料亭予定地

リアル昴!映画「ボリショイ・バレエ 2人のスワン」感想 1

2020/10/24
映画レビュー




リアル昴!映画「ボリショイ・バレエ 2人のスワン」感想 1

(当時は)トレンドでおお流行りだった「来る」を観ようと思っていそいそプライムを開いたのに、全く関係ない「ボリショイ・バレエ 2人のスワン」なんて見てしまい、目が離せなくなってしまっていた。

これは、これは、リアル昴だー!


ボリショイ・バレエ 2人のスワン(字幕版)

ボリショイ劇場擁するバレエ・アカデミーに入学した2人の少女。貧しい炭鉱町出身で伸びやかな身体と才能を持つユリアと、お金持ちの家に生まれ美しく気高い容姿を持つカリーナ。カリーナの優雅で完璧な踊りは生徒の中でもひときわ輝き、講師陣期待のエリートとしてプリマ候補に。



>>映画の感想記事まとめ


*ここからネタバレを含みます。



◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



「昴」とは曽田正人のバレエ漫画のことで、私がすごく好きな奴です。

サンデー連載していた序盤がものすごく良かった。
毎週、楽しみだった。


作者:曽田正人 / 出版社:小学館 / レーベル:ビッグコミックスピリッツ

病床に伏す双子の弟の前で、日々の出来事を踊り続ける少女・宮本すばる。過酷な日常と大きな悲しみが、彼女の才能を育んだ。天才の名を欲しいままにする、最強のバレエダンサー。激しくもはかなく、そして美しい、命を削る魂のバレエ!その舞姫伝説が、今、始まる――!!



さてこの映画、「ボリショイ・バレエ 2人のスワン(字幕版)」。
恵まれない家庭、突出したバレエの才能、気紛れでかっとなりやすい性格。

まあ、主人公はそんな美人ではない。
漫画の昴の容姿は夢のように可愛いけど、バレエ映画ではこれは仕方ない。

バレエの実写映画はとにかくダンスが問題なので、
(そこまで上手かどうか、見分けることができるわけじゃないけど…)
何となく気迫のある、唾を飲むようなダンスというのはあるように感じる。

そこが重要なので、お顔についてあれこれ言いません。
って、そんなことをぐだぐだ言ってることじたいが失礼だ。



主人公は貧乏少女のユリア。
弟と組んでスリを働いているときに酒におぼれて道を見失った元ダンサーの男性に見出されたという設定だ。

ユリアは、人目を引きつけるためにコサックダンスを踊る。
その間に弟がスリをするというわけ。

話は、少女時代と若手の学生時代とを交互にやるため、たまにちょっと混乱する。
しかも、子役の顔と大人になってからの顔がまったく違う。
違いすぎる!
まあ、これはキャスティングも難しかっただろうな。



男はボリショイのバレエ学校を仕切っているおばあちゃんの所に連れて行く。
昔は高名なバレリーナだったらしい。
ピカソに絵をかいてもらったエピソードつき。

伝説の存在なので、この人に誰も意見できない。
貧乏少女は貧乏なので、おばあちゃんの部屋を掃除することでおこづかいをもらうことになる。

しかしユリアはお世話している間に、このおばあちゃんが認知症(たぶん)にかかっていることを知ってしまう。

主人公のこの子の性格は感情的で激しい。かっとなりやすいけど、情にもろい。
(昴だ…)
基本よい子なのだが、何せ育ちが悪いので、お嬢様なほかの生徒たちとはなじめない所もある。

しかし、バレエは実力がすべて!

この子の激しい性格、情動がバレエに隠し切れない味を与えている。
(フェリシーだ…)
そして、とにかくジャンプがすごい(ということになっている)

フェリシーと夢のトウシューズ(字幕版)

≪目指すはオペラ座の舞台! 情熱を胸にパリへと飛びだした少女の、夢に恋する物語≫19世紀末、フランス・ブルターニュ地方の施設で育ったフェリシーは、何よりも踊ることが大好きな11歳の女の 子。フェリシーは、いつかパリ・オペラ座でエトワールとして踊るという大きな夢を持っていた。© 2016 MITICO - GAUMONT - M6 FILMS - PCF BALLERINA LE FILM INC.





