料亭予定地

【麒麟がくる】#31-2 「逃げよ信長」感想【大河ドラマ】

2020/11/20
ドラマレビュー




大河「麒麟がくる」 ネタバレ感想 #31-2 「逃げよ信長」

>>「麒麟がくる」感想#31-1

明智光秀を通して描かれる戦国絵巻。仁のある政治をする為政者が現れると降り立つ聖なる獣・麒麟(きりん)を呼ぶのは、一体どの戦国武将なのか…新たな時代の大河ドラマが今始まる!(C)NHK


 ≫ 「麒麟がくる」感想記事


*ここからネタバレを含みます。






5分後
わたし「あずきは?あずきないの?あずき…」
だんな「お市と長政も、ちょいしか出なかったからな…」

ここまで小豆小豆小豆って連呼しつづけてきて、最後まで信じてたよ。
小豆袋を左馬之助づてに十兵衛が渡すのかもって!!小豆が消された!
だんな「仕方ないこれは光秀のドラマだから(達観)」

しかし、ここからがよかった!
すごくよかった!

ものすごく順序だてて、信長と視聴者に教えてくれる。

信長「帝に褒めて頂いたのに…逃げることなどできぬぅ~!」
唾飛んでる。ソーシャルディスタンスしないと。

どこまでも冷静だった十兵衛が、体を張って激昂の信長を止める。

十兵衛「織田信長は、死んでは、ならんのですー!!」
決め台詞!!

わたし「こんなことを言ってくれた人が裏切ったら、もう是非に及ばずっていう感じだわね♡♡♡(感動)」
だんな「いやいや、こんなこと言わないから」

わたし「うわー十兵衛、背中の桔梗紋が綺麗だなー」
だんな「すぐ家紋とかかぶせてくるんだから…」

先に軍議に戻った。最近、周りがワーワー言ってるとすぐ目をつぶるね十兵衛。

信長(うなり声)
みな「!?」
信長(うなり声)

すごい。

みな「どよどよ…」

こりゃすごい。

鬼気迫る演技なのか笑えばいいのか困るが、とにかくすごい
コロナで戦闘シーンが出来ない分のドラマを、顔芸と演技で十二分に補った。
自分をなんとか落ち着かせた信長「わしは逃げる」
だんな「狂気の信長がこれからはじまる」
ふむ

ここに関しては、フォロワーさんのこのツイートが最高に最高に笑えた。



皆にてきぱきと采配する十兵衛がかっこいいー。
秀吉が、しんがり仲間を申し出る。頼むことにしてんのか。

藤吉郎「わしには年の離れた妹がござった…」

ここで!?いきなりここでまで、昔話せんでいいわ!
最後は口を濁して言わなかったけど、お芋を食べちゃったのね?
この浅ましい自分に生きる値打ちはあるのかと~云々。長くない!?

藤吉郎「わしにも羽はある!!」

これはよいセリフ。十兵衛さんは、いい人だからこういう気持ちはきちんと受け取ってくれる。

だんな「左馬之助のうさぎだー!」
十兵衛「高い志があったとしても、うつつの世は力を伴わねば変えられぬ」
現実に目覚めた。



公方さまは相変わらずの丸投げで、行くのは駒の所か。
でも、まだチャリティの話してるから、ラブのお話をしにきたというわけでもなさそう。

信長が負けたことで、義昭の中にくすぶっていた不信と不満が顕在化する。
敬われ、従えるには、力が必要なのにね。では力なきものに理想をかたる資格はないのか?というと、そんなこともないと思うので、今後の展開を見守るのみ。



藤吉郎との再開に手を手を取って喜ぶけど、泣きつかれる。

秀吉「誰も信じてくれませぬ~!(´;ω;`)ウゥゥ」
わたし「誰にいじめられてるの?」
だんな「ぜんぶ」
十兵衛「憤怒!」

何度でも言うけど、たまに感情的になった時の十兵衛が大好きだわ。
秀吉との関係性がすごい萌える。

あとで藤吉郎のあれが嘘かどうか論争になっていた。
全部が全部嘘ではないと思うのだけど、勝家の、別に何も思ってなさそうな「?」「どうしたの?」みたいな感じとか、しんがりが生きて戻ったのか!みたいなのが無いのがまあ、そう言われても仕方ないかな?

でもきっと十兵衛がキレても、周囲はあまり気にしないんだろうな。
そういう人いる。普段が穏やかで理性的で信頼されてるので、キレてるのに「?」で終わらされる人。





誰にも会わないのに十兵衛には会う信長。
帰蝶にも帝にも負けたって言わないといけない?トラウマ刺さりまくり。

わたし「誉められないとかがっかりされるとか、そんな人じゃなかったような気がするけどな。誰にどう思われようとどうでもいいという人だったと思うけど…」
だんな「この、麒麟っていうドラマのなかでは信長はそういうひと。それでいいんじゃないの」

十兵衛並の模範解答出してきやがった。

しんがりはつとめるわ、渾身の力を込めてアゲ↑アゲ↑するわで、子供気質の信長を必死でおもりする十兵衛。

麒麟の声が聞こえるのは、十兵衛だけなんだよー。
その声が信長を討てって言うんでしょ!

とりあえず、慰めミッション成功。
主従の絆みたいなのが生まれはじめてるのを感じる。



次回予告

わたし「だれ!?」
だんな「つついじゅんけいだ」

わたし「帰蝶出なかったね」
だんな「予定がいっぱいいっぱいなんだよ。まあ、今日は出なくてもおかしな回じゃない」







1へ>>「麒麟がくる」感想#31-1

 ≫ 「麒麟がくる」感想記事

明智光秀を通して描かれる戦国絵巻。仁のある政治をする為政者が現れると降り立つ聖なる獣・麒麟(きりん)を呼ぶのは、一体どの戦国武将なのか…新たな時代の大河ドラマが今始まる!(C)NHK


 ≫ 歴史系記事

書籍の本だな【広告】
夜と霧日本語で一番大事なもの影の現象学



 Twitter(≫ @mwagtail30
 ≫ HP「オニグルミの森」
 ≫ note
 ≫ 児童書おすすめブログ
 ≫ なろうのマイページ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ



スポンサーサイト