料亭予定地

夏休みは魔・薔薇王

2019/08/07
漫画レビュー




夏休みは魔


夏休みはもう、何をすることもできない。
ふりまわされっぱなし
そこにばあちゃんまで乱入してもうカオス







>>菅野文「薔薇王の葬列」の感想まとめ(自分用)


*ここからネタバレを含みます。



◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇




(エキサイトブログの記事を、地味に移行しています。この頃は何月号分か書き留めていなかったのでよくわからない。)

(しかしこれを書くためにコミックスを確認しようとしたら、リチャードがマッパで「確かめろ」とかバッキンガムに言ってる所にぶち当たってしまい、転がりまわるハメに。)

(短いです)



さて待ちに待った薔薇王の葬列だぁ!
ついについに戴冠したな!
割とあっさり終わったなというのが感想。

シーンとしてたはずの民衆もリチャさんの美貌にだまされて大歓声だったし
バッキンといいコンビで約束されたシナリオを演じる。

民衆にリチャードの悪評を囁いてまわってるの、誰かと思ったらまさかのママンだったとは…。
ここまで敵に回るのか。
徹底してるなあ。

戴冠して王になってからは、わりと男面がっよくでたな!というのが最初の感想。
さて妊娠ネタ・闇落ちヘンリーティレル、バッキンガム処刑がどう絡んでくるか。
戴冠したことでリチャードの心に変化は生まれるのか。

今回は筋書き回収の回だったので、そこそこ心おだやかに見てられた。



ところで凪のお暇の三角関係。

リチャ・バッキン・ヘンリーにしか見えない。


当然、個人的な性癖としては、高橋一生推しも押しもおお推しだが…

こころにくい色気のヘンリーともや!
(そのたとえはやめろ)

そう考えると、悩む所もある。

ひそかに大好きな会社のツンデレちゃんにどっち推し?と聞いたら
「私はバッキン高橋一生だよ!高橋一生に決まってるじゃない!逆にそうじゃない人いるの?」
とまで言われてしまった。

ツンデレちゃんは迷うところがなかった。



>>菅野文「薔薇王の葬列」の感想まとめ(自分用)

 
(プリンセス・コミックス) 菅野文(著)
エドワード王が倒れ、混乱する王宮。“未来”を考えなくてはならない事態に皆は……!? そして、執拗に狙われるリチャードの身体の秘密は、ついに暴かれてしまうのか!? 裏切りと契りの果てに覚醒したリチャードの進撃が始まろうとしていた…。



漫画系レビュー記事のまとめ

>>料亭予定地 このブログのご紹介と記事マップ


Ebookの本だな【広告】
ポーの一族幻魔大戦花のズボラ飯



>>Twitter(@mwagtail30
>>細々やってるHP
>>note
>>児童書おすすめブログ
>>なろうのマイページ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ



スポンサーサイト



Ama Mew(天海悠)
Admin: Ama Mew(天海悠)
へっぽこ自家発電物書き。アニメ漫画書籍全般雑食です。クセ強め。
富野信者。イクニ。古典。児童書。
自分のことは盛大に棚に上げてレビューを書いたりします。

HP(料亭跡地)note(書籍レビュー中心)
Twitter @mwagtail30
漫画レビュー