料亭予定地

国際色豊かな朝ご飯(日記)

2017/02/02
自分トレンドのひとりごと




国際色豊かな朝ご飯(日記)


(2017年 02月 02日の再録です)

国際色豊かな朝食を食べた。

・フルグラ
・タイカレー(イエロー)
・大根と里芋の煮物
・ハンバーグ
・春巻

もう、無茶苦茶。整合性も何もあったものじゃない。

フルグラはリッチテイストのよさげなやつ。
ごはんが弁当に消えたので仕方なく牛乳を入れて食べたのだが…。
リッチテイストは美味しいので、子供がいつの間にかガンガン食べて困る。

春巻はお店の惣菜で弁当用。
自然解凍の冷凍食品も重宝するが、「四時以降に作りました惣菜」を翌日詰めてもぜんぜんオッケー!
冬場ならではではある。
夏は怖い……。

カルディのイエローカレーは、昨夜突然作りたくなった。
野菜をたっぷり入れてむしろ野菜がメインでカレーはまぶす味付けぐらいの比率。
そうすると辛さも気にならない。

大根はやはり米のとぎ汁で下ゆで+面取り+隠し包丁すると味のしみ方が全然違う。
里芋も下ゆでしてぬめりを取る。
この煮物、美味しかった~!
自画自賛。

子供はカレーも煮物も食べないので、ここにハンバーグが登場する。
このハンバーグのレシピは、どこかの雑誌に書いてあってそれから作っているのだが、すごくおいしい。
むちゃくちゃパン粉の量が多く、生地にすでにケチャップが入ってるというもの。
昨夜の夕食の残り。

 
すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していくなかで、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。



 ≫ 映画の感想記事


*ここからネタバレを含みます。






「この世界の片隅」
じわじわとくる。

じわじわ広がった結果、
①電子版を買い
②映画を二回見に行き
③そして紙の漫画版まで買う
……という、驚異のハマりっぷり。

上質な萌えがあれば、ここまでするよ。
おかね払う。

しかし二回目を見て、やはり
映画版の方がイイ!断然イイ!
……ので、間違いなく円盤も買うことでしょう。

だいたい、細身の物腰柔らかイケボのO型つり目男子ってそれは、私の好みのドストライク、ど真ん中。
そういう問題。


 ≫ 映画の感想記事

 
こうの史代(著)
主人公・すずは広島市から呉へ嫁ぎ、新しい家族、新しい街、新しい世界に戸惑う。だが、昭和18年から描かれる一日一日を確かに健気に生きていく。戦中の広島県の軍都「呉」を舞台にした戦中を生きる小さな家族の物語。


 ≫ 料亭予定地 このブログのご紹介と記事マップ

Amazonプライムのたな【広告】
太陽の王子 ホルスの大冒険風と共に去りぬプラダを着た悪魔 (字幕版)



 Twitter(≫ @mwagtail30
 ≫ HP「オニグルミの森」
 ≫ note
 ≫ 児童書おすすめブログ
 ≫ なろうのマイページ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ



スポンサーサイト



Ama Mew(天海悠)
Admin: Ama Mew(天海悠)
へっぽこ自家発電物書き。アニメ漫画書籍全般雑食です。クセ強め。
富野信者。イクニ。古典。児童書。
自分のことは盛大に棚に上げてレビューを書いたりします。

HP(料亭跡地)note(書籍レビュー中心)
Twitter @mwagtail30
自分トレンドのひとりごと