料亭予定地

薔薇王の葬列 月刊プリンセス(2020年7月号) ネタバレ感想

2020/06/15
漫画レビュー




>>菅野文「薔薇王の葬列」の感想まとめ(自分用)

※ここからネタバレを含みます。






プリンセスを見直すのが恐ろしくて…
しかし、やっと手に取った。

ただ、萌えはふんだんかつ激烈にあるので読みたくはある。
あるのだけど、最後のページのショックが大きかった~~。

バッキンガム\(^o^)/
今度こそ首と胴体さようなら\(^o^)/

もう、雑誌連載の「最後のページが怖い」というのは定番なのかな!?
作者がここからは怒涛のように早い展開と書かれていたが、あまり早くしないでほしいです。



さて読み返してみると、まず扉絵の説明が非常に非常に良かった。

「困惑よりも喜びがまさるバッキンガム」
って書いてあった。
そこの部分だけしばらく眺めてニヤニヤしてしまった。

絵もたまらない~!
愛に縛られている二人…。

コミックスになったとき、この扉絵についてる説明文がなくなるのはちょっとさみしい。
(文字がない分、超・美麗な絵はよく見えるのだが…)



リチャードが妊娠を受け入れられないのを受け入れられないバッキンガム公。
今まで、リチャードが悪魔の体であることの意味や、コンプレックスや危険性など、誰よりも理解していたはずのバッキンガムだったのに…。

「〇〇はそれを我慢できない」という題名が、本か漫画か何かでなかったかな。
今回のに題名をつけるとしたら「男(バッキンガム)はそれを我慢できない」って題名にするだろうな。

バッキンガムが完全にプッツンきてしまったのは、堕胎への言及だった。

とにかく、これだけ女面が強いリチャードが男として育ってしまったのも、固執するのも、すべて「母親」という存在への嫌悪だ。
母がリチャードに嫌悪を持っているように、リチャードは母に嫌悪を持っている。
母親、というキーワードにトラウマがありすぎる。

原作であれば、母親はリチャード(むろんこちらは男)を呪っていたが、本人はそこまで母親に憎しみを抱いていたかは微妙だった。
どちらかというと愛されないことに卑屈な思いを抱き、あきらめてはいても、どこかに思慕はあったような気がする。
最後まで殺さなかったし。

しかし、薔薇王のリチャードのこの反発の仕方は娘だな~と思う。
女同士だからこそ感じる、強い忌避の感情のように思う。ネタが妊娠だし…。

やはり、リチャードは女面が強い。

足りなかった愛情をやっと完璧に埋めてくれる人を見つけたのだから、やっと満たされて落ち着いていたのに。

読んでいるこちらの立場としては、でばがめティレルがいるのでまったく落ち着いて見られなかったが、バッキンガムのことをヘンリーと呼べたときが、リチャードにとって最高の瞬間であったはず。
そんでもって多分バッキンガムにとってもそうであったのではないか。

何となく、リチャードにとっては、妊娠よりもバッキンガムの愛を失ったのではないかと思っていたことの方が、ショックの比重が大きかったような感じがある。

二人きりで話すことを拒むバッキンガムに傷付いた顔をしたり、Hには嬉しそうだったり。
ぜったい、ちょっと妊娠のことも忘れていたよね?

それとも、妊娠はいままで男として生きようと努力してたリチャードにとっては、あまり考えたくない問題だったのかもしれない。

しかしバッキンガムはバッキンガムで、もうあの小屋の一夜あたりから完全にリチャードのことを女性として見はじめてる。

もともとの設定がふたなりな上に、倒錯に倒錯が折り重なってもう何が何だか…。
とにかく薔薇薔薇しいとしか…。





堕胎の言及にプッツンきたことで、バッキンガムは完全に目覚めたようだ。
まずはちょっと明晰な頭脳も働いてないので、薬を飲ませて監禁に及ぶ。

髪が伸びたら誰もわからないだろ!的なことを言うバッキンガムに私も
たしかに
と思ってしまった。

ドレス着てかつらかぶったリチャードほんとにほんとにきれいじゃったなーーー。
バッキンガムが頭がおかしくなってどうかなっちゃうのもわかるわ~。
(家庭も冷え込んでるみたいだし)

まったく顔を見せようとしないバッキンガムのおくさまだけど、バッキンガムの思惑が首尾よくいったらあっさり殺しそうで怖い。



さて、いったんは鎖を解いたが…。

どことなく裏を探ろうとしているアンはいったい、どう動くのか?

バッキンガムにそんなこと言われたからって、はいそうですかとヘンリーティレル君はあっさりとリチャード三世廃位のために動くのか?

何となく、そのバッキンガムの思惑「リチャード三世は死んだことにして、中身のリチャード&子どもをゲット」計画をする上で、今度こそティレルとリチャードが再会しそうな気がするのだが…。
ティレルはいつ記憶を取り戻すのだろうか。

それとも、ティレルが動くよりも早くバッキンガムは処刑されちゃうけど、ティレルはバッキンガムの遺志をよく覚えてて「リチャード三世」を殺し、リチャード&その子どもは助ける

みたいな展開になるのかなー?????

ずっとラストが怖い怖いと絶望してたのだが、
まさかリチャード三世のそのまんまの展開にはなるまい。
と最近、希望を抱きはじめた…。

あんまりにも薔薇薔薇しく萌え萌なので…。
しかし、心配でたまらない。

(バッキンガムのことは半ばあきらめたが、バッキンガムの子供はあきらめられない)




>>菅野文「薔薇王の葬列」の感想まとめ(自分用)

Ebookの本だな【広告】
修羅雪姫マネーの拳おんな教師



>>Twitter(@mwagtail30
>>細々やってるHP
>>note
>>児童書おすすめブログ
>>なろうのマイページ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ


スポンサーサイト



Ama Mew(天海悠)
Admin: Ama Mew(天海悠)
へっぽこ自家発電物書き。アニメ漫画書籍全般雑食です。クセ強め。
富野信者。イクニ。古典。児童書。
自分のことは盛大に棚に上げてレビューを書いたりします。

HP(料亭跡地)note(書籍レビュー中心)
Twitter @mwagtail30
漫画レビュー