• noteにWhat a day 今日はなんて日 (短編小説)を更新した。◇もうあっちでもこっちでも更新しようと思ってたのだが、あまり褒められた内容の話でもないので、こちらにUPするのはやめてしまった。はじめて社会派っぽいのに挑戦してみた!これで、異形系っぽいホラー白い獣(事故りそうな恐怖はあるかも)わけのわからない超短文、箱(仲がいいんだか悪いんだかわからない夫婦のバレンタイン)幻想系アリスの鏡と、ちょっと色々とや... 続きを読む
  • 前書き:比較的こなれている方だが、わたしが半分ほど手を入れたからか、あまり面白くない。まあまあ、妹子の中では「ぶんなぐる」とかは漫画的な意味しかないのであってとにかく、お兄ちゃんねこの「そとづらのよさ」が一番のポイントのようです。オコジョはちゃおの「ひかりオンステージ!」に出てきた、スープを作るのが上手なオコジョから連想したらしい。兄妹ねこシリーズの第四弾。(2020.04.10付)>>兄妹ねこシリーズほか ... 続きを読む
  • 妹子が小さい時に、夜寝付かせながらお話を作っていた。普通は親が作るのだが、うちの場合は妹子が作っていた。面白いので書き留めて、私が手を入れたり入れなかったりほぼ妹子が書いたりほぼ私が書いたりしながら出来たものです。◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇兄妹ねこシリーズ第一弾ビーバーと二ひきのねこのおはなし第二弾ねことはりしまねずみ中途半端なお話みどりの目の子猫第三弾とげを ふんだ こねこ四コマ漫画限りなくすみっコぐらし風... 続きを読む
  • 妹子「見て見て!おばみつの漫画を描いた」わたし「んっ…?その下に隠しているのは?」妹子「あーこれ。何かに似てるでしょ」わたし「すみっコぐらしか…。いや、でも何か違う…」…すみっコぐらしと兄妹ねこが混じってる?わたし「起承転結よく出来てる。今度はあまりすみっコぐらし風すぎないのが、良いな~」妹子「それ、わかってた...」そして相変わらず字は汚い。兄妹ねこの四コマ。(2020.4.17付)>>兄妹ねこシリーズほか 妹子... 続きを読む
  • 前書き:もうだんだんいい加減になってきて、童話の体もなしておらず、こんなの誰が読むんだろうという感じなのですが放出。これは半分わたし、半分妹子という感じです。兄妹ねこシリーズの第三弾。(2019.12.10付)>>兄妹ねこシリーズほか 妹子の創作◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇とげを ふんだ こねこむかしむかしあるところに、お兄ちゃんねこと妹ねこがおりました。お兄ちゃんねこは誰よりも妹ねこを心配していました。しかし、それを表に... 続きを読む
  • 前書き:また作ってよ、と言うとぽろぽろ出てくるのだが、完成形にはほど遠い。それでも、そのままにしておくのも切ないし、放出。(2020.04.10付)>>兄妹ねこシリーズほか 妹子の創作◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇みどりの目の子猫むかしむかし緑色の目のこねことももいろのおじいちゃん犬がいました。(わたし:混ぜてるよね。「びりっかすのこねこ」と「青いめのねこ」と「がんばれヘンリーくん」を)(妹子:へへへ)それは、たまたまバー... 続きを読む
  • 前書き:ほぼ妹子が書いた。そして、読んでから妹子はイラストを描いていた。兄妹ねこシリーズの第二弾。(2017.11.3付)>>兄妹ねこシリーズほか 妹子の創作◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ねことはりしまねずみあるところに二ひきのねこがすんでいました。ちいさいこねこが川におちてにゃあとなきました。ちょうどおにいちゃんねこが近くにいたのでこねこをくわえてひゅばっとたちさりました。そのあと、おにいちゃんねこはめちゃくちゃにおこ... 続きを読む
  • 前書き:妹子が作ったお話で、私がなんとなく形を整え所々手を入れたものです。兄妹ねこシリーズの第一弾。(2017.01.13付)◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ビーバーと二ひきのねこのおはなしあるところに二ひきのねこがすんでいました。ちいさなねこはげんきでおしゃま、ちょっとおおきなねこは、ちいさなねこよりほんのちょっとおおきくて、いばっています。自分はもう大人だと思っていました。ある日、にひきが木で作った橋をわたろうとしてい... 続きを読む
  • 閉店間近の雑貨店で、白髪の店主はクローズドの札を下げてやれやれと肩をひとしきりもんだ。今日はまあまあの人の入り、でも午後になるにつれて暇になっていき、最後はほとんど居眠りをしていたかもしれない。それはあんまりソフトな音だったので最初は気づかなかった。たんたん たん雨でも降ってきたのかとすりガラスに暗い窓の外を覗いてみた。雨粒が当たっている気配はない。タン タタンだしだしさっきよりも強めの音がした。... 続きを読む
  •  ねこが落ちてきた。 ぽとんと。 次は毛が頬に当たった。 ふわふわ。 ふわり。 最初に着地した灰色のねこはコンクリートとほとんど同化している。黒いねこは壁のしみのようにしがみついている。 キジトラの縞模様は目立つようで迷彩になっているから、庭木に落ちるとすぐ見えなくなる。 あとからあとから、次々に落ちてきた。 うわぁ。 人々は口々にしかめっ面で見上げる。 まいったなこりゃ。 ひどいもんだ。 うそで... 続きを読む

タイムライン

ad