少女を受け入れてくれたのは、おばあちゃんともう一人、成績のよい(バレエのうまい)優等生でお金持ちのお嬢さまのカリーナという子。
このユリアとカリーナは、ライバルでもあり、友達でもあり、競うように大きくなって行く。

今回、私が妙にこの映画に注目する理由となったのは、主人公の貧乏天才少女を可愛がってくれる、認知症のお婆ちゃん先生だ。
この先生の認知症の行動パターンや言動の演技が、あまりにも母に似すぎてて、胸が詰まってしまいそうだった…。

ふとした時に記憶が消える。
キョロキョロとした目つき、今起きてる出来事と覚えている出来事に乖離があるため、何とかして説明をつけようとするが、あまりにも理解を超えているため頭が真っ白になり、言葉が出ない。
状況を飲み込んで行動移すまでにかなりの時間がかかる。

解せないといったふうに、何度も首をひねったり、口に手を当てたりして、驚いた顔で何度も周囲を見回す。
何か言おうとするけれど、バカなことを言って軽蔑されるのではないかと恐れ、なんとか取り繕ってみようとして、いっそうおかしなことを言う。

相手に当惑されたり、怒られたりすることへの不安にかられる。
どうやら間違えたことを言ったようだぞ?と気付いた時におびえ、キョドる。

動作が胸が痛いほど似ていてたまらない…。
こんなしぶいお話にたいして興味のない子供達までこのおばあちゃんに釘付けになってしまった。

目を離せない。
シーンと家の中が静まり返っている。



おばあちゃんのお世話をするユリアは、お育ちは良くないので生意気な口答えをしたりするのだが、認知症に対しては理解もあり、親切だ。

おばあちゃんはユリアに対して、才能もあれば親切にしてくれる嬉しさもあって心を開いている。
この子がかわいい。

しかし認知症なのでろくなことが起きない。
かわいさあまって、大切にしていた相当に高価なイヤリングをあげるシーン…。

なご助「あーあーあー!だめだめだめ!この婆ちゃん、忘れちゃうぞ
妹子が付け加える。
「あげたこと忘れちゃう~!!」

やっぱりそうなる。






(映画の)おばあちゃん先生は、皆のレッスンを見ているときにふっと耳たぶを触る。
(いつもと重みが違うので感覚的に気付くのだ)
そして、バッグの中を探し出す。

①ゴソゴソ服を触り
②ポケットを触り
③下を見て床に落ちていないか見て
④カバンを見…
⑤また床を見る…。

あまりにも(うちの)おばあちゃんそっくりだ。

少女ユリアは、おばあちゃんの気配がおかしいことに目ざとく気がつき、慌てて気付かれないうちにイヤリングを返そうするのだが…。
ルームメイトのチクりもあって窃盗の嫌疑をかけられ、バレエ学校を追い出されそうになる。

ユリアが皆の面前で罵倒されている途中でおばあちゃん先生、やっと「もしかして?」と気付くのだが…。

(このおばあちゃんはまだ、「もしかして?」と気付くだけマシなのであって、本物はまったく何一つ思い出せません)

この映画、余韻を見せるだめなのだか何だか、説明シーンをかなり省いているところがある。
結局このときどうなったのかも、「その後も追い出されずに踊っていること」でしかわからない。
有耶無耶なのだ。

ラスト直前の一番の勝負どころで、このイヤリングを着けるシーンがあるので、おばあちゃん先生が濡れ衣を晴らしてくれたのだろうことがわかるのみ。

(ラストでは、チクった子が白状して謝るシーンもある。嫌疑は晴れたのだろう。)


>>感想 2へ

>>映画の感想記事まとめ

Amazonプライムのたな【広告】
カフーを待ちわびて劇場版 ダウントン・アビー (字幕版)来る



>>Twitter(@mwagtail30
>>細々やってるHP
>>note
>>児童書おすすめブログ
>>なろうのマイページ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ


スポンサーサイト



Ama Mew(天海悠)
Admin: Ama Mew(天海悠)
へっぽこ自家発電物書き。アニメ漫画書籍全般雑食です。クセ強め。
富野信者。イクニ。古典。児童書。
自分のことは盛大に棚に上げてレビューを書いたりします。

HP(料亭跡地)note(書籍レビュー中心)
Twitter @mwagtail30
映画レビュー