料亭予定地

「薔薇王の葬列」読者のための、魂をこめたシェイクスピア紹介-3

2021/10/14
読書




「薔薇王の葬列」読者のための、魂をこめたシェイクスピア紹介-3


 
シェークスピア (著), 坪内逍遥 (翻訳)
シェークスピア作の全戯曲の全幕全シーン全文が坪内逍遥の名訳で読めて、日本語訳と同じページに該当する英語原文が表示されて、セリフ対セリフの比較対象が容易。対訳本として完備されているので、学習に、研究に観劇にピッタリの一冊全集。今回、シェークスピア没後400周年を記念して、完全新版として上梓。20年間、計6万部のロングセラー。


 ≫ 「薔薇王の葬列」読者のための、魂をこめたシェイクスピア紹介-1

 ≫ 菅野文「薔薇王の葬列」の感想


*ここからネタバレを含みます。





 
(ちくま文庫) W. シェイクスピア (著), 松岡 和子 (翻訳)
百年戦争とそれに続く薔薇戦争により疲弊したイングランドで、歴史に翻弄される王ヘンリー六世と王を取り巻く人々を描く長編史劇三部作。敵国フランスを救う魔女ジャンヌ・ダルク、謀略に次ぐ謀略、幾度とない敵味方の寝返り、王妃の不貞―王位をめぐる戦いで、策略に満ちた人々は悪事かぎりをつくし、王侯貴族から庶民までが血で血を洗う骨肉の争いを繰り広げる。


ヘンリー六世 第二部。

この作品からリチャード登場。ここの勇姿は必見!
超カッコいい。

舞台を見ていなくて、文字でシナリオを読んでいると、まったく醜いとか関係ないし。
この頃は醜い設定もなかったんじゃないの?というぐらい、いう事成すことカッコいい。

サフォークとマーガレットは本当によい。

正直、かなり好きなカップルで、この恋が破れてマーガレットがすごくなるのはとても理解できたので、薔薇王のヒステリーっぽいマーガレットは不満。
薔薇王の序盤では、リチャードは良いけど、これちがうなぁ…と思っていた。
だけど今はもう、あれはあれでよい。
あのマーガレットもすっかり愛着が湧いてしまった。

こちらは、情熱的に恋する乙女という感じ。

マーガレットは、ヘンリー六世の第一部で登場した時はサフォークの心を奪う美しい娘。
第二部の序盤は恋する女。

でもグロスター公爵夫人とはケンカする気位の高さも見せるんだよな~。
サフォークとの切ない別れで女らしさ全開。

次に現れた時には、サフォークが死んで絶望している。
ここでイヤミを言うちっさい男なヘンリー六世。
諸公も抑えられないのに妻にイヤミ、この細かい描写が生きる。

バッキンガムも出ているが、ここに出てるのはバッキンガムのパパだと思う。
多分…。

ということは本人はまだ、ちびっこ…!?
も、萌え…!
(バッキンパパは確かオールバンズで死んだはず)

まだ赤薔薇とも白薔薇とも、勝敗がつかない中で、このごちゃごちゃとした権力闘争劇を見守る側としては、心が白薔薇側に傾いていく原因の一つにリチャードの存在が大きい。
赤でも白でも、どっちかに決めてくれ、白黒つけてくれ、となっている心に、この勇猛なカッコよさはすとんと入ってくる。
本当に頼もしいから。

