• 今年一年、Twitterを稼働、noteやFC2を作ってみて、とてもよい年でした。フォローしてくださったみなさん、よいかたばかりで、素晴らしい出会いがあると感じた一年だった。アカウントをそっと閉じられるかたもいらっしゃるが、その方がたの健康と幸福と、いつかどこかでの再会をこちらもそっと祈りたい。アフィリエイトは全くもうかりゃしないが、これはこれで作ってみてよかった。なぜなら、「自分がよいと思う作品を宣伝する場」... 続きを読む
  • この記事を書き始めたからには、2019年中にUPしなければ意味がない~!というわけで頑張ってすごい勢いで書いてます。今、「つんどく」と返還したらナチュラルに「積読」と変換されてびっくりしたのだが、もうこれは一般的な単語として認知されているとみなして良いのかな!?それとも私が「積読」と変換することが多いので覚えたのだろうか?読みたいけどそのままにしているもの。Kindleも順調に増えているしいーーーっぱいあるけ... 続きを読む
  • クリスマスから忙しくなり、年の瀬にかけてピークになる。うちはいつもだんなの実家に3日も4日も居座るのでその準備にも追われる。前にデータが消えたとき大騒ぎをして、もう恥ずかしくて言いたくなかったのだけど、またデータトラブルにあっていた。あれから、三つも四つのバックアップを取ることにしていたのに…。ここのところ油断していた。Onenoteではあっちこっちの端末にそれぞれ履歴が残るので油断していたというのもある... 続きを読む
  • インベスターZは無料連載していた時に追いながら5巻ぐらいまで読んだ。それから10巻ぐらいまで惰性で頭10Pだけを読んでいった。(これは、eBook(電子書籍)で冒頭の立ち読みが出来るので、それと商品説明によってだいたいの内容をつかむだけという、いわばデパ地下の総菜試食だけをつまむようなもの)それから最終回しかチェックしてない。だから最終巻のレビューを描くのが果たして妥当かどうかわからない…。とりあえず読んだので... 続きを読む
  • 年末大忙しの時期に入っているので、何事も滞っている。だけど、シフト変更のおかげでかなり体は軽い。早めに大掃除しても、あっと言う間に汚れてしまうのが悲しい。レコンギスタ映画(再観賞中)軽くネタバレです。劇場版『Gのレコンギスタ Ⅰ』「行け!コア・ファイター」 (セル版)相変わらずクリム・ニックの話しかしていません。前回の感想では言い忘れてたが、映画版ではクリムのアイーダへの片想いがかなり省略されていた... 続きを読む
  • やはり年の瀬、忙しい…!クリスマス準備はミセス・メイゼルがお供だった。うおおおおお。ミセス・メイゼル(シーズン3)!そこで終わりなのかああああ!?ミセス・メイゼルは、Amazon製作のドラマです。ゲームオブスローンズのような派手さはないが、落ち着いて楽しめる。(大抵、皿洗いが嫌なときにつけている)映画だと子供たちも大好きなのでフリーズしてしまうし、自分もちょっとも目を離せない。声だけで内容を把握できるほど... 続きを読む
  • 月刊プリンセス1月号。これを書くために引っ張り出して来た。お蔵入りになっていたわけではないのだが…。それで読んでみた感想。ヒイエエエーーー!!!プリンセス1月号感想・完いやあんまりでしょ。ここからはネタバレです!!ここに到るまで長い年月…リチャードとバッキンガムがついに!ついにバッキンガムの方から告白したのほんとうにおとこらしいとおもいました(棒読み)。リチャードがわりとネガティブであれこれ考えてし... 続きを読む
