料亭予定地

「麒麟がくる」感想記事まとめ【大河ドラマ】

2021/03/31
まとめ



【大河ドラマ】「麒麟がくる」感想

明智光秀を通して描かれる戦国絵巻。仁のある政治をする為政者が現れると降り立つ聖なる獣・麒麟(きりん)を呼ぶのは、一体どの戦国武将なのか…新たな時代の大河ドラマが今始まる!(C)NHK


 ≫ 「麒麟がくる」感想記事


*ここからネタバレを含みます。





第一話 「光秀、西へ」
#1-1 (1月20日放映)
#1-2 (1月20日放映)

第二話 「道三の罠」
#2-1 (1月26日放映)
#2-2 (1月26日放映)

第三話 「美濃の国」
#3-1 (2月2日放映)
#3-2 (2月2日放映)


第四話 「尾張潜入指令」
#4-1 (2月9日放映)
#4-2 (2月9日放映)


第五話 「伊平次を探せ」
#5-1 (2月17日放映)
#5-2 (2月17日放映)
#5-3(おまけ) (2月17日放映)

第六話 「三好長慶襲撃計画」
#6 (2月23日放映)


第七話 「帰蝶の願い」
#7 (3月1日放映)


第八話 「同盟のゆくえ」
#8-1 (3月8日放映)
#8-2 (3月8日放映)


第九話を前にしての考察
#8-3 (考察)


第九話 「信長の失敗」
#9-1 (3月15日放映)
#9-2 (3月15日放映)


第十話 「ひとりぼっちの若君」
#10 (3月23日放映)


第十一話 「将軍の涙」
#11 (3月29日放映)


第十二話 「十兵衛の嫁」
#12 (4月5日放映)


第十三話 「帰蝶のはかりごと」
#13 (4月12日放映)


第十四話 「聖徳寺の会見」
#14 (4月19日放映)


第十五話 「道三、わが父に非ず」
#15-1 (4月26日放映)
#15-2


第十六話 「大きな国」
#16 (5月3日放映)


第十七話 「長良川の対決」
#17 (5月10日放映)


第十八話 「越前へ」
#18-1 (5月17日放映)
#18-2


第十九話 「信長を暗殺せよ」
#19 (5月24日放映)


第二十話 「家康への文」
#20 (5月31日放映)


第二十一話 「決戦!桶狭間」
#21-1 (6月7日放映)
#21-2
#21-3


第二十一話から二十二話のあいだ 1
伊達政宗スペシャル (6月13日放映)





第二十二話 「京よりの使者」
#22-1 (8月30日放映)
#22-2


第二十三話 「義輝、夏の終わりに」
#23-1 (9月13日放映)
#23-2


第二十四話 「将軍の器」
#24-1 (9月20日放映)
#24-2


第二十五話 「羽運ぶ蟻」
#25-1 (9月27日放映)
#25-2


第二十六話 「三淵の奸計」
#26-1 (10月4日放映)
#26-2


第二十七話 「宗久の約束」
#27-1 (10月11日放映)
#27-2


第二十八話 「新しき幕府」
#28-1 (10月18日放映)
#28-2


第二十九話 「摂津晴門の計略」
#29-1 (10月25日放映)
#29-2
#29-3


第三十話 「浅倉義景を討て」
#30-1 (11月1日放映)
#30-2
#30-3


第三十一話 「逃げよ信長」
#31-1 (11月8日放映)
#31-2


第三十二話 「反撃の二百ちょう
#32-1 (11月15日放映)
#32-2


麒麟33話を目前にした予習


第三十三話 「比叡山にむ魔物」
#33-1 (11月22日放映)
#33-2
#33-3 麒麟がくる!


第三十四話 「焼討ちの代償」
#34-1 (11月29日放映)
#34-2
#34-3


第三十五話 「義昭、まよいの中で」
#35-1 (12月6日放映)
#35-2
#35-3


第三十六話 「訣別」
#36-1 (12月13日放映)
#36-2


第三十七話 「信長公と蘭奢待」
#37-1 (12月20日放映)
#37-2


第三十八話 「丹波攻略命令」
#38-1 (12月27日放映)
#38-2


第三十九話 「本願寺を叩け」
#39-1 (1月3日放映)
#39-2
#39-3


第四十話 「松永久秀の平蜘蛛」
#40-1 (1月10日放映)
#40-2
#40-3


第四十一話 「月にのぼる者」
#41-1 (1月17日放映)
#41-2


第四十ニ話 「離れゆく心」
#42-1 (1月24日放映)
#42-2
#42-3


第四十三話 「闇に光る樹」
#43-1 (1月31日放映)
#43-2
#43-3


「麒麟がくる」最終回 感想 その1 とりいそぎ

「麒麟がくる」最終回 感想 その2 だんな語る


第四十四話 「本能寺の変」
#44-1 (2月7日放映)
#44-2
#44-3
#44-4


完。


おまけ

蜂須賀小六と歴史に対する偏った知識について(note)

川口春奈かぁ~(功名が辻の信長・帰蝶・光秀三角関係について)

なんだかよくわからないほどハマってしまった、細川忠興とガラシャ夫人、略して忠たま、自分の記事まとめおよび自作小説など。

>>薔薇王にひっかけた「おんな城主直虎」の話とか 1
 >>薔薇王にひっかけた「おんな城主直虎」の話とか 2


明智光秀を通して描かれる戦国絵巻。仁のある政治をする為政者が現れると降り立つ聖なる獣・麒麟(きりん)を呼ぶのは、一体どの戦国武将なのか…新たな時代の大河ドラマが今始まる!(C)NHK


 ≫ 歴史系記事

書籍の本だな【広告】
新版 古今和歌集源氏物語(漫画)殴り合う貴族たち



 Twitter(≫ @mwagtail30
 ≫ HP「オニグルミの森」
 ≫ note
 ≫ 児童書おすすめブログ
 ≫ なろうのマイページ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ



スポンサーサイト



Ama Mew(天海悠)
Admin: Ama Mew(天海悠)
へっぽこ自家発電物書き。アニメ漫画書籍全般雑食です。クセ強め。
富野信者。イクニ。古典。児童書。
自分のことは盛大に棚に上げてレビューを書いたりします。

HP(料亭跡地)note(書籍レビュー中心)
Twitter @mwagtail30
まとめ