【大河ドラマ】「麒麟がくる」感想 #4-2






大河「麒麟がくる」  ネタバレ感想 #4-2


>>「麒麟がくる」感想記事まとめ
>>「麒麟がくる」感想 #4-1はこちら。


矢傷、三か月もたってあんなに治らないなんて良くない、良くないぞ。
東庵先生、クンクン。
腐ってやがる…!!

手に汗握るかんじの化かし合い。
信秀もおかしいと気が付いてるんだな。
病状や寿命は自分が一番よくわかると言うし。



だんな「あっ…!」
わたし「竹千代か!?」

かわいい…。

まさかこの待ってる時に出てくるとは!

外に連れ出してママの所に連れてってくれと言う。
十兵衛、ひょいと抱っこして籠の中へ!!

わたし「ええーーーいれるの!?鮮やかすぎない!?色が!?」

どうでもいいが、そのねこ持ちのだっこの仕方がとてもとてもかわいかった。
ひょいと入れるのもかわいかった。

草をもりもりにして隠す二人。
十兵衛、かごの中のねこ…じゃなかった家康さまを説得。

道理を丁寧に説いてきかせ、真面目に大人扱いする優しい十兵衛
好きいいいいいい

籠に入れてこのまま連れてくのかと思った。

干し柿あげてほほ笑む十兵衛。
優しい…。


わたし「これは天海ワンチャンあるのでは!?」
だんな「んなわけないだろ!これが饗応の腐った鯛につながるんだろ!明智と徳川のつながりなんて二つぐらいしかない。金ヶ崎撤退と姉川の戦いか?…(長い)」

そうだ菊丸、主君じゃん!

わたし「ほとんど農民みたいにしてたんでしょ三河武士は」
だんな「本田正信では?一向一揆でいったん離れたけど。ブレーンみたいな人」

一向宗に入って仲間割れした者がいるエピソードは知ってる。
何か「菊丸の正体は何か!?」みたいなのを毎回議論するようになってしまった。
しかし、オリジナルキャラだと言うし、これでこのまま最後まで農民か草の者だったら笑う。

東庵先生、ちゃんと伝えてるんだな。
十兵衛の「隠しきれない下手な農民芝居」がうまい。

気付いてそうな織田信秀!
それほど美濃のマムシを過小評価はしてはいない!!

襲われた十兵衛と菊丸。
チャンバラだー!
もう本当に見せ場多くて楽しい。面白い。
時間が早い。

刀が折れ、何者かの集団が石が上から投げて助けてくれるが正体を明かさずにさっと消える。
(折れた時のリアクションがユーモラスでかわいい)
好きなように話を作れるというのを本当にうまく利用してる。
謎をうまく使ってる。

誰かが助けてくれたと語る十兵衛の横で菊丸、目が泳いでる。
これは、さっきまでは武将の名前を上げてたけど、菊丸は三河の草の者と見るべきだろうな?


こまちゃんに怒られてる菊丸かわいい。

わたし「ずいぶん早く帰って来たな」
だんな「一日で戻るって言ってたでしょお!」

東庵先生の話を案外ちゃんと信じる、足踏みして喜ぶマムシどのかわいい。
今回、ぬか喜びしたりどうしたのかな?
色んな顔を見せてくれる道三さまにハートキャッチプリキュア!

けっこう重用されてる十兵衛、とまどう十兵衛、
鉄砲が認められ、駒たちの身が安全になって喜ぶじゅうべえ。
色んな顔を見せてくれる十兵衛にハートキャッチプリキュア!

こまちゃんは喜んでくれると思って、自分のことのように喜んでたのに怒るこまちゃん!!
十兵衛「ん?」
かわいい!!!
十兵衛にハートキャッチされたのはこまちゃんだった!!

命の危険があって殺さなくてすんだのに…そういう話はしてない(笑)
こまちゃん「京へ帰るの、伸ばしますから!」
しかし、駒ちゃんは京娘っぽくないんだよね。
東京っぽい。
(偏見です)

常在寺の日運?
わたし「ほほほ本能寺をここで出してきたよ!!!」
だんな「将軍が鉄炮を作らせてる?」

先日の谷原章介が「これは戦には使えない」と言ってたのは隠してたということか。

あっという間だ
あっ、来週の予告におっさんずらぶでた。





>>「麒麟がくる」感想記事まとめ







書籍の本だな【広告】



>>Twitter(@mwagtail30
>>細々やってるHP
>>note
>>児童書おすすめブログ
>>なろうのマイページ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ





スポンサーサイト



タイムライン

ad