「麒麟がくる」#1-2 感想【大河ドラマ】






この感想記事をこの調子で一年間続けられるのかというと非常に微妙だと思うが、今は盛り上がっているのでやれるだけやってみたい。
どこかで「うーんいまいち!」となったら突然、プツッと途切れる可能性はある。



大河「麒麟がくる」  ネタバレ感想 #1-2


>>「麒麟がくる」感想 #1-1はこちら。
>>「麒麟がくる」感想記事まとめ


◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



歴史垢、琵琶湖と船にお怒り。

だんな「どう考えたって中仙道を歩いて行った方が自然なのに、どうして琵琶湖を渡る必要があるんだ!ぜったいおかしい!中仙道は長野を通って岐阜通って滋賀通って、草津で下からくる東海道、名古屋の山を抜けて合流して通るのに!中仙道と東海道が草津で交わってる!」

うるさい…。

>>こちらのサイトを参考にしました。

だんな「三段菱の紋は三好か?」
わたし「うーん確かに巧くん臭はつよい(聞いてない)」

わたし「谷原章介、三淵藤英?若干まるくなった?これのための役づくり?」
だんな「明智のお友達、細川藤孝のお兄さん」

谷原章介、上品で将軍家側の感じが似合っている。
新選組では甲子太郎だし、龍馬伝では桂小五郎やってたっけ?

だんな「こっちのほうがずっと明智っぽい」

だんなのイメージだと明智のイメージは谷原章介らしい。上品で物静か、礼儀正しく品があり…いいけどね。
私は今の所、長谷川博己に文句ないです。

火縄銃をいじる仕草をかなり詳細にやる。火縄銃クラスタ喜びそうだな。
トレンドの大塚さんとおっさんずラブな松永久秀が角突合い。

よっぱらってる光秀がかわいい。(コミカルにしないと間が持たないから…)

ひざまくら?股間!?
これは何だおっさんずらぶなのか。
おっさんずらぶにちょっとひっかけてるのか。そんな気がするぞ。

わたし「(だんなに)何で首をひねってるの?」
だんな「それでいいのか?これでいいのか?」
わたし「確かに、想像してたのとは違う。けど悪くないと思うが」
だんな「まだわからん。あけちにはきびしい」

大河も、これだけ見てるともうわかった。
主人公、明るく元気な感じにしないと人気が出ないんだ。
しかし、その矛盾とこだわり層をも満足させようという努力が、今の所うまくマッチしている気はする。

だんな「応仁の乱後の京都は荒廃しきってたはずだから、ここまで画面がきれいだと違和感がある」
わたし「そうだねえ、でも意図的にやってると思うこれ」
だんな「そうなの?」
わたし「うんグラフィックをきれいにして、視覚的に訴えかけてると思う。ほら最近の人、薄汚れてると見ないとか言い出すから」

清盛のトラウマふたたびであります。

だんな「ならどうしてこの人だけ薄汚いんだろう(一人薄汚い感じの人が出た)」
わたし「一応、汚いのもこういう(だんなみたいな)うるさい人のために出したんじゃない」

門脇麦、さすがの演技いい感じだ。
今の所どれも悪くない。

堺正章が望月医者役だった。あまり事前研究をしていなかったので、いちいち驚く。
大御所のじいさん枠と子供枠がいるんだよね。ゲームしてる。
盤双六、バックギャモンの日本版だ。
(Twitterでもバックギャモンて書いてる人がいた!)

コミカルときりっとするところが長谷川博己、切り分けがなかなかよい。

火事が起きました。もちろん助けるんでしょうね。
ベタでいい、ベタでいい!
ベタなのがいいんだよ!!

わたし「火の中からあらわれるんでしょ、もうわかってますから!」
だんな「麒麟がくるんだよ」
わたし「そ…そっかー!!麒麟がくるんだ!!!そっかー!!」
だんな「あなたは予告編をちゃんと見ていない」

これは…。一話にしてきちんと方向性というか、テーマを示してるのが気に入った。

麒麟を探す男。
麒麟を呼ぶ男。
そして、そんな彼こそが「覇王の背後に現れる麒麟」そのものだったという流れか?

そういう感じで行くのか?

信長は最後に何かのあやまちを犯して、麒麟に背を向けられ、去られた。
多分、麒麟の示す「覇王」は(秀吉をすっとばして)家康へ…。

秀吉がまだクレジット出てないのに、家康はすでに登場人物一覧に乗っている所からも、「覇王は家康」路線で行くのではないだろうか。

「天海=光秀説」萌え~


最後の最後に川口春奈でた!!!!
いやいや、えらい、ちゃんと馬に乗ってる。
これは一からやらせるのは大変だ。
だが、いい、かわいい!(思わず口からもれた)


次の放映が楽しみだ!


>>「麒麟がくる」感想記事まとめ

書籍の本だな【広告】
九月姫とウグイス完訳 ファーブル昆虫記アンナ・カレーニナ



>>Twitter(@mwagtail30
>>細々やってるHP
>>note
>>児童書おすすめブログ
>>なろうのマイページ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ





スポンサーサイト



タイムライン

ad