料亭予定地

【麒麟がくる】#38-1 「丹波攻略命令」感想【大河ドラマ】

2021/01/12
ドラマレビュー




大河「麒麟がくる」 ネタバレ感想 #38-1 「丹波攻略命令」


あけましておめでとうございます。
お正月は土日が三が日にかぶるという不幸に見舞われながらも、わりとゆっくりと休めました。

「丹波攻略命令」の回は去年の年末のことだったけど、この日はすることがいっぱいありすぎて、十兵衛と信長の間に流れる不協和音どころではなかった。

お皿を洗いながらの鑑賞。



*ここからネタバレを含みます。
>>「麒麟がくる」感想記事まとめ

麒麟がくる(NHKオンデマンド)

明智光秀を通して描かれる戦国絵巻。仁のある政治をする為政者が現れると降り立つ聖なる獣・麒麟(きりん)を呼ぶのは、一体どの戦国武将なのか…新たな時代の大河ドラマが今始まる!(C)NHK



◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇




すれ違ったのはルイス・フロイスか?
十兵衛はうさん臭そうな目で見ている。

宣教師たちをあまり信用してなさそう。保守派だな。
たまはガラシャになるというのに!

だんな「金平糖だ、金平糖!」
わたし「よく見えない…」
だんな「この時代の伴天連のお菓子は金平糖か、かすてぃらかだ!」
わたし「信長のシェフってまんががあってですね…」

だんなはタイムスリップ系には興味無いので即終了。

斉藤利光のことで押し問答。
最初っから怖い顔してたのはそれでかな。

家臣ひとりひとりを大事にすることを十兵衛に説教されて、信長は「してるもん!大事にしてるじゃん!」と切り返す。

十兵衛「大事に…?」

この皮肉な苦笑、すんごい感じ悪っ!

不協和音がぴりぴりしてるが、信長はまだ何となく気付いているんだかいないんだか…。
せっかく機嫌も良かったのに、水をさされてスネてる感。

ちょっと、斉藤利光と公方さまとは比べられないな、と思いながら押し問答を鑑賞。

のぶ「もうよい帰れ!」
十兵衛「帰ります!」


わたし「マムシさまともこんなやりとりあったよね」
だんな「あったかな…あったかも」
わたし「デジャヴ」

信長「呼び戻せー!!!」

ここでまさかの笑顔で十兵衛にぷれぜんと☆。

これは、予想外の展開だった。
マムシさまはけちなので、そんなのなかったから。

機嫌が良かったのは、プレゼントあげたら「喜んでくれる」と思ったの?
わしには似合わぬって、十兵衛に似合うと思ったの?

そして、斉藤利光のことは十兵衛に譲歩した。

信長に丹波攻略を命じられる十兵衛。

だんな「きたきた、きたー!(興奮)」

考えてみると十兵衛、公方さまの眼前から「できませぬー!」とか逃げ出してから、すべてがなあなあだった。
いつ信長の家臣になったのか具体的な描写がいっさいなかった。
気がついたら家臣になってた。

あれほど断り続けていた所だけが記憶に残っているから、十兵衛が信長に真に帰属したくてここにいるのかどうかわからないし、違和感もあるし、距離がある。

わたし「まだ影響力は保ってるな」
だんな「?」
わたし「信長に対して光秀が。話の中でだよ」
だんな「まだこの時点では使えるからなだけじゃない」
わたし「!」
だんな「ずーっとこの調子でさからってるから怒っちゃうんでしょ。それは秀吉と対比されていくんだよ」

わたしはこの服は十兵衛に似合う♡という所にしろ、おっさんずとまでは行かないにしても、十兵衛のことが大好きなんだろうな~と思ってた。
外見もイケメンだし、大人だし物静かだし理知的だし、かっこいいな~と思っている部分もあるのではないだろか(ドラマの中でとして)…とお花畑な感じで見守っていたが、だんなはそこは、くっそドライだった。



十兵衛邸。
いったいどこでお話してるのか、実はさっぱりなのだが、ずっと京都にいるよね?
お城には住まないの?
せっかく作ったのに。

キャッキャしてる娘たち。
きしがかわいい、誰?

わたし「か、か…カッコイイ…」
だんな「だ、大六天魔王だ~!」


真逆の反応。

わたし「信長に着せなかったのね」

およめさまはもう、目もあてられない状態で、恋は盲目という感じ。
十兵衛もおだてられてまんざらでもない。

わたし「きゅうにラブラブしだしたな」
だんな「あんなのてるてる坊主だよ」

大六天魔王=てるてる坊主。





京都の雅なおあそび。

だんな「ありありありありー…って何のネタだったっけ」
わたし「…アリーヴェデルチ?」

だんなはジョジョはわからないので即終了。
ドリフとかお笑い系のネタを想像したらしいのだが、私がそっちにはうといのでまた即終了。

だんな「こども店長!」
わたし「えっ」
だんな「加藤清史郎」
わたし「小藪さんいる…って、いる!奥にいる!」

信長が地味に混じってた。

こども店長「そなたも蹴鞠せよ」

だんな「そんなこと言ってるから今川氏真も蹴らなきゃいけなくなったんだよ」
わたし「あぁ(笑)」
だんな「氏真は信長の前で、蹴鞠を披露しなくちゃいけなくなった」

結局、信長はやらなかった。

小薮さんの下品な悪い顔
伝統的家系の教養ある人たちがみんな上品で善良とは限らない。

のぶをカッチリ抱え込もうとしている二条さん。
染谷のぶ、じつに演技は上手いんだけど…なんとも、何とも顔が可愛いから、何度見てもやっぱり可愛い。



>>「麒麟がくる」感想#38-2

>>「麒麟がくる」感想記事まとめ

書籍の本だな【広告】
定本 バブリング創世記日日是好日天国を出ていく



>>Twitter(@mwagtail30
>>細々やってるHP
>>note
>>児童書おすすめブログ
>>なろうのマイページ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ



スポンサーサイト