料亭予定地

私のデジタル本棚 ebookで無料期間中「西荻窪ランスルー」

2019/07/08
漫画レビュー



noteの良さは埋め込みができることだな。
パンケーキ・シンドロームを更新しました。

↑これはついで。
なんかもうほんとにどうでもいい話です。





さて「西荻窪ランスルー

西荻窪ランスルー

作者: ゆき林檎
レーベル: 月刊コミックゼノン
出版社: ノース・スターズ・ピクチャーズ

江田島咲、18歳。自分ひとりの力で生きていこうと周囲の反対を押し切り上京を決意。絵を描くことが得意だった咲はアニメ会社に無事就職できたが、そこで出会う大人たちに圧倒される日々。仕事も恋もひたむきにがんばるがむしゃら女子の全力疾走物語!



四巻中、現在二巻まで無料
いつまでなんだろうか。わからんかった。

なつぞらつながりで、アニメ制作現場のお仕事のおはなしだから無料になってるんだろうなと解釈した。

これは!私のひとりひっそり推してるタグ
#がんばって働いてるお仕事系女子
に追加すべきだろう!

漫画全体としては、若干中途半端感はあったが、それだけに真摯に現場をうつしとろうとする意気込みを感じた。
(すげえ上から目線ごめんなさい)

朝ドラの「なつぞら」は、私の周囲の友人からは
「オフィスが綺麗すぎる!」
「なんならうちより綺麗だし!そんなわけない!」
「もっと地獄のような戦場だったはず!」
と非難ごうごう。

いやぁ、非難ごうごうではあるし、北海道編が良すぎたので戻って欲しいとも言われていたが、何せ私は「#頑張ってるお仕事系女子」が好きなので、独立して働こうとするその心意気や良し、という気分になる。

あ、これはなつぞらの話です。

しかし…しかしだ。
西荻窪ランスルー」なのだが。

この漫画に具体的に出てくるその給料額はすごかった。

そ…それは…。
それはさすがに、好きだからやれるの域を越えてるよ。
好きなことは息が止まっちゃったらどもならんのやで!
餓死でもしたら…好きなこと、でけへんのやで!





これは大学に行ってた方が良かったのでは。
と思ってしまうとしより思考。

才能に左右される業界でもあり、だから富野監督は
「アニメするならアニメ見るな!教養をみがけ!漫画じゃなくて本を読め!」
と言ったのではなかろうか。

やはりクリエイティブなことというのは、そういう「物語を紡ぐための引き出し」がとても大事な上に、やはり才能や向き不向き、また当たるか当たらないかの運といった、先天的にどうしようもない部分に頼る所が大きそうだと感じる。

でも…富野監督が働いてたサンライズ(マツコとの対談のやつ)
美しい職場ではなかったけど、堅実で、キチンとしてたなあ。
ぴりっとした空気があって、みな富野監督の前では顔が真っ赤になって緊張してた。
怖いんだろうなあ。

よかったなぁあの雰囲気。

これだけトミノ・イクニ・今石とふんだんに!心行くまで!楽しませてもらってる業界なのだ。

本当に、円盤買うよ…。
買ってるけど買うよ。
確か聞いたことがある。やはり儲かるのは本体じゃなくてグッズなんでしょ?
お金ないけど…あるだけは買うよ。買うから…。

その給料額は衝撃すぎる…。
なんとかならんのか~~~。



と、ネガティブな面だけ見ても仕方がない。
漫画に戻って。
日向野さんかっこよ
三津さんステキ(#^.^#)
潔癖症のももせくん、良かった。

恋愛に発展はせんかったなあ。
おしごとまんがで恋愛漫画ではない。
でもよいのでは?
それで。

プロ意識を意識すると、恋愛がチャラく感じる時あるよね。
そういう真面目さも好感度あった。

というわけで、いろいろと読んでみて良かったと思う作品だった。
西荻窪ランスルー



【ebookjapan】取り扱い冊数60万冊を超える国内最大級の電子書籍販売サービス

>>細々やってるHP
http://cappella.mitsu-hide.com/
>>なろうのマイページ
https://mypage.syosetu.com/932660/
>>note
https://note.mu/amamiyou
>>最近稼働させはじめたTwitter
@mwagtail30

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ


スポンサーサイト



Ama Mew(天海悠)
Admin: Ama Mew(天海悠)
へっぽこ自家発電物書き。アニメ漫画書籍全般雑食です。クセ強め。
富野信者。イクニ。古典。児童書。
自分のことは盛大に棚に上げてレビューを書いたりします。

HP(料亭跡地)note(書籍レビュー中心)
Twitter @mwagtail30
漫画レビュー