料亭予定地

【麒麟がくる】#32-1 「反撃の二百挺」感想【大河ドラマ】

2020/11/20
ドラマレビュー




大河「麒麟がくる」 ネタバレ感想 #32-1 「反撃の二百挺」


何かの番組で流れたTwitterの紹介で(帯状に次々に表示されて流れていくやつ)
「敵は本能寺の蟻」
ってあって、笑ってしまった。

やっと追いついた。
ここ数日、必死こいて「麒麟がくる」ばかり見てた。
とても楽しかったのでOKです☆


*ここからネタバレを含みます。
>>「麒麟がくる」感想記事まとめ

麒麟がくる(NHKオンデマンド)

明智光秀を通して描かれる戦国絵巻。仁のある政治をする為政者が現れると降り立つ聖なる獣・麒麟(きりん)を呼ぶのは、一体どの戦国武将なのか…新たな時代の大河ドラマが今始まる!(C)NHK



◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇




相変わらず、濃い色の着物がきれいだなあ。
義昭「負けじゃな」
十兵衛「引き分けでございます!!」

すごいごり押し。

義昭「三日も眠れず過ごした」
摂津「それがしも三日も眠れず過ごした」

十兵衛、コナン君かよ(笑)
言葉尻を捕えて完全論破、ぐいぐい責める。
まだ戦の余韻が残っているのかも。

今度は十兵衛が昔話をはじめたぞ。
相手は公方さまだ。

だんな「コロナで合戦シーンを出せなくなってしまいました~」

静かながらもぐいぐい責める責める。

十兵衛「なぜ戦の場、そこにおられぬか。よき世を作るために!」

ぐいぐい。

死地を抜けて一皮むけたのか。
でも十兵衛の真摯な思いは、義昭には届かずに通り過ぎていく。

多分、同じことが信長でも起こるんでしょうねというフラグでもあるかも。

だんな「引っ張るな~」
わたし「え?}
だんな「7分だぞ。歌がない」
わたし(クレジットタイムのことか…)
だんな「よっぽどターニングポイントなんだな」

わたし「しかし苦労してるな~脚本も」
だんな「そりゃあ仕方ないよ。次から次へと色んな予定が狂っちゃった。とっくにもうクランクアップしてる時期なのに」



クレジットタイム

だんな「筒井順啓だーー!!」
わたし「あなたの好きな人」
だんな「六歳で筒井家を継いだんだぞ(得意そう)」

館だ!十兵衛に館が出来たぁ~!
一族郎党の待つ家が…。

十兵衛「たま(ニコニコ)」
だんな「たまばっかりかわいそうだろ」
わたし「ひいきだわね」

やはり複数人子供がいると、そこは過敏になる。

だんな「かわいそうだろ、長女なんかさちうすなのに…。荒木村次に嫁いで信長に謀反起こすから離縁して左馬之助と結婚させて両方とも…(長い)」

みんな「お帰りなさいませ~」
死地を越えて帰ってきたこれは嬉しい。(坂本城で死んじゃうけど…)

わたし「やっと一国の主っぽくなったじゃん」
だんな「いやいやまだ領地もありませんし」

母上は美濃に残った。
わたし「どうすんだろうね母上」
だんな「そうだよ母上も死なないと!あーどうすんだ~。磔シーンがあるのに~」
お前が頭を抱えても仕方ない。

娘たちがやってる論語の箇所

ここにこの論語をはさんでくる所がすてき。



境で秀吉とツーショット。
藤吉郎の白系の着物もきれい。

今井宗久宅

今朝ほど250挺買い付けがあったので手持ちがない。
秀吉さんの情報網でもわからないの?ねこのけつまで調べてるんじゃなかったの?

今井宗久「商い相手の名は秘中の秘」
だんな「じゃあ言わなきゃいいじゃん」
絶妙なタイミングで突っ込んだので笑ってしまった。

「誰にも漏らさぬゆえ↑三好に売るのではあるまいな↓」
ブラック秀吉が現れた。

お茶会に行くことになったツーショット。
秀吉「わしも、かな?(横目)」

秀吉、お茶を練習させられてる。かばってもらうしお茶は習うし、あらゆる意味で大恩人じゃん。

茶会で着てる秀吉のこの白地の着物の紫の柄、最初は鳥かなと思い、「わしにも羽はある!」と言ってたしなと思った。
それからよ~~く見て見ると龍か!思うところあるな。






わたし「ここらへん、あなた面白くてたまらない所じゃないの」
だんな「筒井くんはあなたにすごい尽くしたじゃないですか。山崎には参加しなかったし」

現実↓
筒井順慶 - Wiki
光秀は謀反に際し、自らの与力的立場にある近畿地区の織田大名たちが味方してくれることを期待していたが、このうち18万石(大和の与力を合わせると45万石)の順慶と12万石の細川幽斎が味方しなかったことは、その兵力の大きさで致命傷となった[20]。


だんな「興福寺の坊主だから義昭といっしょだよ」
へーそんな所でつながりがあるのか。

こまだ!
大人の女の余裕を見せる。
もう十兵衛の名前一つで顔色変えてた小娘ではないぞ。
(そういえば、口調もチャキチャキじゃなくなって落ち着いてきた)

と思ったら、やっぱり帰蝶と同じく、十兵衛の噂をメッチャ流す。

秀吉「一生付いて行こと思うております」
十兵衛「思うてもおらんくせに(珍しくツッコミ)」
秀吉「はははははは」

何か絶妙なボケツッコミする相方になってきた。

>>「麒麟がくる」感想#32-2

>>「麒麟がくる」感想記事まとめ

書籍の本だな【広告】
食っちゃ寝て書いてみどりのゆびつめたいよるに



>>Twitter(@mwagtail30
>>細々やってるHP
>>note
>>児童書おすすめブログ
>>なろうのマイページ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ


スポンサーサイト