料亭予定地

リアル昴!映画「ボリショイ・バレエ 2人のスワン」感想 2

2020/10/24
映画レビュー




リアル昴!映画「ボリショイ・バレエ 2人のスワン」感想 2


映画の感想を記事を分けてまで書くなんて、珍しい。
多分、もともとバレエが好きな上に、認知症のおばあちゃんが相当に心に刺さったのだな。

どんな業種にも、あることだろうが、指導者も決して絶対ではなくて、間違いもすれば年も取る、ボケもする。実に人間らしかった。

ボリショイ・バレエ 2人のスワン(字幕版)

ボリショイ劇場擁するバレエ・アカデミーに入学した2人の少女。貧しい炭鉱町出身で伸びやかな身体と才能を持つユリアと、お金持ちの家に生まれ美しく気高い容姿を持つカリーナ。カリーナの優雅で完璧な踊りは生徒の中でもひときわ輝き、講師陣期待のエリートとしてプリマ候補に。



リアル昴!映画「ボリショイ・バレエ 2人のスワン」感想 1はこちら

>>映画の感想記事まとめ


*ここからネタバレを含みます。



◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



最初に、踊り方を教えてくれて、ユリアを受け入れてくれてお友達になった子、カリーナは、すべてにおいて主人公の強力なライバルとなる。

カリーナは何から何までユリアとは違う。
富裕層でお育ちがよくて、おっとりして純粋で冷静。若干潔癖症の気味がある。
優等生のお嬢さま。

(お蝶婦人やベルばら系のお嬢様とはちがいます)

彼女が好意を抱いてる男も、このライバルのカリーナの方が好きだ。
恋心をつぶされたとき、ユリアは衝動的にビルの屋上から跳ぼうとする。

このビルの屋上は、相当に離れている向こう側のビルへ、あのおばあちゃん先生が若い頃に飛びうつったという伝説がある(ということになっている)

しかし、ぎりぎりで踏み留まり、途中で飛ぶのをやめるが、これはかなり見ているこちらとしても、ぞっとするひとこまだった。

このユリアが情動的な性格であるというだけではなくて、「人にはもうヤケになって、どうでもいい、どうなってもかまわないという瞬間がある」と…。
それは確かにある、と思わせた。



主人公ユリア、彼女は常にがけっぷちにいる。
足元には深淵が穴を開けて、いつでも飲み込もうと待っている。

今回はかろうじて踏みとどまったが、「越えられなかった」のは事実。
それだけが残る。



卒業公園のプリマは、ユリアにするとおばあちゃん先生が決定するのだが、副院長みたいな女性は大反対だ。

ユリアとカリーナの実力は拮抗しているのだし、カリーナは踊りや精神が安定している、富裕層であり学校への親からの寄付が見込める、などなどさまざまな理由はある。

このおばあちゃん先生、ユリアへの愛情と才能への理解はありがたいのだが、何といっても認知症なので、肝心なときにユリアにとってろくなことをしない。

大事なところでいつもヘタをうつ。
その時の何とも言えない不安そうなびくびくした上目遣いの感じ、母を思い出してつらい。似すぎている…。

最初はイヤリングをあげたあげないの騒動だった。
次はこの卒業公園のプリマの話だ。

ライバルであるカリーナの母が、プリマは誰になるのか、直接乗り込んで探りに来る。

おばあちゃん先生、ユリアが用意してくれた名前を書いた写真を一生懸命見て思い出そうとするのだが…。

直前まで覚えていたのに、なぜだか、カリーナのママを、貧乏生活で来るはずのないユリアの母だと勘違いしてしまう。

なぜ。
認知症を知らない人はイライラするだろうが、もうこれは、認知症あるあるのある~!なので、これが本当に「どうしようもない、避けられないこと」であるのは、身にしみてわかっている。

このおばあちゃん先生を、責めることはできない…。
どうしてこんなに長いこと来なかったの?となじり、
「あなたの娘、ユリアこそプリマよ!」
と、よりによってカリーナのママにばらしてしまう。






