料亭予定地

キルラキル1-1「あざみのごとく棘あれば」

2020/05/02
アニメレビュー




キルラキル1話「あざみのごとく棘あれば」-1

ぴょん吉、妖鳥シレーヌなどあれこれあるけど、それらすべてを網羅することは不可能なので、わかる範囲で普通にレビューする。

しかし流してみて思うが、展開が早すぎてレビューする暇もない。
わたしのキータッチもついてかない。


*ここからネタバレを含みます。

キルラキル

『天元突破グレンラガン』から6年の時を経て“今石洋之×中島かずき”の最強タッグ再び!父の死の謎“片太刀バサミの女”を追い求め、本能字学園に転校した流浪の女子高生・纏流子。本能字学園には着た者に特殊な能力を授ける『極制服』があり、その力と絶対的な恐怖によって生徒会会長・鬼龍院皐月が学園を支配していた。“片太刀バサミ”を知るという皐月。流子は皐月にその事を聞き出そうとするが…。その出会いは、偶然か、必然か。学園に巻き起こる波乱は、やがて全てを巻きこんでいく!(C)TRIGGER・中島かずき/キルラキル製作委員会




すっごく絵が細かい!!というのが最初の感想だ。
スラム街、どや街の細部まで描き込まれてる。めっちゃ好感度大。

美木杉先生が授業してる教室に蒲郡がなだれこんできた。
迫力がすごい。
カメラワークの切り替えもキレッキレ!

学園ものでギャグ路線であるなというのはすぐわかった。
グレンラガンはどちらかというとスタンダードに(…?スタンダードに…??)とりあえず、ストーリー展開を追う感じだったので、ちょっと違う方向で攻めてきたかな?と思う。

いきなり昭和臭がふんぷんとする(褒めてる)学園ものだ。
極制服を盗んだ生徒のぶん投げられ方も迫力満点。
最高の始まり方。

極制服を盗んだ生徒はモブであり説明キャラであるのはわかってるのだが、こぶとりなからだが服のおかげで締まってるのは笑った。
すごいほしいわ。

だが、この風紀部委員長、蒲郡にはきかない!
あとでわかることだが、ちゃんと茨の鞭を使ってるんだな(笑)

ぶっとばされて極制服を取り返されたこの生徒、これが記念すべき最初のはだかだった。
しょっぱなから完全なるすっぽんぽん。
ちゃんと石ころで局部を隠している。

鬼龍院皐月が綺羅星の如く登場。

恐怖こそ自由!
君臨こそ開放!
矛盾こそ心理!

服を着た豚ども
その真実に屈服せよ


ここだけわたしがいているのを割り込んで見た妹子が、異常に気に入ってしまい、何度も繰り返してる。
小学生「服を着た豚ども!恐怖こそ自由!」やめてほしい。

そしてやっと主人公、流子の登場だ~~!
私はとにかく流子が大好きなので、めっちゃテンション上がった。

あーもうこれ、私が好きなやつだわ。
スケバン刑事とか、それ系だわ。もう好きすぎる。
めっっっっっっちゃ好き。
と思いました。

だれにも邪魔されずに思う存分堪能できたキルラキルはわたしのツボに刺さりまくりだった。



ほぼ街である本能寺学園。
流子はレモンを丸かじりするすごいひと。りんごとかじゃないから。レモンだから。
しかしそのレモンをすられた。
すった又郎に対して流子
「人の食べかけのレモンを盗むなんてませてるじゃないか。そんなに初恋の味が知りたいのか」

絶対に絶対に絶対に、このセリフ「初恋の味」を言わせたいがために流子はレモンを食わされている。
間違いない。
というかレモンはかぶりつくものじゃないから。
いくらビタミンCを摂取したいと言っても、それはすっぱすぎるから。

又郎「ファーストキスぐらいすませてら!」
流子「じゃあもうこの世に未練はないね」

声もうまい。脚本がうまい!

時代錯誤のチンピラっぷり(笑)
住んでる連中もとち狂ってる(笑)


聞いてて楽しい。
字にしてみるとそうでもない所が、この勢いのよさは声優さん、演出、監督の腕のよさと、皆で盛り上げていこう!という気迫を感じる。

満艦飾マコ登場だ。
カツアゲを怒ってるから少しはまともかと思ったら、家族そろって無茶苦茶だった。

この文字通りとち狂ったハイテンションあっぱらぱー娘の満艦飾マコが好きになるかどうかが、キルラキルの評価を分けるとおもう。

だんなは「すべてがうるさい」「おたくっぽい」といって全然受け付けないみたいだ。
私はとりあえずマコに関しては中立だった。

とにかく流子。流子が好み。
あすかや、麻宮サキっぽい!



「わたし、満艦飾マコ!」とマコが自己紹介するよりも早く、わたしは美木杉先生に目を付けていた。
こいつは偶然にただ出てきただけの者ではない。
わたしのカンだ。
だいたい、不良少女にはこういうちょっと得体のしれない大人の男が付き物なのだー!

冒頭でやられたモブは本当にモブだった。
数秒で学生生活の日常のすべてをつめこんで現すマコ。

流子に「少しは落ち着け」って言われるほど。
ちょっとうるせえなと確かにわたしも思った。

出たよ蒲郡。二十代。
極制服のパワーについてマコの口から語られる。
「とにかくすっごいの。わかった?」
わかりやすいです。



いきなり、本当にいきなり真正面から鬼龍院皐月に挑む流子。
はさみが武器なのか!(いちいち驚いているようだが、さいしょに一話目を見た時のことを思い出してかいてます)
ヨーヨーかと思ってた。

はさみが武器、かっこいい!!

切るか切られるか
着るか着られるか

「片裁ちばさみの女」という語感もよい。
最初はボクシング部袋田か。
わたしはそもそもいい加減なので全員の名前をちゃんと羅列するつもりは毛頭ないが、こいつは最初なので姓くらいは書いておいてやる。(流子風に)

「ボクシングに必要なのは(略)その他」ってところで、グレンラガンを彷彿とさせてほわほわとなった。

「鋼鉄製ならみねうちの必要はねえな」なんて言ってた流子、めっちゃやられとる。
おんなのこなので心配になる。ぼろっぼろすぎだ。
というかね、バトルもので不良少女が戦うやつはとにかくボロッボロになるんよね。
しかしそこはお約束であまり×××な方向にはいかず、相手もバトル相手としてちゃんと扱ってくれるというね。要はボロボロ。

上から目線の皐月のポーズがうつくしい。
(むねでかいな)

どピンチじゃん。
しかも逃げた。
律儀におそばの出前ちゃんと置いていく。
今、おそばの出前やってて取ってるお店って、どのくらいあるんだろう…。


好きすぎて、あまりにも長くなってしまったので分けました。
続きはあした。多分。

(でも明日は月刊プリンセスが発売になるので、そっちが先になるかもしれない)



>>「1話ー2」に続く
>>キルラキルの記事まとめ

Ebookの本だな【広告】
風の呪歌 射干玉の髪の姫君SAMURAI DEEPER KYO 1巻アルキメデスの大戦



>>Twitter(@mwagtail30
>>細々やってるHP
>>note
>>児童書おすすめブログ
>>なろうのマイページ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ


スポンサーサイト



Ama Mew(天海悠)
Admin: Ama Mew(天海悠)
へっぽこ自家発電物書き。アニメ漫画書籍全般雑食です。クセ強め。
富野信者。イクニ。古典。児童書。
自分のことは盛大に棚に上げてレビューを書いたりします。

HP(料亭跡地)note(書籍レビュー中心)
Twitter @mwagtail30
アニメレビュー