意味もわからない上にものすごいグダグダで、視聴者置いてきぼりのまま、挙兵に突入してしまった。

政子はひどい感じに描かれることもあるにはあるから、もうこれはそういう話なんだと思って見るしかない。

ただわかったのは八重さんだけ。

仕方ないので八重さんウォッチ。

何とかして頼朝を取り戻そうとする八重さん。
義時さんの甘さと誠実さに戸惑う八重さん。
かといっても、頼朝のことしか考えてない八重さん。

ガッキーふって政子に行って、江口のりこと浮気する違和感はともかく、
義時の方が明らかにあまりにもいい男なので、そっちによろめかないのがまた違和感。

すっごい頭固い女みたい。
(だがそこがいいけど)

夫と思ったこともない夫、これは罪滅ぼしなのか?

だんな「あんなん、川の真ん中までしか届かないだろ」
わたし「そこは文句言うんだ」

つまり、
源平合戦が始まった最初ののろしをあげたのは八重さん
ということにしたんだろ!

お兄ちゃんがもうすぐ死んでしまう。
こんなグダグダなままで退場する愛之助さんが残念だ。


こんなひどい感想、久しぶりに上げたな。

 ≫ 歴史系記事

Amazonプライム
大河ドラマ第17作「草燃える」の総集編。鎌倉幕府を開いた源頼朝の妻であり、二代将軍・頼家と三代将軍・実朝の母である政子の生涯を中心に、頼朝の時代から承久の乱までを描きます。(C)NHK


 ≫ 「麒麟がくる」感想記事

書籍の本だな【広告】



 Twitter(≫ @mwagtail30
 ≫ HP「オニグルミの森」
 ≫ note
 ≫ 児童書おすすめブログ
 ≫ なろうのマイページ

スポンサーサイト



Ama Mew(天海悠)
Admin: Ama Mew(天海悠)
へっぽこ自家発電物書き。アニメ漫画書籍全般雑食です。クセ強め。
富野信者。イクニ。古典。児童書。
自分のことは盛大に棚に上げてレビューを書いたりします。

HP(料亭跡地)note(書籍レビュー中心)
Twitter @mwagtail30
ドラマレビュー