料亭予定地

「プロメア」~仕分けして排斥する~

2019/06/25
映画レビュー




>>現在エンタメから縁遠くなっている私がプロメアを観に行くまで 1
>>現在エンタメから縁遠くなっている私がプロメアを観に行くまで 2
>>プロメア感想1 プロメアのすすめ!(ネタバレあまりない)
>>プロメア感想2  雑感


前に「プロメア感想1」に書いた、
プロメアとはわたしたちだ!!という主張を前提に考察を展開してみる。

(一見、なにかえらそーな事書いてるようだけど基本すんげーてきとーな書き散らしですからあまりまじめによまないで)

そして~

盛大でもないが~
ネタバレ~~!!!

すでに見た人・プロメア狂の人・たった今キメて来た人向けです。






ここから
↓↓↓↓

名前を付け分類し仕分けをして排斥する。
名前を与えられたと同時に区別が生じグループ化され壁が生まれ「そうでない」側との間に軋轢が生まれる。

誰かに優劣を付け、これはこっち、これはあっち、と選別する行為がすべての差別の根っこだ。

クレイフォーサイトとは、人々が絶対であると信じている社会の基盤そのものだ。
全体が信じる秩序維持の名のもとにそびえ立つ巨大な力だ。

「全体」からはずれた人々がいる。
「全体」を維持するために搾取される人々がいる。

システムがシステムとして成り立つために、意図的に何かを犠牲にし搾取している(せねばならないと信じている)としたら。
全体が生き残るために「必要」なのだから仕方ないと従う。
必要?本当に?

社会が当たり前のように押し付けてくる「何か」。
それが正義であるからと、それが法であるからと迫る「何か」。

炎(情熱)も氷(理性)もどちらもそれを否定する。

法を盾に取って正義を振りかざす人は多いが、法で規制されていないからと非道を正当化する人もまた多い。
この二つは表裏一体で危うい。





作中で語られる差別の表現がある。
地面に投げ捨てられるピザや「バーニッシュも物を食うのか?」という言葉だ。
ガロは自分の中に当たり前のように存在していた偏見の芽を、思いがけず口から出た台詞によって知る。

あの台詞はガロだからこそ言わねばならなかった。
自分を省みて、自分の中にある差別の種を見ること。
「気付き」を促す仕掛けだ。

グレンラガンを見ていれば中嶋かずきのテーマが「自分の中の価値の転換」にあるということがわかるだろう。
権力の構造がまるっと入れ替わる衝撃を体験したはず。
(グレンラガンは尺が長いからすんなり入って来るが、確かにプロメアはそこんとこが若干曖昧だった)

炎を出す者、バーニッシュたちは少数者だから、特異な者だから排斥されている訳ではない。
その差別が組織的に作られ、搾取のためのシステムであったという事実をガロはリオと触れ合うことによって知る。

リオは炎の声を体で受け取り、代弁する。

・地下のマグマにプロメアが潜んでいる。(=地球やばい)
・プロメアが活性化してる。(=地球かなりやばい)
・プロメアはもっと燃えたいという願いを持っている。
・それなら、プロメアを満足させてやればいい。

クレイの前提が崩れる。
クレイはリオ以上のバーニッシュでありながら、プロメアの声を拒否したために本質を理解することができなかった。

炎(情熱)と氷(冷静)の争いは、わたしたちの心の中の葛藤と見る。
不動の正義として中心に立つものとは?





こうあるべきと凝り固まった概念を打ち砕くことが二人のやったことだった。
メタファを読み取らなければ。

自分たちの心の中にいるクレイ・フォーサイト。
「思い込みの罠」「頑なさ」「全体主義とシステム化」「変化の拒絶」

わたしたちの心に潜む、もっと燃えたい、もっと熱くという願い。
リオ・フォーティアが代弁する。

火事と喧嘩のさ中に、ある部分冷静さを保つこと。
何が本当なのか、何が起きているのかを見極める目を失わないことの大切さ。
ガロ・ティモスが教える。

ふざけんなああああ!という炎を中途半端に抑えずに燃やし尽くすこと。感情を正しく発露させること。
本当に?という問いかけを持つことの大切さ。正しいのはどっち?一歩立ち止まってみること。

どちらも大切なことだ。

「全体の正義のために」
その名のもとに押しつぶされる。搾取され押し潰され排斥され捨てられる者たちの叫びこそがプロメア。

私たちひとりひとりの心に潜む炎なのだ。




なろうのマイページ
https://mypage.syosetu.com/932660/
細々やってるHP
http://cappella.mitsu-hide.com/
note
https://note.mu/amamiyou






追記:
炎が消えたのは、単純に満足、鎮火、ストレス発散、楽しかったよありがとー、祭りの終焉、そんな風に捉えていいと思う。人××吸にも象徴されるように違う立場の融和が成され、本質的に一つになれたことを暗喩しているんじゃね(ここは雑なテキトー感想)。

これからもあの世界の中でずっと炎を操るかっこいいリオきゅんでいて欲しかったあ!という気持ちは非常に非常に(×1000)わかるが…。

ある物語にとらわれすぎて戻って来れないのも問題だ。
きっちり完結させて、見た人を現実世界に押し戻すことはとても大事なことだ。
そこを切ったのは偉いと思う。


>>Twitter(@mwagtail30
>>細々やってるHP
>>note
>>児童書おすすめブログ
>>なろうのマイページ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ



スポンサーサイト



Ama Mew(天海悠)
Admin: Ama Mew(天海悠)
へっぽこ自家発電物書き。アニメ漫画書籍全般雑食です。クセ強め。
富野信者。イクニ。古典。児童書。
自分のことは盛大に棚に上げてレビューを書いたりします。

HP(料亭跡地)note(書籍レビュー中心)
Twitter @mwagtail30
映画レビュー