料亭予定地

【麒麟がくる】#30-3 「浅倉義景を討て」感想【大河ドラマ】

2020/11/19
ドラマレビュー




大河「麒麟がくる」 ネタバレ感想 #30-3 「浅倉義景を討て」

*ここからネタバレを含みます。
>>「麒麟がくる」感想記事まとめ

>>「麒麟がくる」感想#30-1

麒麟がくる(NHKオンデマンド)

明智光秀を通して描かれる戦国絵巻。仁のある政治をする為政者が現れると降り立つ聖なる獣・麒麟(きりん)を呼ぶのは、一体どの戦国武将なのか…新たな時代の大河ドラマが今始まる!(C)NHK



◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇




若狭の武藤なにがしを討伐か。
表立って浅倉と言わないわけね。

帝からの勅命とのことで、幕府に織田が命令するという逆転現象。
まあ、お膳立てしたのは十兵衛てことになってるので、説明責任は果たさないといけない。

義昭「和議の仲立ちをするのが将軍の役目と思ってるので…(逃げ)」
これもまた一理あるけど、要は織田以外の武将もにらんでるから、過剰な肩入れは避けたい。三好が織田に替わっただけにもしたくないんだろうな。

ここで行かなかった義昭のどっちつかずの態度が遺恨となるぞ!
十兵衛の困惑顔。
わざわざ、義昭の顔を立てて、武藤なにがしにしておおっぴらに浅倉じゃないことにしたのにね。

十兵衛だって、浅倉には世話になってたけど、でも今にして思えば、すごく用心して距離を置いてたな。
若干、ムキになる十兵衛。
ここで、越前脱出のときのことを蒸し返してしまった!
み、み、みつぶちさんこれは…。
さっきからずっと、苦悩に満ちた顔してたフラグなのか。

摂津、まさかのこここで全暴露。
ユースケ浅倉氏は「古き友じゃ」なんて言ってたけど、片棒をかついでた。
悪い事には全部関わってますなわかりやすい悪人だ。

罪を負っている人たちに対して、その悪事で多少なりとも恩恵を受けてしまっていた。
多少の多→義昭
多少の少→十兵衛

大事は皆の力で為すという台詞、この場合の皆というのは、利権で手をつなぎあってる集団のみのことをさす。

もし、天下を「たいらか」にするつもりが本当に義昭にあるのなら、ここは出ていくべきだ、というのが十兵衛の考えだ。
みつぶちさんは罪の意識にさいなまれてるし、とても進言できそうにない。

だんな「ところがどっこい、負けるからな!」
わたし「あずきだ、あずきだ~」

こんな所で祭りだ祭りだのテンションのやな夫婦。



出陣だー!
勝家、秀吉の順にカメラを移した。もちろんトリは十兵衛。あたりまえ。

次回予告:織田信長は、死んではならんのですー!

だんな、噴き出す。
いや笑わんでもよかろう。
だんな「おおっ、お、まえが、いうかー!」



この後、なぜか茶器について延々とした話になってしまった。
いや、おっさんず鑑定士(もはや元の名前のかけらもない)の前に並んでいた美術品がすてきだったから。

だんな「曜変天目茶碗とか、何種類かある。あと花入れね。お花を飾る花瓶みたいなものだよ」
わたし(お前…馬鹿にしてんのか?花入れぐらいわかるわ!)←でも言わない。

わたし「それでボンバーマンが壊しちゃったのが平蜘蛛か。だけどあの九十九髪茄子は戦火の中で残ったんだねえ!」
これはほんとにすごいことだ。

「おれは曜変天目茶碗のほうが好きなんだ」

検索。

「わーきれい!なにこれ、すごい」
本当に美しかった。すばらしい。美しい。

茶器は川端の千羽鶴の影響で、志野のイメージが一番強かったけど、これは華やかだ~!
国宝でした。すごい。

わたし「これだれの?」
だんな「誰のっていうより、その時代に焼いたらこうなるのがある。偶然の産物」
わたし「福建省だ」

曜変天目茶碗 - Wiki

しかし、Wikiの写真の曜変天目茶碗よりも、普通にYahoo!検索で「画像」にした方がずっとインパクトがあった。

曜変天目茶碗 - Yahoo!画像検索






わたし「あなたあれでしょ。信長の野望でこれ贈り物にするから詳しいんでしょ」

だんなの「長い長い信長の野望の話」がはじまった。

曜変天目茶碗を武将に与えると政治が上がる。茶器は政治が上がって、書物は知力、刀は武力が上がって鎧は統率が上がるわけ。それが一等級から16等級ぐらいまで何種類もある。ミニイベントみたいなので、クイズ大会みたいなのがある。そのクイズの中で、伊達正宗にわたったのは何ですかとか出てくる。
基本、九十九髪茄子、平蜘蛛の茶釜、このあたりはもう、一番の名器だってその時代から言われてるから、有名中の有名。

だんな「曜変天目は実際に写真を見たときに、あっ、これは本当にすごいって、覚えてる」
わたし「いやほんとにきれいだわ」
だんな「天目っていうのが、宇宙を表してるとか、なるほどねって。確かにこんなのがあの時代にあったらびっくりするわな」

わたし「十兵衛とか、文化に造詣が深そうだからなあ」
だんな「九十九髪茄子も、本能寺で探して掘り出してるし、坂本城が落ちる時は、左馬ノ助が文化財は引き渡してる」
わたし「やっぱり、そういう文化遺産はなくしちゃいけないという意識があったのね」



あんな貧乏してても教養人、いいわあ。
しかし、越前の貧乏生活が長すぎ、京都編もこれだけじっくりやるとなると、今後いったいどういうスケジュールになるんだろう。




>>「麒麟がくる」感想#30-1

>>「麒麟がくる」感想記事まとめ

書籍の本だな【広告】
大どろぼうホッツェンプロッツ(全3巻)カモメに飛ぶことを教えた猫旅ごはん



>>Twitter(@mwagtail30
>>細々やってるHP
>>note
>>児童書おすすめブログ
>>なろうのマイページ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ


スポンサーサイト