料亭予定地

【海外番組】ブリティッシュ・ベイクオフ-1 焼き菓子コンテスト最高!

2021/12/02
ドラマレビュー




【海外番組】ブリティッシュ・ベイクオフ-1


BBCの、イギリス焼き菓子コンテストの番組、「ブリティッシュ・ベイクオフ」

本家イギリスでは、この「ブリティッシュ・ベイクオフ」がウケて、あとに作られた「ソーイング・ビー」という、裁縫コンテスト番組が作られた。
しかし、日本では「ソーイング・ビー」が先に配信されたらいしい。
(ややこしい)

裁縫は見るのもするのも好きだけど、個人の好みが強いし、コンテストにはなじまないと思ってみなかったんだけど、お菓子の魅力には勝てなかった…!

あまりにも、あまりにも美味しそうすぎる。
綺麗なイギリスの風景を見ながら、お菓子が出来上がるのを見守る。

最っ高☆でした。

合間合間に、お菓子やイギリスの歴史を解説してくれるのがまたよかった。

Amazonプライム。イギリス全土から選ばれた精鋭のアマチュアベイカーが、全国各地の会場でベイキングの腕を競い合う人気のコンテスト番組の第1シーズン。10人のベイカーが、毎週3つの課題に挑戦し、評価が下される。


 ≫ 料亭予定地 このブログのご紹介と記事マップ


*ここからネタバレを含みます。




オリジナル・テクニカル・マスターピースと3回のチャレンジを行ってそれぞれで優劣を決める。

シーズン1
【エピソード1 ケーキ】

バスの運転手のおじちゃん、警察官のおばちゃん、アフリカンのアニータさん以外、まったく区別がつかない。銀行員が一人いた。
お菓子を焼く銀行員っていいな。

ユニークさ、ジョーク、皮肉をまじえつつ、洒落た会話と絶妙なカットが小気味よい。

そして…。

ケーキの見た目が、全然よくない!
だが、そこがよい!

手作り感が出ていてよい。

この人たちの腕がたいしたことないのではなくて、日本のショーケースに飾っているやつ、またはインスタやTwitterに出ているやつが、あまりにも素晴らしすぎるんだと思う。

大抵のリアリティショーは、かけてるお金の桁も、脚本のレベルも違いすぎて、一度海外版を見てしまうとジャパンはお話にならないと思っていたけど、もし日本版をつくるとしたら……これなら勝てる!
……と思って調べてみたけど日本版はなかった。

審査員のおっさんポールとメアリーおばあちゃんが、プロの目線で品定めするのだが、すんごい厳しい。
こっちまで緊張してしまう。
みんな2人が目の前にくると、唐突に視線が動いてひどくキョドってる感じがドキドキする。

バスの運転手のおじちゃんは可哀相だった。
たぶん、いい人すぎるし、気も小さいなんだろうな。

いつもケーキを焼いてきて仲間に振舞うバスの運転手さんって、すごくアットホームでハートフル(いいかげんな単語並べてみた)、いい感じなんだけど、これはコンテストだから。



【エピソード2 ビスケット・スコーン】

スコットランドのスクーン宮殿


この記事書いたのは、このあちこちの場所を調べてチェックした記録を残したかった。
ほんとうに景色がみごと。
そいつを背景に焼き菓子…最高!

ビスケットの次にスコーン。
わたしが苦手なやつ。
全然膨らまないと泣き言を言ったら友達がレシピを教えてくれて、2回ほど失敗したけど3回目はすごくおいしくできた。

・分量は分からないけど、ぽろぽろ崩れるまでバターと小麦粉を混ぜ、ミルクとたまご、砂糖を少々加え、ナイフで混ぜる。
・最終的に生地はベタベタになる
・いじりすぎてはよくない。親指を使って生地を折り、空気を入れる。
・やりすぎるとゴムのようになる
・卵液を塗るが、垂れるとふくらみづらくなる。

……友達が教えてくれたのと違うな。
それに全員、私と同じぐらいの膨らみ具合だよ!
つまり膨らんでない。

日本のが(以下同文ジャパンクオリティマウント)





間に入るいろんなお話が本当に多彩で面白い。

世界一高い、高価なビスケットって何だろうって思ったら、南極探検隊のスコット隊長のビスケットだー!わあ、すごい。

スコットの顔、初めて見たわ。
あんなに読んでたのに、顔はじめてだわ。
いい人そうだ。

1912年1月17日に南極点に到達、ノルウェーに負けた。
帰り道で遭難したんだよね。食料もまだ残ってたのに!

☟以前、アムンゼン含む探検隊の本を読んだときに書いた入魂記事。


次はマカロンだが、これはそれほどそそられないので、書き留めない。

勝負のゆくえが気になるからつい見てしまう。
チャレンジばっかりしてる、つるはげのおじさんが負けそう。

影で、プロ二人が本音で意見を出し合うのだが、おべんちゃらはナシというか、批判すべきところをしっかりして、しかも分析的。
厳しいけど納得ができる。

アフリカンのアニータが脱落したけど、シーズン1で飛び抜けていたから、ケーキという点では本当に惜しい。
か細い少女の声でしゃべるふくよかタイプ。
手つきも繊細だった。



【エピソード3 サンドイッチ】

ケント州、セア風車?(出てこなかった)
英国最古の小麦の産地だそうです。

ケント州


パン対決だからか!パンと小麦。

パン好きだから、すごく注目しちゃう!
制限時間3時間半か。
時間のかかる作業だよな~。

審査員のポールおじさんがテンション上がってるな。
声の高いリサーチアナリストは安定してるな。

すべてのドラマに言えることだが、シーズン1は基本中の基本だから面白い。

水分が多いとパンが膨らまない?
乾いた素材が多いと、パンは重くなる、それはわかるけど。
ふわふわっとした柔らかいパンは、ベタベタしてまとまらないくらいだって、ユーチューバーが言ってた。(何の動画だったか忘れた…)

塩を控えすぎると目がつまる?
難しいなあ。





 ≫ 【海外番組】ブリティッシュ・ベイクオフ-2

 ≫ 料亭予定地 このブログのご紹介と記事マップ

Amazonプライム。英国各地の数千人の応募者の中から選ばれた裁縫自慢の8人が優勝の座を目指しバトルを繰り広げる。シーズン1は全4回。挑戦者は毎回3つの課題に挑む。型紙を使った基本的な技術から、モデルに着せるオーダーメイドの服まで、裁縫自慢たちの独創性や正確性が試される。




Amazonプライムのたな【広告】
ニュースルーム日本ボロ宿紀行グランド・ツアー



 Twitter(≫ @mwagtail30
 ≫ HP「オニグルミの森」
 ≫ note
 ≫ 児童書おすすめブログ
 ≫ なろうのマイページ

スポンサーサイト