料亭予定地

追悼のつもりが話がそれている荻野真「孔雀王」レビュー

2019/05/18
漫画レビュー




noteでしなくてもいい余計な心配(健康の)をしていた富野監督はたいへんお元気で、講演なんてしちゃってるニュースを見てたいへん嬉しかった。
ビバ・富野!

しかし、その富野御大に対してのRTのコメントに
御禿
と書かれているのを見て凝視してしまった。

あまり、毎日そんなに狂ったように富野御大に対するコメントを探しているわけじゃないから、すごい新鮮であるとともにインパクトがあった。
最近そんな言い方もしているのか。
それとも昔から割と言われてて私が知らなかっただけか。

これは、
おんはげ
と読むのかそれとも
みはげ
と読むのか。

それとも

おはげ


貴様!不敬であるぞ!
御大の禿から放たれるソーラ・レイ!





これは、孔雀王の作者の追悼のつもりの記事だったのに…
話がそれた。
それすぎた。


荻野真さんがが亡くなられた。
また昭和の作家がひとり。
しかしこのかた、まだ若い。
最近、若くして亡くなる方が多すぎる。

これが、昔私たちの祖父母が感じていた
「有名演歌歌手・有名落語家が亡くなる時の感覚」なのか…?
でもわりと、最近の子供にも割と北斗の拳、受け入れられているじゃないか。
孔雀王もぜひ若人たちにも読んでほしい!きっといけるから!

何かばばくさいコメントになってしまった。

孔雀王 (1) 死人返り
https://cache2-ebookjapan.akamaized.net/contents/thumb/s/OGOG0160.jpg?1527743388000孔雀王 (1) 死人返り

作者: 荻野真
出版社:サード・ライン

一切の諸悪を滅ぼす力と、美しい慈愛の相を持つと言われる孔雀王。その名を継ぐ、若き退魔師・孔雀が、この世の理から外れた鬼、怪(あやかし)、憑き物を断つ!! テレビ局で鬼が現れる事件が発生! 憑き物落としに駆けつけた孔雀が見たのは、視聴率のために追い詰められた弱者の、底しれない恨みだった……。神の力を顕現させ、神話の世界にまで足を踏み入れる、孔雀の活躍を描く超伝奇アクションの傑作が登場!



単純に孔雀王で検索してしまうと、色々あってどれだ?と迷うかもしれないが、迷いなく最初の連載、この一作。
これで完結と思って頂いてかまわない。
後で書いのはどちらかというと蛇足かもしれない。

最初は一話完結の悪魔退治忌憚。

そのうち、実は主人公の出生は!
出てくるドイツみ。
途中から蛇と孔雀の戦いに割とロマンチックな要素が加わって、何より女子の戦闘服(?)のデザインがたいへんかわいくて好きだった。

ヒロイン阿修羅も好きだったが、とにかくおねえちゃんの朋子が天蛇王になった時の衣装が好き。
かっこよかったし戦ってる姿も見て美しかった。



この作者が好きなモチーフは姉と弟
(富野監督が好きなのは兄と妹)

でも宿敵の双子に姉を持ってくるというのは、なかなかグッだと思うんですよね。
女で姉が、闇で敵!!
陰陽をあらわしていて斬新かつ萌える。

この頃の孔雀王人気はすごかった。

ご都合主義ながらもきれいにまとめていて、オカルトで宗教的なモチーフをテーマにすると陥りがちな罠に落ちなかったのもよし!!!

モヤモヤする斬新な芸術性よりも、エンターテイメントとしてきれいにまとめるのよし!
何も、トンデモ芸術的な終わり方だけが素晴らしいじゃない。
わりと俗っぽく、予定調和やお約束でまとめるのは大歓迎!!

孔雀王の褒め好きポイント。

・孔雀が童顔系イケメンでありながら坊ちゃんぽすぎず、適度に男らしくてよい。
・阿修羅はとにかく可愛い。ロリっぽくない。
・朋子ねえちゃんに恋する黄が良かった。
・王仁丸アニキも好きだった。おにまるー!
・過去の孔雀王と天蛇王のロマンチックな設定も良かった。
・双子で争うのはアリなのだが、男女しかも姉と弟モチーフが新鮮でよき。ほんとうに姉と弟で戦わせたがる、新種のシスコンなのだろうと思うがよき。

ところで、天蛇王朋子のデザイン、なんとなく「女神転生み」があるように思われませんか。

1985~1989孔雀王
1986デジタルデビルストーリー(小説版)
1987ファミコン版女神転生

デジタルデビルストーリーの挿絵は北爪宏幸。
そもそもZガンダムつながりで北爪画集を買ったりしていた私が、目を止めたわけです。

退魔士!悪魔合体!天使も悪魔も百鬼夜行!
この手のオカルト全盛期だった。

この頃流行ったんですね。
またはやらせたい。

デイリーPlus - Yahoo! JAPANが提供する会員制割引優待サービス。月額540円(税込)でいつでも使える!毎日の生活にお得をプラスする。


なろうのマイページ
https://mypage.syosetu.com/932660/
細々やってるHP
http://cappella.mitsu-hide.com/
note
https://note.mu/amamiyou

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ


スポンサーサイト



Ama Mew(天海悠)
Admin: Ama Mew(天海悠)
へっぽこ自家発電物書き。アニメ漫画書籍全般雑食です。クセ強め。
富野信者。イクニ。古典。児童書。
自分のことは盛大に棚に上げてレビューを書いたりします。

HP(料亭跡地)note(書籍レビュー中心)
Twitter @mwagtail30
漫画レビュー