カリーナの母はユリアを自宅に呼んで、お金で解決、プリマの座をカリーナに売ることを提案する…。

プライドを傷付けられ、ショックを受けたユリアは休暇に実家に帰宅。

バレエのことを理解もせず、プリマの話を喜んでもくれず、ただ生活に汲々としながら、自分を捨てた夫へのうらみを愚痴ることしかできない母親と、苦しむ弟の姿を見る。

スリをしてたのも、生活のためだったんだろうな…。

ここで、ユリアの自暴自棄・もうどうなってもいいわ!スキルが発動
(昴だ…)

衝動的に、ゆきずりで優しくしてくれた青年に体をまかせロストバージン。
(昴だ…)

まだ若い学生生活のときに、カリーナとシャワーを浴びながら恋愛について(というか有体に言えばセックスについて)話すシーンがあった。
カリーナは潔癖なので、バレエに一生を捧げるからHはしない、という。
そこで、とうに処女膜は破れてなくなっちゃってるよという冗談だか噂だかわからない会話もしていた。
(バレエの激しい動きのためだと思う)

処女膜云々はまったくの都市伝説だったことを身をもって知り、眠りこけて、プリマをきめる大事な会合に遅れるユリア。






プリマはカリーナに決定…。
労せずしてカリーナのママの思ったとおりにことが運ぶかと思われた。

が!
ここでおばあちゃん、最後の最後に意地を見せる。

イヤリングのときもかろうじて、何とかしたように、自分の失態を、ここで無理を通して道理が引っ込ませる、一発逆転を狙う。

今回は自分の失態と気付いているのかどうかはわからないが、なんと、昔ながらの自分の伝説のプリマの座を利用してコネを使い、有力者にねじこんだ!
このおばあちゃんの最後の意地、ユリアに対するしてあげられる最後の愛だった。

このあとに、副院長?の人になじられたり責められたり、あなた認知症でしょ!とかズバリ言われたりしながら
「そーよ、だから忘れちゃうの~♪覚えてないからゴメンネ☆」
と逆手に取ってしらを切るおばあちゃんェ…。


この後、卒業公園の直前に亡くなるのだが、もうこのおばあちゃんにはドキドキハラハラさせられっぱなしだった。

だがしかし、ユリアに対する愛と、才能への評価は本物だった。
ラストでこの子をここまで育てたのがこの人だったこともはっきりわかる。



この映画はバレエ映画の中でも割と地味な展開で、たとえば昴のように、数々の名作バレエ漫画のように、
コンテストで一発逆転!コンテスト中にどんどん進化している!
みたいな事は一切起きない。

技量は相当に拮抗している(らしい)し、ただ、その場その場における個人個人の判断があるだけだ。

ユリアは土壇場でカリーナにプリマを譲り、お金を手に入れた。

あーあーあー、なんでそんなことしちゃうの はした金のために~!!
プリマになっていれば、もっとお金が手に入っただろうに~!おばあちゃんの努力も無にしてからに!
と思うのは素人考えなのだろうか…。

衝動的に突き動かされ、おばあちゃんの最後の意地で贈られたプリマの座を受ける資格は自分にはない、と考えたのかもしれないし。
だがユリアは多分、母のためというよりも「いま」苦しんでいる弟を見過ごせなかったのだろう。
進学もあっただろうし。

ユリアはこうして、おばあちゃんを亡くし、プリマの座も譲り、すべてを失った…。


>>感想 3

>>映画の感想記事まとめ



作者:曽田正人 / 出版社:小学館 / レーベル:ビッグコミックスピリッツ

病床に伏す双子の弟の前で、日々の出来事を踊り続ける少女・宮本すばる。過酷な日常と大きな悲しみが、彼女の才能を育んだ。天才の名を欲しいままにする、最強のバレエダンサー。激しくもはかなく、そして美しい、命を削る魂のバレエ!その舞姫伝説が、今、始まる――!!




Amazonプライムのたな【広告】
海街diary劇場版 ダウントン・アビー (字幕版)ブーベの恋人 (字幕版)



>>Twitter(@mwagtail30
>>細々やってるHP
>>note
>>児童書おすすめブログ
>>なろうのマイページ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ


スポンサーサイト