テンション上げ↑映画 「プラダを着た悪魔」






どうしてこれをおすすめするかと言うと、せかされてる感じがめっちゃ仕事はかどる。
これに尽きる。
家事をするのにこれほどおすすめな映画もない。


プラダを着た悪魔 (字幕版)

恋に仕事にがんばるあなたへ贈るゴージャス&ユーモラスなサクセスストーリー。ジャーナリストをめざしてNYにやってきたアンディ。オシャレに興味のない彼女が、世界中の女性が憧れる仕事を手にしてしまった!それは一流ファッション誌“RUNWAY”のカリスマ編集長ミランダのアシスタント。しかし、それは何人もの犠牲者を出してきた恐怖のポストだった!悪魔的にハイレベルな要求と鳴り続けるケイタイ、「センス、ゼロ!!」と酷評され、私生活はめちゃめちゃ。このままでいいの? 私って、本当は何をしたいんだっけ?




外出から戻って来たメリル・ストリープ(が演じる悪魔のような女編集長)が部下の机の上にバン!バン!とブランドもののコートとバッグを投げつける。
投げつけ方が実にひどい。
「バッグ投げ」というらしいが、家事やってるとこのシーンが大好きになる。

この厳しさ、この自分勝手さ、この意地悪さがよい。
最高に仕事がはかどる。

何度も何度も繰り返しこれを見ているうちに「厳しくて自分勝手で意地悪な人は職場にとって必要なのかもしれない」と思いはじめた。
これは洗脳!?ブラック企業の理不尽環境にハマってる!?
「おしごとがんばる!」にある一定の魅力があることも事実なので、この「一定の魅力」に気をつけないとブラック企業とブラックを促進する勢力はなくならないだろうな。

この悪魔のような女編集長のモデルはヴォーグのアナ・ウィンターだという。
原作はもっと「アナをぼろくそにこき下ろして終わり」だったようだ。

映画はラストにつれて、この「厳しさが人を育てる」という所にシフトしてきれいに終わらせてるのがよい。

現実はほんとうに公私混同、もっと憎々しいパワハラ絶頂上司のアナ・ウィンターだったかもしれないが、何せ繊細な外見と細い柔らかい声のメリル・ストリープが演じているのでそこまで意地悪さが際立たない。ソフトに仕上がっている。
これはチョイスが良かった。

悪魔のような感じがない。
せいぜい、あー意地悪だなー程度。

放映当時、レビューは主人公のアンドレアの彼氏ネイトはアウト、でほぼ意見が一致していた。
だがこの子のいうとおりだと思うんだ。

外見のきらびやかさ、華々しさに引きずられて自分を見失っている。虚飾の世界に心を奪われてもっていかれてしまってることをこの彼氏くんは鋭く指摘しているわけで、それが彼女が最初に目指していたジャーナリストとしての心とは違う方向に行ってないか?

君が本当に求めていたのは何か?
虚飾のさらにその向こうにある真実を伝えたくてジャーナリストになりたかったのではないのか?

ということが言いたいわけだ。

というわけで
「部下に対しては公私混同のパワハラを繰り返しながら高度な政治的駆け引きを繰り広げ、家庭の幸せは捨てて会社のトップに君臨するアナ・ウィンター」もとい、ミランダ編集長を主人公は見捨てた。
だが育ててもらったこと、仕事ぶりを評価してもらったことにも感謝しながら見失っていた自分を取り戻し、社会に羽ばたいていく。

鑑賞後の気分もいいし、ファッションは美しい。
そして家事はかどる。
一石二鳥の作品です。


書籍の本だな【広告】
猫といっしょにいるだけで (新潮文庫) (日本語) 文庫 - 2014/10/28 森下 典子 (著)ウルフ・ホール展望塔のラプンツェル





>>Twitter(@mwagtail30
>>細々やってるHP
>>note
>>児童書おすすめブログ
>>なろうのマイページ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ





スポンサーサイト



タイムライン

ad