料亭予定地

NYタイムズがおすすめしてくる 2(「大人の嘘つき生活」エレナ・フェランテ)

2020/01/15
読書



NYタイムズがおすすめしてくる、2020年注目の新刊☆先取り!

突然届き始めた英語のメール、怪しい業者かと思って、最初は既読もつけずに消していたよ。
びっくりするじゃないですか…NYタイムズさん。

確かにログインにメール登録は必要だったが、まったくなしのつぶてだったのに突然メールを送ってきはじめた!
きっと誰かが「メールも宣伝に使おうぜ?」と思ったんだろうな。

でも今はこうやって楽しませてもらってる。


二巻目は、翻訳本。
しかも児童小説。


◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇




6/9発売予定

「大人の嘘つき生活」エレナ・フェランテ作。アン・ゴールドスタイン訳。
The Lying Life of Adults,
by Elena Ferrante.
Translated by Ann Goldstein (Europa,)

The Lying Life of Adults (英語)
ハードカバー - 2020/6/9 Elena Ferrante (著), Ann Goldstein (翻訳)


(Kindleの発売はなかった。)


この本はナポリの少女ジョバンナが主人公。

she’s always written perceptively and movingly about young women, their warring impulses and complexities, and lovingly and critically about Naples.



元気そうな女の子な予感がする。


エレナ・フェランテ…
HBOの海外ドラマ「マイ・ブリリアント・フレンド(My Brilliant Friend)」の作者だそうだ。
日本ではまだ未公開…のはず。

ベストセラーだったり、ドラマまたは映像化された作品ではあるが、1巻目も2巻目も「本好き文化人」の好むものよりも、より広い世代にアプローチする作品を選んでるんだなと思う。


しかし「大人の嘘つき生活」についてはこれから発売なので、こちらはむしろ
「マイブリリアントフレンド(My Brilliant Friend)」
を読んでみるべきだろう、と思って検索した。
NYタイムズがおすすめしてくる本はまだ発売されてないので、必然的にその作者が書いた昔の本の方を詳細に調べることになる。


My Brilliant Friend: Neapolitan Novels, Book One (English Edition)
Kindle版 Elena Ferrante (著), Ann Goldstein (翻訳)




邦訳はこちらだ。
「リラとわたし ナポリの物語 1」

リラとわたし ナポリの物語1 (早川書房)
Kindle版 エレナ フェッランテ (著), 飯田 亮介 (翻訳)



ナポリを舞台にした二人のティーンが主人公。
これはおもしろそう。

これは書籍の方でチェックしたいなあ!
本でこそ読みたい作品な気がする。

労働者階級の厳しい生活…いなくなった友人のリラは頭のいい、気性の激しい子。
割とハードな作品である予感がする。
これもある意味、「ゴーン・ガール」か!
リラはGoneしてなさそうだが。
内容もリアリズムチック(たぶん)。

登場人物の多さをクリアして一度入り込めば、どうなるのか続きがワクワクする感じだ。きっと!

ドラマは海外で大人気らしい。
ぜひチェックしておきたい作品だ!


しかし、「The Lying Life of Adults」をさらっと「大人の嘘つき生活」と訳すぐーぐる先生に脱帽した。

すごくしっくり来るから、このままでもよさそう。



つぎは「鏡と光」ヒラリー・マンテルを紹介したい。
これまたおもしろそう。



>>Twitter(@mwagtail30
>>note
https://note.com/amamiyou
>>細々やってるHP
http://cappella.mitsu-hide.com/
>>なろうのマイページ
https://mypage.syosetu.com/932660/

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ


スポンサーサイト