料亭予定地

愛の鳥   グリーン・グリーン 1

2019/06/15
長編小説






 まどろみから醒めて窓を開け、少女は声を上げた。窓の下から、一面の緑が目を刺すほど鮮やかに立ち昇って来る。

 所々にき散らされた家が、垣根まではっきり見えるほど、飛行機はみるみる地面に近付いている。

 少女はふと手を伸ばしら指で窓をでた。ガラスの外側に付着した水滴が凍り、駒かい氷の結晶になっていた。窓の向こうはるかかなたの空から真っ直ぐ地上へ降りる飛行機雲が縦に走る。揺れる翼が斜めを向き、雲と翼、貼り付いた氷の結晶が一瞬、すべて重なって彼女の瞳に映し出されていた。あっと唇を開く間に消え、通り過ぎて行く。

 まるで神様のプレゼントみたい。

 心がわずかに浮き立った。体を包んでいた不安のとばりをもう感じない。

 目を凝らして窓の外を見下ろした。まだ高度があるなのに、見渡す限り山らしい山が見当たらない。見慣れない形の雲に遮られながら目を凝らすが、山脈がない。広大な内陸の平地があった。

 割れない国だわ。少女はつぶやく。

 理由を言葉にすることはできなくて、直感でそう感じた。ひたすら平らな、緑また緑の平野に足を踏みしめて立ったなら、ここに生を受けたなら、足元が揺れてひび割れ、崩れて飲み込まれることや、海が壁となって押し寄せる事などあるわけがないと固く信じて生きていくだろう。

 隣の夫婦が今度は偏西風の話をしている。

「アンテイリクカイと、セイカイガンセイキコウだよ、学校で習っただろ?」

「そんなのとっくに忘れちゃった」

 飛行機がわずかに下へ傾く頃には、窓にこびりついた結晶は溶けていた。今度は太陽に照らされてキラキラ、細かい粒となって砂糖のように光る。

 激しい揺れが隣の夫婦共々、乗客全員を襲った。少女は吐き気をこらえてひたすら額を抑えていた。生まれてはじめての飛行機だったが、離陸はこれほど揺れなかったような気がする。むかつきが治まるのを少しだけ待って、最後の方でのろのろ降りた。観光が目的でもなく、望んで来たわけでもない。他に方法がなかったと体に言い訳するようにつぶやき、心が沈むのを感じる。それなりにときめきはあるのに立ち上がれない。下を向いていると、キャビンアテンダントがこちらを気にしてうかがう気配がして、少女はようやく立ち上がった。




続く




なろうのマイページ
https://mypage.syosetu.com/932660/
細々やってるHP
http://cappella.mitsu-hide.com/
note
https://note.mu/amamiyou

にほんブログ村 小説ブログへ


スポンサーサイト



Ama Mew(天海悠)
Admin: Ama Mew(天海悠)
へっぽこ自家発電物書き。アニメ漫画書籍全般雑食です。クセ強め。
富野信者。イクニ。古典。児童書。
自分のことは盛大に棚に上げてレビューを書いたりします。

HP(料亭跡地)note(書籍レビュー中心)
Twitter @mwagtail30
長編小説