料亭予定地

ポッキーゲーム(つぶやき)

2020/05/08
自分トレンドのひとりごと


会社に行ったり行かなかったり、どこにも行かずにひたすらゴロゴロ休んだりという生活のおかげで、かつてないほどFC2ブログの筆がはかどり、たぶんヒマなかたも多いのだと思う。
かつてないほどアクセスがつきました。

しかし葛藤もあり、まあだいたい家族のこともばっちりネタにしているわけなのだが、創作をするとなるとHな部分も書かねばならない。
まったくない創作もそりゃあるにはあるが、私はどちらかというと入れたいタイプなのでどことなく足りないような気がしてならない。




◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇





それにキルラキルや薔薇王の感想なんて、要はエロいところが好きなのに(言い切った)、そこを書かずしてどうするかというね。

以前、すばらしい二次を書いてたかたがすっぱりとやめたとき(やめかたもかっこよかった)
「家族に見られるといやだなと思ったから」
という理由で、それはとてもよくわかる。

大きくなってから母のこんな赤裸々なブログなんて読んだらいったいどう思うのか…。
という申し訳なさと恥ずかしさは常にある。

そんなとき、太宰のセリフがいつも思い浮かぶ。
「小説を書くっていうのはな、日本橋の真ん中で、裸で大の字になる覚悟がなけりゃ出来ないことなんだ」
ウロ覚えだが、こういう内容だった。

創作をやろうと思ったら、どこかで思い切りをつけなければならない。
それが消えていくものであっても、残るものであっても、書くということにおいては同じだ。

こっそりここでつぶやいちゃうが、妹子は鬼滅の刃でポッキーゲームの絵なんて描いていたのだ!
おそろしい。
血は争えない。
別にのせちゃってもいいよ、なんてあっけらかんとしていたが、私の方が抵抗あるわ!

しかもだ。

・すごく恥ずかしそうにしてるぜんねず。
・ポキンと折っちゃうたんカナ
・もぐもぐしてるうちに偶然口があたっちゃった感じのぎゆしの

すごかったのはおばみつだ。
「ポッキーなんていらない」とキス。

お前どこからこんなネタ仕入れてきたんだぁあああああ!!!!!

お前はやっぱり私の娘なのかあああ!血は争えないのか!!



わたしの母、ダイナマイト☆おばあちゃんなんて、ラムちゃんの絵を描いただけで、

「この子がこんな破廉恥な絵を描きました!」

といって父に見せて正座で説教させられたのでものすごいトラウマになっている。
(この話は10回ぐらい妹子にしている。相当根にもってる)



あまり、過剰反応して性的なものに過剰に抵抗感を持ってもらっても困る。
正しく怖がって欲しい。



☟コミックス。

鬼滅の刃

時は大正時代。炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変する。唯一生き残ったものの、鬼に変貌した妹・禰豆子を元に戻すため、また家族を殺した鬼を討つため、炭治郎と禰豆子は旅立つ!! 血風剣戟冒険譚、開幕!!



☟コミックス。

鬼滅の刃 23巻(最終巻)

鬼の始祖・鬼舞辻無惨と炭治郎たちの戦いは最終局面へ…!! 珠世が身を挺して投与した四種類の薬が、無惨を衰えさせ、追い詰めていく。炭治郎と禰豆子、そして鬼殺隊の運命は!? 永きにわたる鬼との闘争、ついに決着の刻!!





>>「鬼滅の刃」系の記事まとめ

Ebookの本だな【広告】
うしおととらながたんと青と-いちかの料理帖- 1巻ぼくの地球を守って


>>Twitter(@mwagtail30
>>細々やってるHP
>>note
>>児童書おすすめブログ
>>なろうのマイページ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ



スポンサーサイト



Ama Mew(天海悠)
Admin: Ama Mew(天海悠)
へっぽこ自家発電物書き。アニメ漫画書籍全般雑食です。クセ強め。
富野信者。イクニ。古典。児童書。
自分のことは盛大に棚に上げてレビューを書いたりします。

HP(料亭跡地)note(書籍レビュー中心)
Twitter @mwagtail30
自分トレンドのひとりごと