料亭予定地

薔薇王の葬列つづき 追加(47号)

2018/07/29
漫画レビュー




薔薇王の葬列つづき 追加


(2018年 07月 29日の再録2です)

最新話47号めっちゃネタバレ!!

最新話が悶絶と聞いたので、最寄りの本屋までプリンセスを買いに走った。
もう、かなりの末期症状。



 
(プリンセス・コミックス) 菅野文(著)
エドワード王が倒れ、混乱する王宮。“未来”を考えなくてはならない事態に皆は……!? そして、執拗に狙われるリチャードの身体の秘密は、ついに暴かれてしまうのか!? 裏切りと契りの果てに覚醒したリチャードの進撃が始まろうとしていた…。


 ≫ 菅野文「薔薇王の葬列」の感想


*ここからネタバレを含みます。




血と泡を吹いて倒れる展開!

想像をッ!
越えているッ!!

バッキンガムとケイツビーがリチャードを巡ってバッチバチ(笑)

何気にティレルもおいしいとこさらう。

バッキンガムがこんなに感情をあらわにしたのは初めてで、めっちゃアガった。

嬉しいわ~♡
嬉しい~♡♡♡

10巻までだと、野望のためだけのように見えないこともなかったから、今一つバッキンガムの気持ちに自信が持てなかった。

原作であれほど悲しいリチャードだもの!
みんなみんな、こんなにあなたのこと大好きなんだよ!!と言ってあげたいその気持ちの集大成がこの漫画という感じ

もっと総受け(この言葉懐かしいな~今も使うのかな?)
リチャード総受け大いに結構。

もっともっとやってくれー!!

リチャードなら、どんだけ愛されても足りないくらいだよ
バッキンガムが相当一線も十線もいきなり越えてきたので、今までヘンリーとのアレコレにも静かに見守り系だったケイツビーがかなり心乱されてるのが、イイネ!!!!!

ヘンリーの時はまだ、ケイツビーも余裕があったよね。
結局最後にそばにいるのは自分みたいな。

いやしかし、まさかリチャードの方からバッキンガムに、遠回しに抱いてくれと言うとはね!!

二人とも、かなり距離を縮めてるな
嬉しい…………。

リチャードは、たった一人体を受け入れてくれた(というより勝手に迫って来た)バッキンガムのことを、その意味を考えないようにしてるけど、肌の触れ合いが変えてきてる。
バッキンガムもわかっててそこは慎重にしてるみたいだな。

ここに到るまでこの二人、キスを一度もしてないのが気になるぞ。

バッキンガム死亡は確定なのだから、この王様になるまでの短い期間を、コミックス10巻ぶんぐらい、引き延ばして延々とやってて欲しい。




 ≫ 菅野文「薔薇王の葬列」の感想

 
(プリンセス・コミックス) 菅野文(著)
裏切り者のヘイスティングを亡き者にし、リチャードたちはその力を確実なものにしていった。一方、エドワード五世の戴冠式の日取りが確定。さらに余興で狩りを行うことに。その裏で、王と王弟は恐ろしい謀を巡らせていて……!?


 ≫ 料亭予定地 このブログのご紹介と記事マップ

Ebookの本だな【広告】
思い、思われ、ふり、ふられ虐待父がようやく死んだマネーの拳



 Twitter(≫ @mwagtail30
 ≫ HP「オニグルミの森」
 ≫ note
 ≫ 児童書おすすめブログ
 ≫ なろうのマイページ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ



スポンサーサイト



Ama Mew(天海悠)
Admin: Ama Mew(天海悠)
へっぽこ自家発電物書き。アニメ漫画書籍全般雑食です。クセ強め。
富野信者。イクニ。古典。児童書。
自分のことは盛大に棚に上げてレビューを書いたりします。

HP(料亭跡地)note(書籍レビュー中心)
Twitter @mwagtail30
漫画レビュー