料亭予定地

ジャンプ2020年24号 鬼滅、最終回!

2020/05/19
漫画レビュー




ままま、まさか終わるとは~!
すごい、すごいよ鬼滅の刃!!
あの集英社を振り切るとは!!


しかし、あまりたいした感想ではないです。
忙しくて……。


 
(ジャンプコミックスDIGITAL) 吾峠呼世晴 (著)
鬼の始祖・鬼舞辻無惨と炭治郎たちの戦いは最終局面へ…!! 珠世が身を挺して投与した四種類の薬が、無惨を衰えさせ、追い詰めていく。炭治郎と禰豆子、そして鬼殺隊の運命は!? 永きにわたる鬼との闘争、ついに決着の刻!!


 ≫ 「鬼滅の刃」系の記事


*ここからネタバレを含みます。






単純に時間がなかったので、当日に感想をUPしなかったのだが…。
あれこれ考えてはいた。

今の気持ちを表すのに、
「とまどい」
が一番あってるかもしれない。

いきなり頭を切り替えられなかった
妹子は鬼滅学園が大好きでよみこんでたからそこまででもなかったようだ。
しかしやはり困惑していた。

ショックというより困惑。



混乱の原因をあれこれ考えてみると、

・いきなり現代で、まだ無惨戦の余韻が残っているのに頭がついてこない。

・子孫(多分)なので、同じ顔でキャラが違いすぎるとまどい。

・あれだけたくさん出ていた鬼滅学園の設定ともまるで違っていた。

・子孫(らしきキャラ)と転生が混じりあいすぎていて、うまく整理できない。素直にのみこめない。

・その後どうなったか?が善逸ひいじいちゃんの言及をのぞけば、まったくといっていいほどなかった。

・あれほどのかたい絆だった、炭治郎と禰豆子の絆が最終回でまったくみられなかった。


特に最後のが大きかったかもしれない。
オールキャストなのはわかるのだが…。



妹子も困惑しすぎて、ずっと額にしわが寄ってるので
「ぜんねず結婚したんじゃないの?よかったね?」
と言ってみたが
「子孫じゃなくて結婚式が見たかった…」とか言う。
いやいや、それは望みすぎだろ!!!


それで、数日たってみると、なんとなくまあ、とにかく終わらせられて、本当によかったね。という気分になってくる。

そして、なんとなく作者の疲れがにじみ出ているような最終回だった。
ホントにホントにお疲れ様でございます。
あとは、アニメ班におまかせしましょう。
アニメの続きを楽しみにお待ちしてますよ、たのしみに!


 ≫ 「鬼滅の刃」系の記事

時は大正、日本。炭を売る心優しき少年・炭治郎は、ある日鬼に家族を皆殺しにされてしまう。さらに唯一生き残った妹の禰豆子は鬼に変貌してしまった。人と鬼とが織りなす哀しき兄妹の物語が、今、始まる--!©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable


 ≫ 漫画系レビュー記事

Ebookの本だな【広告】
JIN―仁―人間失格セブンティウイザン



 Twitter(≫ @mwagtail30
 ≫ HP「オニグルミの森」
 ≫ note
 ≫ 児童書おすすめブログ
 ≫ なろうのマイページ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ



スポンサーサイト



Ama Mew(天海悠)
Admin: Ama Mew(天海悠)
へっぽこ自家発電物書き。アニメ漫画書籍全般雑食です。クセ強め。
富野信者。イクニ。古典。児童書。
自分のことは盛大に棚に上げてレビューを書いたりします。

HP(料亭跡地)note(書籍レビュー中心)
Twitter @mwagtail30
漫画レビュー