赤薔薇白薔薇の争いのもととなったサマセットをやっつけて、
剣よ、まだなまるなよ、心よ、もっと怒ってくれ
とか名言を吐く。

このあたりで私は、リチャード三世は不具で醜い悪人設定のはずなのに、ずいぶん印象が違うな~、と思っていた。





ヘンリー六世 第三部

薔薇王の葬列は、主に「ヘンリー六世 第三部」~「リチャード三世」から成っている。

薔薇王の葬列では序盤にさわりだけさえらっと「ヘンリー六世 第二部」の内容が紹介されていた。

しかし!
ここまで来るのには色々あったわけでしてね、この前を省いては語れない物語ですよ。

内容も登場人物ももっと細かくて入り乱れ、クリフォード君とラトランドはさすがにごちゃごちゃになるから、省かれたのは仕方ない。

赤薔薇、白薔薇がガチンコでぶつかりあい、ヨーク公リチャード・プランタジネット、つまり薔薇王リチャードのおとうさまが死んだ戦いが、セントオールバンズの戦いだ。


ヨーク公に父親を殺されたクリフォードが、ヨーク公末子の小さなラトランドを復讐心にかられて無惨に殺す。
だいたい、シェイクスピアでは、次の一幕に移ったときには、誰かが殺されていたりして、すでに事態は大きく変化しているということが多いのだが、このクリフォードが哀願する少年を殺すシーンは、キッチリ描かれていて、シェイクスピア薔薇戦争シリーズでは屈指の名場面として知られています。
目には目をの争いのむなしさ、残酷さが際立つ。

さらに、これがヨークの顔をふいた血染めのハンカチにつながる。
小さな息子の死をヨーク公に思い知らせる、絶妙なアイテムとして使われる。

(薔薇王の葬列では、ここのラトランドは存在せず、リチャードが変わりになっていた)

この時ヨークにかぶせられたのは紙の王冠だ。
これは劇でも、紙なのが白く浮き上がってすごい視覚的効果があるので、マーガレットがかぶせるのは紙の王冠にしてほしかったここは重要だった(うるさい)

よってたかってのヨーク公いじめるを主導するのは、恋人サフォークの死によってすっかり鬼と化したマーガレット妃。
すでに、愛らしかった少女~恋する女~の頃の姿は、まったく残っていない。

味方からも若干引かれるぐらい、人としての姿をなくしている。

ラトランドの死を悲嘆するヨーク公の名台詞。

「女の皮はかぶっていても、心はむごい虎同然」

海外の映画を見ていても、ときどき使われていたりする。



このまさに血で血を洗う泥沼の戦争激の中で、ただひとり、リチャードがめっちゃくちゃ頼もしい。

ヨーク公のパパが死んだ所で、負けていてもおかしくなかった。
全軍総崩れになって、はい確定、のはずだった。

そこで、激しい言葉で皆を奮い立たせ、エドワードが捕まったら助け出し、兄ジョージを説得する。
すべてリチャードがやって、事態をひっくり返した。

ここで、すごいなあこいつ、と感心させておいて!

最後の最後にギラギラの野心を覗かせる。

ここの流れはほんとうにうまい!
すばらしい。

けど、これだけ実力があればなあ、ヨーク公のあとを継げる器があるのは、彼しかいないよなあ、と思わせる説得力!

エドワードは未亡人によろめくし、ジョージは一貫性なくランカスターに寝返るし。
リチャードがいなかったら、ヨーク側はまとまってないし勝っていない。

そこのところの迫力が、超絶妖艶美形の薔薇王リチャードはちょっと足りない気もするが…。
その代わりといっては何だが、
超絶妖艶美形な迫力は満点以上の満点なのでオールオッケー!

ここの流れの説得力なくして、「リチャード三世」だけの単行本を買ってきて読んでも、わからないのだ。

話としては成り立ってるのだが、
リチャードのかっこよさ悲しさは、薔薇戦争シリーズを通しで読んではじめてわかるのだー!!

力説!!





≫ 「薔薇王の葬列」読者のための、魂をこめたシェイクスピア紹介-1
≫ 「薔薇王の葬列」読者のための、魂をこめたシェイクスピア紹介-4

歴史系 ≫ 歴史系記事

薔薇王の葬列 10巻
 
(プリンセス・コミックス) 菅野文(著)
エドワード王が倒れ、混乱する王宮。“未来”を考えなくてはならない事態に皆は……!? そして、執拗に狙われるリチャードの身体の秘密は、ついに暴かれてしまうのか!? 裏切りと契りの果てに覚醒したリチャードの進撃が始まろうとしていた…。


トップ記事 ≫ 料亭予定地 このブログのご紹介と記事マップ

書籍の本だな【広告】
戦争と平和虚栄の市アポリネール詩集



テキスト↓ Twitter(≫ @mwagtail30
 ≫ HP「オニグルミの森」
 ≫ note
 ≫ 児童書おすすめブログ
 ≫ なろうのマイページ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ



スポンサーサイト