料亭予定地

現在エンタメから縁遠くなっている私がプロメアを観に行くまで 2

2019/06/16
映画レビュー



>>昨日の続き


私「あのメンバーの映画の音楽なら良いのはわかってるから私も欲しい。だから金はしまいなさい。そしてその出し方は~うんたらかんたら(説教)」

今思えば、どうしてレコード店に買いにやらなかったのか痛恨の極み。
自分が行かなくなってるから思い浮かばなかった。
上の子も、どこでCDが買えるか知らない感ある。いい勉強になったのに。

届いた時の喜びっぷりは半端なかった。
「だって澤野だよ?澤野弘之なんだぜ!?キルラキルの人だよ、ユニコーンだよ!!」
「わかったわかった」


そして数日後。

上の子「ちょっと今から映画見て来るわ」
私「お~、いってら。感想聞かせてな」

………。

帰って来た上の子「まあまあ」
私「えーそうか。(やはりグレンラガンは越えられんのか)グレンラガンと比べては?キルラキルレベルか?どや?」
上の子「グレンラガン>プロメア>キルラキル」
私「それは期待していいということなのか?」
上の子「まあまあ」
私「いつも思うけど、お前のまあまあはいいってことだよね!お前が言うのは『神>まあまあ>普通>くそ』だよね!!ざっくりすぎてわかりにくいわ!神>まあまあ>普通の間の幅が広すぎるんだよ!」

ここでやっとちょびっとだけ検索。

これまでいっさいの検索も前情報も入れずに、ただひたすら「今石洋之×中島かずき」のネームバリューだけでこの会話をしていた。

私「いやどー見てもこれカミナやし」
上の子「うんまあ」
私「おっかあはカミナよりシモンがタイプなんだよね~。そうかカミナか~」

検索終了(早い)

私「女子はどれ系?ヨーコか?ニアか?元気?天然?おとなしい?(キルラキルの流子は特殊だから参考にならん=褒めてる)」
上の子「ヨーコ。あ、あとドリルやっぱり出てた」
私「やっぱりドリルなんかーい!中島かずきはドリルから離れられんのか…」






ん!友人がTwitterでつぶやいている!
プロメア最高!!!!ですと。
これは行くしかないのか。ナイトは9時過ぎからだ。
明日はばあちゃんの介護の予定が入ってるし、無理かな。

土日は旦那が阻止してきそうだ。
旦那はガンダム以外のアニメほとんどすべてを認めない石頭。
自分はアニメは好きでなく、ガンダムはアニメではないと主張している。
(これまたちょっと別口の頭が湧いてるパターン)

私「どこがまあまあやった?お前の中で神にならないそのラインは何?」
上の子「ちょい見るとまずいシーンあったよ」
私「何だ?グロか?腕がちぎれるとか?」
(およそ母と息子の交わす会話ではない)
上の子「そっちじゃない」
私(???)
上の子「…」

今日しかないかもしれない。
だが子供を置いてナイトを見に行くわけにはいかない。

って、旦那!
こんな時に早く帰って来たな!
すごいタイミング。
もうこれは見に行けということなのだろうか。

わたし「ちょっと、ナイトに行ってくる」
だんな「いいんじゃない。行けば」

(最近あまりエンタメに触れてないことをそこは了解してくれている)





良かったわ!!!!

こんなに映画を映画として楽しい!!と思ったのは久しぶりだわ!!!!

音楽ええわ!!
若干音響も大き目で、音楽を全面に押し出していた。
上がるわ~~~!!!!

(上の子にCD早く聴いてくれ聴いてくれとやいのやいの言われても、映画見るまではとガマンして聴かなかった)

本編
前情報をほとんど入れなかったのがかえって良かった。

小利口でお綺麗で筋の通った矛盾ゼロのシナリオなんてくそくらえ!!!!

そんなの重箱の隅まで細かく極めてどや顔してても、全体的につまらないストーリーなんて山ほどあるじゃんか。
勢いだけでぶっ飛ばせ!!
イメージ!感じ!勢い!ひたすら勢い!!

というテンションMAXが非常に好きだった。

おとなしいゆるゆるモードを好む人は疲れるかもしれない。
人を選ぶとは思う。

気取ったってだから何だというのか。
本音!本音!本音!で良いよ。
好き放題いけ!立場のぶつかり合い!怒りを燃やせ、燃やしつくせ!

傷つくことなど恐れない。傷まで焼き尽くす。

要は、「ストレスを盛り上がることで焼き尽くせ!=火消し」ということでしょう?
メッセージ性も割としっかりしているよね。


リオのバイク、めちゃくそかっこいい。
最初にリオがいいな!と思った心が観れば観るほどどんどん満たされていく感じ。

ヴィラルが大好きだったので、リオは刺さりまくりで最高だった。
美少年でかっこよく主役級でありヴィラルみがある。
…と、あまりそういう風に前作品をひきずった事は言いたくないな。反省!
リオはリオでキャラがきちんと立っていてすごく良かったから。



「ご口上」は実はそんなに好みじゃないのだが、そんなの補って余りある良さよ。
素直で単純なガロの勢いと前に進む力が力と助けになると思えた。

キルラキルの蛇崩ちゃんの声のひとがいる。
あの子好きだった。
その天才設定をもう少し生かして欲しかった!尺が足りないか。

私「で、結局お前の中で神に届かない理由は何なん?アレ以外で」
上の子「まあ考えたんだけど。キャラが足りない。主要キャラ三人でだいたい話が終わってる。もう少しスポットをあてるキャラをふやした方がいい」
私「二時間しかないんだから仕方なかろう。ばらけるよりも的を絞ってていいと思ったけどね。…もしかしてお前ガンダムと比べてないだろうな?」
上の子「いえす」
私「富野監督は確かに偉大だが、そこまで父も母も期待してないほどのガンダムジュニアMAXレベルに育たなくてもいいんだが…」
上の子「いや基本文句はない」
私「やっぱり良かったってことだろ!!『まあまあ』てのは!!」
上の子「まあ」


終了。

円盤の発売をしないというのが気になるな。
プロメア上演が終わって、少し鎮火した頃にゆっくりとネタバレ感想をしたいと思う。
この記事はあくまで「見に行くまでの話」。





なろうのマイページ
https://mypage.syosetu.com/932660/
細々やってるHP
http://cappella.mitsu-hide.com/
note
https://note.mu/amamiyou

スポンサーサイト



Ama Mew(天海悠)
Admin: Ama Mew(天海悠)
へっぽこ自家発電物書き。アニメ漫画書籍全般雑食です。クセ強め。
富野信者。イクニ。古典。児童書。
自分のことは盛大に棚に上げてレビューを書いたりします。

HP(料亭跡地)note(書籍レビュー中心)
Twitter @mwagtail30
映画レビュー