料亭予定地

多分最後の「この世界の片隅に」

2017/03/26
映画レビュー




多分最後の「この世界の片隅に」


(2017年 03月 20日の再録です)

おばあちゃん台風がまた訪れていたのだが、やっと帰った。
正直、ものすごく疲れた。

※この記事を書いたのが2017年の3月。
8月に、認知症でもう難しいのではないかとご近所から連絡が入り、2021年に亡くなったので、ガタガタと母が崩れ落ちていく中での、最後の「普通の」交流だったのだと思いやられる。





 
すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していくなかで、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。



 ≫ 映画の感想記事


*ここからネタバレを含みます。






ついに、この世界の片隅にが24日で上映が終了するため、下の子を連れて行くことを検討する。

やはり映画館であの空襲のシーンとか見せておきたい。

なご助(上の子)に相談。

わたし「どう思うかね?」
なご「あのくらいなら大丈夫じゃない?」
妹子「怖くない?」
なご「少しは。戦争だから」
私「戦争ってわかる?」
妹子「それぐらいわかるわ!馬鹿にすんな!でも漫画で先に確認しとく」

~略~

妹子「これだけ?こんなのただの日常じゃん!」
(超適当に三巻をめくっただけ)

なご助、激怒!

なご「馬鹿野郎!戦争っていうのはな、戦争っていうのは、日常の延長線上にあるものなんだ!馬鹿!お前は何もわかってな(略)」

妹子はまだ小さいからともかく、なご助のコメントに何気に感動してしまった。

そんな風に受け取ってもらえたなら、作った方も甲斐があると言うものではないだろうか?(おやばか)



<<今更ですがネタバレあり>>

改めてやはり映画は最高の出来だと確信して帰ってきた。

正直、原作を越えていると私は思う。
映画を何度も見に行き、そのたびごとに原作を読み返し、何となく微妙な気分になり、の繰り返しの果ての結論だ。

ズパーッと削ぎ落したので、かえってテーマが絞られ、散漫な印象なく、すばらしい仕上がりになっているのだ。



そして妹子。

空襲で破片が散ってくる画面ではがばっと伏せて用心深くチラ見していたが、あとは大丈夫だった。

妹子「(憲兵のシーン)ひどい!あいつクソだ!」
わたし「それほど怖くなかった」
妹子「あの子、死んじゃったの?手、絵が描けなくなっちゃった…」

などなど。



ちなみに、同じことを考えるお母さん方がいるようで、小学生女子男子、ちらほら見かけた。
今日は入りが良かった。

そして帰ってからしばらくして突然言う。

妹子「ねえ、あの人、だらしないから嫌だった」
わたし「?誰のこと?」
妹子「周作さんじゃないほう」

(あ、ああ、哲のことか…)

妹子「人のうちに来てあんなことするか?あれは良くない!だらしないわ!」

義憤を感じていたようだった。とりあえず、まともな感覚で良かったというか何というか。

上の子は、この哲については、一切口を閉ざして何も言わない!
言わないのが逆に怖いけど、聞く勇気もない…。





これには後日譚がある。

(2017年 03月 27日の再録です)

妹子(唐突に)「そりゃまあ、周作さんはかっこいいけど」
わたし「(!?突然?)そうだよ、かっこいいよね~」
妹子「もう一回見たい!」
わたし「次はDVDかな?」
妹子「でもあの人は大っ嫌い!」
わたし「(哲のことか…)お母さんはけっこうその人も好きだよ」
妹子「だらしないのは嫌いなの!」

なご(フッ)「まだガキだな…」

わたし(お前は突然、何なんだ!?)

妹子「だって、すずちゃんのおうちであーええのうなんて言って寝転ぶんだよ!?だらしなくない?おいおい、人んちで寝るなよって思ったわ!」

私+上の子「そこ!?」

妹子「周作さんはきちんとしてるし、それに優しいよね!だって話す時間をくれたんだよ?すごく優しいわ!」

私+なご「……………………」

(ちなみに漫画は一巻だけ解禁しているので、結局二巻三巻はこどもは見ないままでリンさんも封印されている)



 ≫ 映画の感想記事

 
こうの史代(著)
主人公・すずは広島市から呉へ嫁ぎ、新しい家族、新しい街、新しい世界に戸惑う。だが、昭和18年から描かれる一日一日を確かに健気に生きていく。戦中の広島県の軍都「呉」を舞台にした戦中を生きる小さな家族の物語。


 ≫ 料亭予定地 このブログのご紹介と記事マップ

Amazonプライムのたな【広告】
オンネリとアンネリのおうちバグダッド・カフェロシュフォールの恋人たち



 Twitter(≫ @mwagtail30
 ≫ HP「オニグルミの森」
 ≫ note
 ≫ 児童書おすすめブログ
 ≫ なろうのマイページ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ



スポンサーサイト



Ama Mew(天海悠)
Admin: Ama Mew(天海悠)
へっぽこ自家発電物書き。アニメ漫画書籍全般雑食です。クセ強め。
富野信者。イクニ。古典。児童書。
自分のことは盛大に棚に上げてレビューを書いたりします。

HP(料亭跡地)note(書籍レビュー中心)
Twitter @mwagtail30
映画レビュー