東京ラブストーリー まだ平穏だが不穏







ネタバレです。

東京ラブストーリー感想まとめ


◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



5・6話がピークで幸せでかわいい。
すごく幸せそう。とてもほのぼのしてる。

…しかし、どうしてそこでいきなり三上&さとみカップルと一緒になるの!?
「どうしてこうなった」の部分がすっぽり抜けているのでわからないが、誘う方も誘うほうだし、来る方も来る方だ。
断れよ!

さとみのことは吹っ切った様子でリカとうまくやっていこうとしているカンチ。(だからこそ…)

リカはあとで混ぜっ返すよね。
本音を言ってるのに、すぐに嘘だよーとか言う。
誘っても、嬉しいくせに「どうしよっかな~」と思わせぶり。

本当は二人きりが良かったけど、カンチの反応を試したくていやだ二人がいい、とは言わない。
(もしくは自分からなぜか三上&さとみを誘う)

あれは確かに疲れるかもしれない。
何を言っても次の瞬間には裏返されるので、信用されなくなりそう。

だが鈴木保奈美があまりにもかわいい。



話は一転する。

さとみの三上との別れ方は良かった!
このおっとりのんびりした子が精一杯の力をふりしぼって笑顔を見せる。
いやだー!!と子供みたいなスネ方をされても振り向かなかった。

三上と仲良しの恋のライバル(尚子)がなかなかツンでかわいいので、こちらもそっちを応援してしまう。(尚子)
三上もさとみがじめじめしてるからやりにくそうで、無理してる感じがある。

「新しい女性、自立して積極的な女性を表現していた」と言われるリカだが、あまりそうは見えなかった。
よくさとみが「古風で典型的なお嫁さんにしたいタイプ」と言われるけど、それもあまり思わなかった。

そういう、「カタにはめた」見方をあまりしたくなかったし、本当にそうかなあ?

さとみの方が自立できてるし強い気がする。
底力がある。
恋をきちっと終わらせたし、結果論だがこれという相手をつかむタイミングを見誤らない。

リカは恋にひきずられすぎてる。
不倫なんてさとみはしないだろう。
リスクを十分に知っているから自分を律している。
案外こっちの方が精神的には自立できてないような気がするけどな。

経済的に男並に自立できてても、仕事はできても、それで進歩的な女性、というのはちょっと表面的な見方にすぎるのじゃないだろうか。

だが返す返すも鈴木保奈美があまりにもかわいい。
おはだがきれいすぎ。見とれる。



東京ラブストーリー感想まとめ


東京ラブストーリー(Amazonプライム)

四国から上京してきたサラリーマンの完治(織田裕二)と同僚女性(鈴木保奈美)、完治の高校時代親友でプレイボーイの医学生(江口洋介)、同じく2人の親友であり完治が長年憧れていた女性(有森也実)の恋愛を描いた連続トレンディドラマ ©柴門ふみ・小学館/フジテレビ



>>Twitter(@mwagtail30
>>細々やってるHP
>>note
>>児童書おすすめブログ
>>なろうのマイページ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ





スポンサーサイト



タイムライン

ad