  • ああ、積ん読が増えていく~!「カペー朝 フランス王朝史1 (講談社現代新書) Kindle版 佐藤賢一 (著)」図書館で借りたのだが、面白すぎて無理だった。じっくり読みたいので仕方なく返却し、その代わりにkindleで購入。しかしこれは紙の本で買いたいので、書店で注文をかけるつもり。図書館で借りていいなと思って読みきれず期限切れ → 欲しいのでキンドルで買う → 本で買いたいので本屋で注文。キンドルが手元にあるので心はお... 続きを読む
  • ダイナマイト☆おばあちゃんが突然の入院で、すわ、寝たきりか…。皆、身構えたのだが、あっさりと回復してしまった。ちゃかちゃか歩き回っている。「また転ばなければいいんですけどね」介護士さんに苦笑いされた。85歳、この年で骨折して復活して歩き回るとは。今日、施設からの請求が来てそこに入院日数が書いてあるのを見たのだが、10日は入院していた。10日入院してあれほど歩き回るとは恐ろしい。いやいや、元気なのが一... 続きを読む
  • こんなにも更新が滞っているのは…。ひとえにすべて、バッキンガムのせいであります、大佐!こんな気持ちのままで…幸せ絶頂のプリンセス12号を置き去りにしたままで、次の1月号を迎えられないであります!1月号が最高潮に怖そうなので、何としてもこの幸せな気持ちをブログに叩きつけておかねば後悔しそうでもある。でもあまりにも更新が滞ってしまっているので、軽くジャブを打っておきたい。今日は世間話でも…ずぅぅぅーっと... 続きを読む
  • わりと気に入った作品は、自分で書いておいて自分で読み返してニヤニヤするという気持ち悪い人なので、「薔薇王の葬列」について自分用のリンクを作った。HPから直接リンク貼ってたけど、記事にしてみた。エキサイトの記事が混ざっていてごめんなさい。基本的にすべてがネタバレです!興味のある方は一巻からどうぞです。ebookです。立ち読みできます。「薔薇王の葬列 1巻」作者:菅野文 / 出版社:秋田書店 / レーベル:月刊プリ... 続きを読む
  • 仕事のシフトをわがままで変えてもらって1週間、あまりにもすっきりしているので自分でも驚いている。妹子に「ちゃおを買いに行きたい」と言われて書店に行って唐突に気付いた。あれ?マルゴは?薔薇王は??精神的な余裕がないと娯楽も楽しめない。しかもどうしてか私、12月号の月刊プリンセスは薔薇王は休載だと勝手に思い込んでいた。一冊だけ残っていたのを、1月号発売の前日に買う。私のために待っていてくれたんだね!!... 続きを読む
  • 家事をしながら見る映画を選ぶ。あまり集中しなくていい奴が良い。真珠の耳飾りの少女(字幕版)まだ見ていなかったのがプライム作品になっていたので選ぶ。選択を誤った!終始集中しっぱなし。最後はもう手を止めて見入ってしまった。「真珠の耳飾りの少女 (字幕版)」17世紀のオランダ。画家のフェルメールの屋敷で使用人として働き始めたグリートは、ある日、アトリエの窓拭きをしたことで光を変化させ、フェルメールの創作意欲... 続きを読む
  • 「お願いです。見たいです。(大画面のクリム・ニックが)見たいです。見たいです」「遠いなあ~」だんなは浮かない顔で映画館を調べてる。「遠すぎる。それにGレコはそもそも機体が微妙。あれはねこだ!耳がついてるし」「いい!一人で行ってくる!!」「ええ~」なんて言ってると、だんなが携帯を指さした。「ここに、アマゾンプライムで同時配信て書いてるけど」「えっ?」ほ…本当だ!!!!「行く必要ないのでは…?」うちのテ... 続きを読む
  • 全体的には良かった。たいへん良かった。しかし感想はなんとなくしめっぽく、陰鬱です。辛口とまでは行かない。ここからはネタバレです!広告をはさみます。なご助「でどうだったんですかアナ雪は」わたし「観た直後は良かった!と思ってたんだけど…うーん、今になってもやもやする」なご助「もやもやとは」わたし「いや、すごく良かったんだよ。二回目行きたいと思うし途中で涙ぐんだりもしてた。特に神話の世界をすばらしく幻想... 続きを読む

タイムライン

ad