東京ラブストーリー さすが伝説のドラマ






ネタバレです。

東京ラブストーリー感想まとめ


◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇




もう何話だったかちょっと思い出せないが…。
とにかく手に汗握ってやめられない!
さすが伝説のドラマ。

さとみが三上と別れても、もうカンチはリカとやっていこうと思っているからそれなりには抵抗するのだが、明らかに態度が変わり始める!
この野郎!

今までカンチが目をふさいでいたリカの微妙なところが目に付き始める。
いや、今までも目についてはいたのだが、態度に出していなかった。それを態度に出し始める。
うるさいとかテンション高すぎるとか、会話もひねりすぎてて裏の意味を読み取らないといけなくて疲れちゃうとか。

特に、職場でおおっぴらな愛情表現をしたりするのに嫌な顔をするカンチ。
今までなら多少面白がったり真面目に付き合ったりしていてくれた所も、どんどん微妙な顔をしはじめる!

絶妙に最低だ!

さとみと会ってるのを目撃したのに、リカは黙っていた。
カンチを信じてるから気にしないようにしてた。
なのに帰ってきたカンチは嘘をついてさとみと会っていたことを隠した!
拒絶反応するリカ。

思うに、あの「好きだけど背中押す、アタックするけど気のないふりをしてみせる」という裏腹な行動も、思い込んだら命がけ、独占欲が強すぎる自分に抵抗しているんだろうな。

さとみは三上と別れたとき、カンチに電話したり頼ったりして、世の中の女子をムカつかせたのだろうが…。
そのねっとりしたやり方に確かに腹は立つが、高校生時代から引きずる人間関係の中では、たぶん自然なことなのだろう。

しかしさとみなりに頑張っている。
「頼るのは良くない!」と思ったり、カンチは彼女もちなのだからと自分に言い聞かせ、リカに一定の気は使ってる。

その気遣いを二人きりで会いたさゆえにぶち壊すカンチ。→リカにバレて傷つける。
この繰り返しでどんどん距離が離れていく。

リカの拒絶反応は行き過ぎではある。
だってカンチは本当にさとみとはただお話しただけで、チューしたりホテルに行ったりしてるわけではないから。
でも気持ちなんだよね。
気持ちが完全にあっちにぐいぐい吸い寄せられて行ってるのを感じるから、それがすごくすごく嫌なんだよね。

基本、独占欲が強いリカだ。
いっぱいに、自分一人だけを見て自分一人だけを愛して欲しい。
(漫画のリカよりも純粋に見える)

このあたりのカンチが一体どうしたいのか、漫画では私にはさっぱりわからなかった。
そこのところがこのドラマはうまかったと思う。
女性は矛盾してると言われるけど、男性の揺れる心、矛盾に苦しむところをよく描けていた!と思う。


さとみと三上が別れて、ワンチャン可能性が出て来てからのカンチの炎上行動。

・周囲に公表するのをいやがる。
・親に紹介したがらない。リカとの結婚のイメージに対して否定的な考えを表明。
・ロスに行くのを止めない。消極的賛成は消極的でも賛成は賛成だ!

などなど。


カンチはロスうんぬんよりも早く決着つけようとしてる。
全力でリカを切りに来てる(涙)。



東京ラブストーリー感想まとめ


東京ラブストーリー(Amazonプライム)

四国から上京してきたサラリーマンの完治(織田裕二)と同僚女性(鈴木保奈美)、完治の高校時代親友でプレイボーイの医学生(江口洋介)、同じく2人の親友であり完治が長年憧れていた女性(有森也実)の恋愛を描いた連続トレンディドラマ ©柴門ふみ・小学館/フジテレビ



>>Twitter(@mwagtail30
>>細々やってるHP
>>note
>>児童書おすすめブログ
>>なろうのマイページ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ






スポンサーサイト



タイムライン

ad