鬼滅アニメ二回目





鬼滅の刃のアニメ、妹子が二回目を回してる。
漫画も買わされた。

ちゃおの漫画は買うのをOKしたけど、鬼滅の刃は頼み込んでebookで買ってもらった。
だって置く場所がないんですごめんなさい。

ジャンプ買うから許して下さい。

「お母さんは伊之助が好きなの?」
「そうだね、好きだね」
「どこが好きなの?」
「ごちゃごちゃ言わないところかね。(身も蓋もない)『思い付きの』とかすごくいいね。あとさっと手伝ってくれて役に立つから好きだね」

好きの理由が「役に立つ」というのはよくないなと自分で思った。
見たのがアニメが先なので、アニメの印象が強い。
あれこれ考えない所がいいと思った。



たいしたネタバレでもないが、広告をはさみます。





正直、鬼の過去はかなりもうどうでもいい。
戦闘シーンが好き。
戦闘シーンが見たい。

妹子が叫んだ。

「そうだね、伊之助はお母さんに似てるよ!だって人の名前を覚えられないでしょ!

加齢による健忘症と伊之助を一緒にしないであげてくれ。

アンチ鬼滅キッズのなご助がそばに寄ってきて、何かと思ったら遠慮がちに小さな声で
「あまり鬼滅にはまりすぎないでね…」
と言ったのが何か可愛かった。
もう大きいのだがね。



だんなが帰ってきたときにちょうど蜘蛛ファミリーの回でしかもしのぶさんが出てきた。
蜘蛛ファミリーの回は私も好きなので、「おれとぉ~妹子のぉ~絆はぁ~だれにもぉー!」と遊んでいると、なご助がパンチしてくる。

「本当の兄貴はそんなこと言わない!」
「はいそうですね。その通りです」


「お母さんの好きな人出たよ」と妹子がだんなに教えている。

しのぶ「かわいいお嬢さん、あなたは何人殺しましたか?」

だんな「あー!!こういうの好きそうー!!!」
わたし「………」
だんな「こういうのほんと好きだよね~!やることと言うことの差が激しい奴!!」

しかしアニメのしのぶさんは大変出来が良いと思う。
漫画のしのぶさんはまだ柔らかい感じなのだが、アニメのはたくさん動きを追加してる。
蜘蛛ファミリ―の姉鬼をげしげし踏んで上に乗っかって脅迫する所なんてとても感心したのだが、これはアニメオリジナルだった。

妹子が繰り返し見ているのでだんだん細かい所まで覚えるようになってしまったじゃないか。
(ちなみに妹子はグロいシーンは目をふさいで見ないようにしている。そして無惨が出るとすぐに目をふさぐ)



>>「鬼滅の刃」系の記事まとめ


Ebookの本だな【広告】
東京喰種トーキョーグールSAMURAI DEEPER KYO 16巻天馬の血族



>>Twitter(@mwagtail30
>>細々やってるHP
>>note
>>児童書おすすめブログ
>>なろうのマイページ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ






スポンサーサイト



タイムライン

ad