料亭予定地

おばみつ妄想ばくはつ その3

2020/04/05
二次




基本的にすべてネタバレです!
本誌も読んでいます!


>>「鬼滅の刃」系の記事まとめ


鬼滅の刃 19巻
作者:吾峠呼世晴 / 出版社:集英社 / レーベル:週刊少年ジャンプ




まさかのおばみつ妄想3になってしまった。
あれこれ書いてたら長くなってしまった。

>>「鬼滅の刃」系の記事まとめ


さて、初デートの二人はぎくしゃくして会話も少ない。

お互いにどうしたらいいかわからないが、甘露寺はごはんを食べるときはテンションが上がる。
しかし、今までのトラウマがあるので少しおとなしくしないと、またいきなり引かれてしまうかも…と思う。
わりと我慢する甘露寺だが、伊黒がしきりとすすめる。
自分の分もあげたり、追加を頼んであげたりする。

「なぜだ。遠慮するな。好きなだけ食べるといい」 とか、「まったくかまわない」とか、「食べっぷりが気持ちがいい」とか、とにかく口のうまいことをあれこれ言って、クールから意識的に全力優しい目に変えて見守ってるので、甘露寺ほわほわキュンキュン。

甘露寺がものすごく食べるのを見ていて、伊黒は優しく見守る。

でも、だんだん過剰に緊張することなく自然に接することができるようになる。
甘露寺が屈託ないので、だんだん伊黒も緊張がとけてくる。



そんなこんなで順調に交際はすすみ、(交際だと思っていないのは二人だけ)

伊黒の部屋で、甘露寺から届いた文はすべて届いた順で綿密にファイリングされている。
厳重に鍵がかけてある。
ヒマなときの唯一の楽しみ。

甘露寺のことを考える時間が多くなったので、過去を思い出して苦しくなることも物理的に少なくなる。
たまに現実に戻って、
「いやいやいや自分のような人間が…一瞬だけ普通の人間のような気分になっているがいっときのことで…」云々
上がったり下がったりしてる時に、空気の読めない下の者が話しかけると地獄のようなことになる。



富岡さんは 文通の話を聞いた時一瞬無になる。
しかし、久しぶりに自分も師範に手紙を書こうかと思ったり、割と純粋な反応。

しなずがわ(変換してやれよ…)は、ケッ!アホか!!とか思いながら、ひそかに伊黒は頭がどうかしたんじゃないか?と思う。
軟派な奴には思えなかったが…。しかもあのキャラで??
今までとのギャップについていけない。
そして考えるのをやめて、おはぎでも食べる。

うずいさんは ほっとけばいいんだよとか言いながらさりげなく応援する。
いちばんよくわかってくれて、情報誌とかもくれたりするが、伊黒のほうはうずいさんは女たらしだと思ってるので、甘露寺にかまわないか、警戒して見張ってる。

男性陣が甘露寺に少しでも話しかけようとすると ネチネチとした恐ろしいほどの黒い視線を感じるので圧が強すぎてまともに話すことができない。
顔には出さないがすごい、会話を細部まで聞いてる気配がする。

煉獄さんは空気が読めないので普通にたくさん話しかけるけど、煉獄さんは甘露寺の師範だし、自分を助けてくれたのでそこは大丈夫。我慢する(あくまで我慢)

蛇なので独占欲と嫉妬がすごい。
柱仲間にはまだましだが、下の者が甘露寺に近付くだけでどこからともなくすごい圧を受ける。
たまに「甘露寺に近付くな」と、はっきり言われる。
伊黒のなかでは、弱い者は甘露寺に近付くのも許されない。



自分は「死んで血を取り替えないと甘露寺の傍にいるのも憚られる」とか殊勝なこと思ってるけど、他の誰ひとり、甘露寺に近付くのを許そうとしない、この矛盾に自分でまったく気付いていない。

仮に甘露寺が他の男子とどうかなる可能性の芽があったとしても、全部つぶしてる。(ネチネチと)
しかし、「傍にいるのも憚られる」とか思っているので、すきだっ!とか結婚して!とかはむり。
告白できない。



甘露寺から伊黒へのお嫁さんにしての告白シーンで思ったが、甘露寺は伊黒の気持ちを、伊黒本人や周囲が思っていたよりも知ってたのではないか。

まあわからないわけないよね。

コンプレックスがある所や、嫉妬してるところ、でももしそうだったら嬉しいなとか受け入れてるし、でもコンプレックスは打ち明けてくれなさそうだからちょっと悲しい。

なので死ぬ間際には、ここは自分から言わないと!さいごなんだから!と思って言ったのではないか。

まあ、あの死にフラグシーン「伊黒さんいやだ、死なないで!」のところで、ギリギリ自分の気持ちにはっきり気づいたとかでもよいですけど。

おばみつかわいい…。
妄想がしあわせ…。

そして、こうして書いてると、なんとなく伊黒はバッキンガム臭がすごくするな、とちょっと思った。
リチャード+バッキンガムみたいな。

なるほど、わたしと相性がいいわけだ!!


>>「鬼滅の刃」系の記事まとめ

次は書けたら童麿編を少し書く。

そして、我が家もあつ森を買ったのだが、あれってキャラを作るじゃないですか。
少しでもしのぶさんに寄せようと思って検索してたら、なご助が
スッ…。
と横から、検索して出してきてくれたのは…。

あつ森の鬼滅の服だ!!!!
ありがとうよ、なご助…。
おまえ、そういう所だぞ


Ebookの本だな【広告】
イノサン修羅雪姫トラップホール



>>Twitter(@mwagtail30
>>細々やってるHP
>>note
>>児童書おすすめブログ
>>なろうのマイページ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ


スポンサーサイト



Ama Mew(天海悠)
Admin: Ama Mew(天海悠)
へっぽこ自家発電物書き。アニメ漫画書籍全般雑食です。クセ強め。
富野信者。イクニ。古典。児童書。
自分のことは盛大に棚に上げてレビューを書いたりします。

HP(料亭跡地)note(書籍レビュー中心)
Twitter @mwagtail30
二次