料亭予定地

【麒麟がくる】#33-2 「比叡山に棲む魔物」感想【大河ドラマ】

2020/11/27
ドラマレビュー




大河「麒麟がくる」 ネタバレ感想 #33-2 「比叡山に棲む魔物」

>>「麒麟がくる」感想#33-1

明智光秀を通して描かれる戦国絵巻。仁のある政治をする為政者が現れると降り立つ聖なる獣・麒麟(きりん)を呼ぶのは、一体どの戦国武将なのか…新たな時代の大河ドラマが今始まる!(C)NHK


 ≫ 「麒麟がくる」感想記事


*ここからネタバレを含みます。






妖怪のむかしばなしが始まった。
どこでも必ず昔話を聞かされる十兵衛。
歯が生えてたのは信長じゃなかったっけ?色々混ぜてる気がする。

喜び組「おほほほほほ」

笑うでない!ってそれは私も思ったわ。
美に対抗するのが金と力?
つまり覚恕の価値観=(美<金と力)

小朝妖怪「ぶっ」

信長に掠め取られた。熾火おきびのように燃える怒り!
火鉢の火にかぶせてくる描写ですね。すてきです♡

織田が寺社からありあわせのものを奪って二条城作ったというフラグがここで回収。

妖怪「かえせかえせかえせ~」

わたし「金髪豚野郎ひっかけてんのかな…」
だんな「そりゃかけてるでしょ」

金髪豚野郎がトレンドに上がっているかどうか、あとで確認せねば。
力はさらなる力にふみつぶされるもの。



叩かれる駒ターン。製薬会社、うさぎのロゴマークまで作ってる。
転売ヤーふたたびだ。

わたし「やっぱり駒ちゃん関わってきたね~!」
だんな「こいつ(転売ヤー)が誰になるかが問題だ」
わたし「(ええ…?)誰かになるか…?」
だんな「こいつは寺に行くんでしょう?」
わたし「らしいね」
だんな「…こいつ、佐吉になるじゃないの?」
わたし「ええええええ~~?」

い、いや…それは…。さすがに、ならないんじゃないでしょうかね…。

と冷静に考えながらも、頭のどこかで、もしそうだったら、会社の歴女ちゃん(石田三成至上主義)がどんなにか喜ぶだろうか…、と考えていた。
一瞬、LINEしようかとまで思った。



長島の一向一揆。
だんな「あぁあ~のぶおきさまぁ~~!」
わたし「すきなの?」
だんな「ううん知らない」
雰囲気かよ!
だんな「また弟が死んだ。もう有楽斎ぐらいしかのこっていない」

豚野郎覚恕を動かしたのは反明智の摂津、というわけでもなさそうだ。

って、菊丸さんー!そんな所にいるんかーい!
覚恕のセキュリティチーム、ザルやな。

わたし「悪人と悪人て感じ。『おぬしも悪よのう』の」
だんな「もはや叡山はだめです」

床刺せよ。
「曲者ぉー!」って。
もしくは、セキュリティはザルなので、菊丸が暗殺した方が話は早いのでは。



そして菊丸(徳川?)は、本当に明智さまに伝えてた。
「家康さまの忍」て、さらっと言ってるけど、菊丸と再会したのかしら?

京を捨てることを検討しているこの信長、わりと器がちっちゃい。
今までもそうだったけど、天下布武をかかげて統一を果たそうとする、そんな第六天魔王の感じがしない。

十兵衛「今までの苦労が水の泡というわけでございますか」

鋭い目で見通す。
十兵衛、失望のあまり、鋭い皮肉を繰り出した!

「美濃の衆も帰蝶さまもさぞお笑いになりましょうな」

これはカチンとくる。

今までがアゲ↑アゲ↑で優~~しく接してたのがはじめて皮肉を言った。
けど、そのはじめてがけっこうヤバい感じ。
トラウマに触る、かなり痛い皮肉だ。

何気ないシーンなんだけど、これは大きな分岐点ではないか。
もしくは超・特大フラグ。
ちょっとドキドキしてきた。

だんな「姿かたちが出せないんならせめて名前出さないと」

な、なるほどぉ~。帰蝶さまのことか。
まあ、出なくてもおかしい局面じゃないんだけど、しかし本当に出ないからな…。

信長、言い返そうとして、逡巡する…。
(でも、その逡巡も、ほめるかほめられないかであって、天下は如何にということではない…)
少し弱気になった。
このあたりが、染谷君がじつに上手~い!

いなくとも帰蝶のイメージも強い。
あの強い態度で美しくどかんと座って待ってたら、えらい迫力だろうな。

光秀が和睦の一言を出すと、「帝づてだ」と信長が自分でその結論に行きついた。
もう公方さまを自分ですっとばしてる。
将軍の立場形無しだ。





わたし「顔が!」
だんな「か…完全に素顔を出した!」

玉三郎さま!神々しく福々しい。お肌がつやつやだ。

ギャンブル依存症が、帝の意思を確かめている。
もう、こうなったら懐刀じゃないですか。

念のためフォローすると、帝は外の世界を知る由もないお立場におられるので、こうして市政の情報を得るためにもギャンブル依存症の路線を大切にしていたのだと思われる。

わたし「これすごい碁盤だな」
だんな「掘ってない。盤に墨が入ってる昔のやつじゃない」

って、こっちがフォローするまでもなく、帝みずからなぜ医者がこんな所まで来てるかのフォロー入った。

玉三郎に庇われるマチャアキ。
弟豚野郎、女色以外は全部ギャンブル依存症と同じじゃん。


またしても感想3まで続いてしまいました。
長すぎ。



>>「麒麟がくる」感想#33-1
>>「麒麟がくる」感想#33-3

 ≫ 「麒麟がくる」感想記事

明智光秀を通して描かれる戦国絵巻。仁のある政治をする為政者が現れると降り立つ聖なる獣・麒麟(きりん)を呼ぶのは、一体どの戦国武将なのか…新たな時代の大河ドラマが今始まる!(C)NHK


 ≫ 歴史系記事

書籍の本だな【広告】
孫子日本語で一番大事なもの日本奥地紀行



 Twitter(≫ @mwagtail30
 ≫ HP「オニグルミの森」
 ≫ note
 ≫ 児童書おすすめブログ
 ≫ なろうのマイページ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ



スポンサーサイト