料亭予定地

【鎌倉殿の13人】#3-1 バランスが悪いけど面白いは面白い【大河ドラマ】

2022/01/24
ドラマレビュー




【鎌倉殿の13人】#3-1 バランスが悪いけど面白いは面白い【大河ドラマ】


かわぐちかいじが平家物語やってる、三巻無料だー♡

 
かわぐちかいじ (著)
かつて、ふたつの“力”がぶつかり合い、現代へと繋がるこの国を形作った。かわぐちかいじが壮大なスケールで描き出す、もうひとつの“ジパング”。



と思って立ち読みしたら、いきなり常盤御前と清盛のやけにながい濡れ場にびっくりした。

まあいいけど。

清盛×常盤御前の濡れ場はともかくとして、この話、政子はどんな感じなんやろ!と思って、4巻を買ってしまったのが運の尽き。

政子もいいけど、こっ……この話は………

義経と建礼門院のすさまじく激しい、男と女のラブロマンスだった!!

(頼朝のていねいな描写から始まったので期待したのに、めっちゃ義経くんの話だった)

あとでゆっくり読もう。

平家隆盛の世、北条義時は伊豆の弱小豪族の次男坊に過ぎなかった。だが流罪人・源頼朝と姉・政子の結婚をきっかけに、運命の歯車は回り始める。(C)NHK


 ≫【草燃える】総集編の感想記事


*ここからネタバレを含みます。




というわけで、大河ドラマ第三話。

かなり文句ばかり言ってるので、三谷節さいこう!今回の大河、とっても面白ーい♡
と思っている人は読まないで欲しいです。

この感想も文句垂れ流しつつ、三話まで続いた。

本当に面白くない!

と思ったら、容赦なくスパッと見なくなるしこんなの書かないので、それなりに面白いのは間違いない。



安徳天皇だ~、と思ったら、大姫だ~~。
かわいそうなことになる子たちが二人そろってお目見えです。

頼朝、北条ファミリーに囲まれてワイワイ、いきなりめっちゃ仲良し家族してる。
こういうのが欲しかったんだろうな。


うん、ガッキーは?

お父さんも本人も、キャラ暗いし強いから駄目なの?



だんな「頼政さま!」
わたし「だれ」
だんな「源頼政さまだろ!」

このあたりがニワカの悲しさ、まだ調べきれてない。

わたし「ちなみに誰が演ってんの」
だんな「しながわとおる。いつかのせんごくたいがとのときのまつながひさひで」

へー。

だんな「品川さんはしょっちゅう大河やってるよ」

ここで、北条館を上から撮るとはね。
すごいなドローンの勝利だな。
(ドローンと決めつけてる)

ガッキー八重さんの住まいがまた、えっらい近いところだな。
今度は人妻かよ!
って思ったら、まえから人妻だった~。

でも、義時くんニコニコしてるな?よくわからん。

だんな「あれが南沙良になっちゃうのかー」
わたし「大姫のことね」

その件でお怒りなのだっていうところでコミカルの音楽流さなくてもいいと思う。

だんな「きむらあきらじゃん」
わたし「源頼政、すごいおじいちゃんだな」
だんな「品川さんだから」

って、トレンドジャイアン?

きむらあきら?え?
え?

以仁王って冠葉なのかぁあああああーーー!!!!

※ピングドラム

 ≫ ピングドラム・ユリ熊嵐・ウテナの感想まとめ(自分用)



頼朝、挙兵にはまだ早いというのは、時政おとうちゃんの顔色を読んだな。
時政と牧の方の熟年夫婦がすごくいい。

冠葉=以仁王は、平等院でご自害!
平等院で自害ってすごい。

このじーっと待ってる頼朝は、演者関係なく、本当に家康臭ある。

たいらのかねたかって誰やねんと思ったら、山木判官のことだった。
政子をかねたかさまに差し出せ?
かなりトウが立っとりますが。
ガッキーなら喜ぶかもしれんけど。

このあたり、山木なんだったら、もっと政子とそうなるはずだった話に搦めて、いい感じに持ってくる所でしょ!
本当に政子の扱いがひどすぎる。



時政さんが野菜持っていく、やること考えることが田舎のおじちゃんだ。

このとき見かけた木簡や、応対したのが第二話で泥にまみれさせた家人とか、それなりにフラグがあった。

茄子をもったいないことする悪人はわかりやすい。



伊東の父上と対峙する八重。
結婚させられても夫なんて思ったこともない八重。
ジッと腹に飲み込みながら、父上に従うまでと言う八重。

今回のガッキーはいいわーーーー!!!!

八重があまりにも良いだけに政子がアカン。
最悪だ。
ひらひら手を振ってみせるとか、こんな最悪な政子ないわ。

また前妻VS今妻やってから(いらないのに)、頼朝が夢みてうなされているから、ガッキーが化けて出たのかと思ったら、後白河法皇さまだった。

そこどうしてもギャグにしないといけないところなの?
ここまで現代ドラマにしておいて、そこだけ説明入れてまで夢見を信じてたって言わないといけないところ?

なんか今日は、ギャグとシリアスの切り替えのバランスが悪いな。
つぎはぎだらけで集中できない。

今平家物語のアニメやってなくて、ちょうど草燃えるで萌え上がって(誤字)なかったら、多分このあたりで切ってたかもしれない……。
草燃えるの予習があまりにも良すぎた…。
しかも、かわぐちかいじのジパング平家物語版の設定がまた良すぎて、見るのをやめる気になれない。

…………………でもギャグっぽくしないと、昨今の視聴者がついてきてくれないかもしれないから難しいな。

私は小芝居ギャグよりも骨太のドラマが見たいんだけどな。



義時くん、三浦に相談したり手伝ってもらったりしてるけど、こいつちくるからあまりそういうこと言わないほうがいいよ。
一話のイメージから好感度がいきなり低い。

文覚さんの所から挙兵の流れも、かなり支離滅裂に感じた。
政子も今更北条政子っぽいことをされてもな。

どこからシリアスなのかわからない。

ただ、義時くんはとても良かった!

こいつ軍師タイプ?
ユルユルしているように見せて、実は頭切れるやつだ!というのはすごく伝わってきた。

八重と義時がすごく良いので、文句は言ってるけどたぶんまだ見ます。



 ≫ 歴史系記事

Amazonプライム
大河ドラマ第17作「草燃える」の総集編。鎌倉幕府を開いた源頼朝の妻であり、二代将軍・頼家と三代将軍・実朝の母である政子の生涯を中心に、頼朝の時代から承久の乱までを描きます。(C)NHK


 ≫ 「麒麟がくる」感想記事

書籍の本だな【広告】



 Twitter(≫ @mwagtail30
 ≫ HP「オニグルミの森」
 ≫ note
 ≫ 児童書おすすめブログ
 ≫ なろうのマイページ

スポンサーサイト