料亭予定地

月刊プリンセスやばい(追記) 1

2019/02/08
漫画レビュー




月刊プリンセスやばい(追記) 1



プリンセスの表紙ヤバい。

買えない。

店をぐるぐる三回転ぐらい歩いても、気味の悪い変態的なニヤニヤを止められない!
この表紙の破壊力よ。

もう取り扱いされてないみたいだけど。




 
(プリンセス・コミックス) 菅野文(著)
中世イングランド。白薔薇のヨークと赤薔薇のランカスターの両家が王位争奪を繰り返す薔薇戦争時代…。ヨーク家の三男・リチャードにはある秘密があった。それは、男女両方の性を持つということ。己を呪うリチャードは残酷な運命に導かれ、悪にも手を染めていくが……!? シェイクスピアの史劇「リチャード三世」を原案に描かれる禁断のダーク・ファンタジー!!


 ≫ 菅野文「薔薇王の葬列」の感想まとめ(自分用)


*ここからネタバレを含みます。




今週の二人はすごいラブラブだな~。
ってそんな言葉一つで終わらせるのがもったいないぐらいラブラブだ!

エッチしてないのに、してない方がエロいとはこれいかに。
バッキンガムむちゃくちゃかっこいいし。


今日はもう何も言うことはありません。
胸がいっぱいで(笑)
ええもん見せてもろたわ~162.png162.png162.png



(1時間後)

読めば読むほど切なさを感じる。
こんな頭痛でなかったら、読むのがつらいほどの長文書くのに…。

あたまいたい。





これが黙っていられるかの追記

おのれ頭痛。
邪魔しやがって。

立ち…立ち体位!やばい!体位やばい!
こんなハレンチな表紙をクオカードにするなんて…。
どんなクオカードだよ!!



プリンセスネタバレ

「お前がいないと眠れない」



お前がいないと眠れない
お前がいないと眠れない
お前がいないと眠れない

何十回繰り返しても足りない。
このときの
えっ?あれ?何、何を言ってるのかな俺は?みたいなリチャードの顔と、それでも止められなくて出ちゃったセリフが

「ただそばにいてくれ」

ただそばにいてくれ
ただそばにいてくれ
ただそばにいてくれ

バッキンガム!!!
報われて本当に良かったね!!!
君(とそのエッチ)がリチャードに取って、なくてはならない喜びだったことが公式に証明されたよ!



バッキンガムの自分にとってめっちゃ重大なことを言わないといけなくて緊張してる感がくそ可愛い。
(この会話交わす前の、幼なじみ感あふれる会話もよき!)
ドヤ攻めである俺様なオレがこんなこと言い出すんは、君たちには想像できないぐらい最大の自己犠牲なんだぞ顔が笑える。


リチャードの気持ちが開かれていくのと同時に、バッキンガムも愛情を自覚して変化していったっぽい感じが最高。
リチャードは誓約を確かめる行為なことをうっかり忘れかけてたっぽい感じがあるが、バッキンガムはさすが言い出しっぺだけあって自分の中で筋を通してるみたい。

しかーし、思いがけないリチャード側からのメッセージ!
これを逃したらドヤの名がすたる。


俺様攻めは、好きだけどやりすぎると鼻白むものだが、バッキンガムは何から何まで完璧や。

強いて言えばちょっと曖昧なので、結局、エッチはするのしないの?みたいな疑問は残るが(重要)
いやいや、下衆の勘繰り。
あまりにも二人がお互いを愛しいと思ってる感満載なのでそこは不問。

こどもフラグのことも、二人ともわりと気にしてるんだな。
リチャードが言い出したのも意外だったが、バッキンガムも言及するとは、これは産みそうやね(大歓迎)



二人があまりにもうつくしいので、双子の悪顔が邪魔で邪魔で…
(あの双子弟は、双子兄も殺そうと狙うんちゃうかな?)

手放しで喜べないこれからのバッドエンド。
もう二人がラブになればなるほど怖い。





ひそかに望む勝手妄想。
赤薔薇エドワードのちっちゃい息子君を逃がすか何かして、あれがリッチモンド伯になって、ベスちゃんと結婚してくれたらいいのになああ!!
(ものすごい勝手な願望)

※再録してみて気付いたけど、これ二回も三回も言ってるな。痴呆だ…。

なんとか息子君の命を救おうと画策するあれこれの途上で、バッキンガムが裏切りか何かと誤解されて
リチャは救おうとするも、バッキンが彼の窮地を救うために自死、みたいなシナリオ。

ここまで二人の関係が進展すると、さすがにバッキンガム裏切りエンドは消えたと見る。

やっぱりここまできてまだしないキスは、バッキンガム死亡の時にするんではないかなと予想。
生きてる時にしてほしいが・・・


※再録しようとしたけどあまりにも長すぎたのでポエミーな妄想は分けました。

 ≫  月刊プリンセスやばい(追記) 2 ポエミーな妄想

 ≫ 菅野文「薔薇王の葬列」の感想まとめ(自分用)

 
(プリンセス・コミックス) 菅野文(著)
エドワード王が倒れ、混乱する王宮。“未来”を考えなくてはならない事態に皆は……!? そして、執拗に狙われるリチャードの身体の秘密は、ついに暴かれてしまうのか!? 裏切りと契りの果てに覚醒したリチャードの進撃が始まろうとしていた…。


 ≫ 漫画系レビュー記事
 ≫ 料亭予定地 このブログのご紹介と記事マップ

Ebookの本だな【広告】
センゴク天正記波よ聞いてくれおんな教師



 Twitter(≫ @mwagtail30
 ≫ HP「オニグルミの森」
 ≫ note
 ≫ 児童書おすすめブログ
 ≫ なろうのマイページ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ



スポンサーサイト



Ama Mew(天海悠)
Admin: Ama Mew(天海悠)
へっぽこ自家発電物書き。アニメ漫画書籍全般雑食です。クセ強め。
富野信者。イクニ。古典。児童書。
自分のことは盛大に棚に上げてレビューを書いたりします。

HP(料亭跡地)note(書籍レビュー中心)
Twitter @mwagtail30
漫画レビュー