料亭予定地

【麒麟がくる】#37-1 「信長公と蘭奢待」感想【大河ドラマ】

2020/12/25
ドラマレビュー




大河「麒麟がくる」 ネタバレ感想 #37-1 「信長公と蘭奢待」

あっという間に、次の大河が近付いてくる!
あっ。
メリークリスマス!

今回も、すごく駆け足な印象の回だった。


明智光秀を通して描かれる戦国絵巻。仁のある政治をする為政者が現れると降り立つ聖なる獣・麒麟(きりん)を呼ぶのは、一体どの戦国武将なのか…新たな時代の大河ドラマが今始まる!(C)NHK


 ≫ 「麒麟がくる」感想記事


*ここからネタバレを含みます。






涙目十兵衛からはじまって、今日はそうとうに速い展開だぞ。

いきなり信玄が…。
わたし「公方さま大ショックじゃん」
妹子「かわいそう」
だんな「死んじゃったんだからしょうがない」

ひょうたんが!秀吉だ。

わたし「ダークキング秀吉」
妹子「闇落ち秀吉」

妹子は秀吉にはきびしい。

って、公方さまいきなり捕らえられた。はやい。

だんな「三淵が死ぬか?このタイミングで」

結果的にはまだだった。

麒麟がくるを見はじめたときは、三淵さんなんてまったく知らない人だった。
だんなの熱すぎる説明をほぼスルーしていたのに。
何なら、細川藤孝と明智の関係もそれほどよくわかってなかったわ。
ガラシャの義父というだけで。

わたし「オープニング前でもう公方さまがつかまっちゃった…」
だんな「ちょうどいいと思います」
わたし「尺の関係で?」
だんな「死なないかたはあの程度でいいと思います。いっぱい出てきてる人が死ぬんだから。松永久秀もばくはつするし」
わたし「爆発するかわかんないじゃん」

しかも今日じゃないだろうし。



クレジットタイム

だんな「お市が…出ない!」



弟に対して礼をする三淵さん…。
これが敗北するということなのか。
悔しさをにじませる。

藤孝が信長についた顛末もなく、実にさらっとだった。
十兵衛の号泣などなどにも、一切からんでこなかった。
ここの所、公方さまがらみで話すのはいつも三淵さんだったな。

藤孝、こっそり幕府の内情を織田がたにもらしてた?
そんなスパイみたいなこと、十兵衛は責められなくて藤孝が責められるというのはやはり、キャリアや立場の問題だろうか。

わたし「この藤孝の言う、空気読め論法が明智を見捨てた言い訳にもなるわけか!(怒)」

ここにきて、藤孝よりも三淵さんとの絆の方が目立ってた。
結局は、摂津を切って十兵衛側についたり、素振りを見届けたり。

藤孝との間にある微妙な距離、隙間は、山崎で味方しなかった藤孝に対するフラグなのか…

わたし「(困惑)誰を攻めろだって?」
だんな「いわなりともみち」
わたし「誰やねん」
だんな「三好三人衆です」

三淵さんの悔しい心のうちを聞いてあげるのは、実の弟ではなくて十兵衛だった。

十兵衛「三淵さまとの間に勝ちも負けもございませぬ」

やさしいな~。
ホワホワ。



菊丸登場。

わたし「クランクアップした人だ」
だんな「えっ、したの!?」

チェックしてなかったのか。
これを書いてる時点では、家康さんのコロナも判明しているが、こちらはまだクランクアップしていないのに、いったいどうなるのだろうか…。
果てしなく不安。

わたし「えらそう」
だんな「忍者の頭領なんだよ」

小細工を使った割に、十兵衛、手紙をめっちゃその場で開いてるやん。

菊丸、薬屋に現れたが、厳戒態勢になっている。
この厳戒態勢は公方さまがたにお金を流してた駒ちゃんのせい?

秀吉のママと忍者と東庵という、めちゃくちゃな組み合わせ。





駒ちゃん!公方さまに会いに来たんだ!
また大人っぽくなったな。
すごい大人に見える。

確かに初期はチャキチャキした現代口調が気になったりもしたけど、演技力のある女優さんだと思います。

からっぽの虫籠を返すっていうのは…。
軍事費への課金の無心をした時から、もう愛はなくなってしまったのか…。
会いに来たのは、別れなのか?駒よ…。
ふんだりけったりの公方さまだ。

まだやる気満々の公方さま、駒にだけは言えるのだろうな。

(将軍としてやれることは何かって言うのなら、摂津に良きにはからえ、良きにはからえってしなけりゃよかったのに、と思わなくもない)

駒の語る、昔の公方さまのときも、その裏側の思いは何だったのだろうなあ。
どこまでが表の顔だったのだろう。

人は変わってしまうというにしても、どうかなと思ってしまう。

あんなに清貧で慈愛深い感じだったのに、ひとたび地位を手に入れてしまったら、まずは欲しいものに手を伸ばす。

最初に手を伸ばしたのが、(理想を共有できる、わかってくれる仲間意識から始まったにしても)駒という「女」だった所がね…。

一度、それなりの地位を手に入れてしまったら、理想を実現するために権力を、権力を維持するために武力を、邪魔者の排除をと…。

女→金→武力

欲望の行き着く先は?
みごとな転落だ。

まあこれは、秀吉にも言えることかもしれない。


>>「麒麟がくる」感想#37-2

 ≫ 「麒麟がくる」感想記事

明智光秀を通して描かれる戦国絵巻。仁のある政治をする為政者が現れると降り立つ聖なる獣・麒麟(きりん)を呼ぶのは、一体どの戦国武将なのか…新たな時代の大河ドラマが今始まる!(C)NHK


 ≫ 歴史系記事

書籍の本だな【広告】
平安朝の事件簿 王朝びとの殺人・強盗・汚職最後の将軍 徳川慶喜荀子 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典



 Twitter(≫ @mwagtail30
 ≫ HP「オニグルミの森」
 ≫ note
 ≫ 児童書おすすめブログ
 ≫ なろうのマイページ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ



スポンサーサイト